2016年05月15日

【ハンドボール部】2016関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦 対国際武道大学(第8戦)

日付:2016/5/15
場所:関東学院大学金沢文庫キャンパス


リード守り切り勝利
W1440Q100_IMG_0045.JPG 


第8戦目は国際武道大学と対戦。
試合開始3分で本学が先制点を取り、その後お互いに点を取り接戦が続く。
しかし、22分過ぎから本学が勢いにのり始めると相手との差を広げ11-7で前半終了。

後半開始30秒、本学のシュートから始まり主導権を握る。
2分過ぎ齋藤祐作(スポ科3)のシュートから本学は波に乗り6得点連続でシュートを決め、19-8と相手を突き放していく。
その後、相手にも連続でシュートを許し差を縮められるも、本学がリードを守り続け28-20で勝利した。

今週の土曜日に最終戦を迎えるハンドボール部。この勢いのまま、春季リーグ戦を白星で締めくくってほしい。

【金井裕亮監督コメント】
先週嫌な形で試合が終わってしまって、今日は良い試合をしようということで臨んだ。
前半20分はシュートミスが多かったけど、残りの10分は自分たちでしっかり切り替えてくれた。




【榎本未希】
posted by スポダイ at 17:27| ハンドボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする