2016年05月22日

【男子バレーボール部】春季関東大学男子2部リーグ戦 対青山学院大学戦

春季関東大学男子2部リーグ戦 対青山学院大学戦
亜細亜大学体育館


最終戦敗れるも橋主将に個人賞


大東文化 1 − 3 青山学院
25−13
22−25
21−25
20−25

291_large.jpg  284_large.jpg  267_large.jpg  264_large.jpg

本日が最終戦となる春季リーグ戦、対戦相手は青山学院大学だ。
前日までの成績で既に本学が入れ替え戦に進む可能性は消えており、「もう順位は関係ないので、最終戦はただとにかく気持ちでぶつかっていくだけ」と話していた橋頌主将(外英4)。
第1セット開始後から順調に点を重ねると、終盤はますます勢いに乗り攻撃だけではなくブロックなど守備面でも見事なプレーを見せる。あっという間に青学大を突き離して25−13でこのセットを取り、最終戦は幸先の良いスタートとなる。

しかし、第2セットでは中盤まで本学がリードするものの20−20で同点に追い付かれると勢いに乗った青学大が次々と得点。22−25であと一歩のところでこのセットを落とす。すると続く第3セットでも、途中までは相互に点を取り合うが終盤になり20−20から一気に青学大が連続得点。21−25で第3セットが終了し、セットカウントは1−2に。
4セット目、本学は苦しい場面でもスパイクレシーブを上げ粘り強く戦い続ける。だが、相手のクイックなどが次々と決まるほか、ブロックアウトも取られるなどして20−25で試合終了。セットカウント1−3で敗れた。

「去年の4年生にいたような自分のプレーもできて仲間の良さも引き出せる、強くて核になる選手が出てきてくれれば」と話していた横矢勇一監督。果たしてこれから誰がチームの核となり勝負へと導くのか。来月の東日本インカレや、秋季リーグ戦を楽しみにしたい。



春季リーグ戦男子2部最終順位

1位  法政大学
2位  国士舘大学
3位  亜細亜大学
4位  慶應義塾大学
5位  青山学院大学
6位  国際武道大学
7位  大東文化大学 (5勝6敗 セット率1.050)
8位  宇都宮大学
9位  山梨大学
10位 立正大学
11位 桜美林大学
12位 東京経済大学



個人賞

サーブレシーブ賞
橋頌主将(外英4)

305_large.jpg  215_large.jpg 



次の試合 
東日本インカレ 
6月23日(木)〜26日(日) 墨田区総合体育館など


【中川千明】
posted by スポダイ at 23:52| 男子バレーボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする