2015年10月11日

【女子ラクロス部】第28回関東学生ラクロスリーグ戦 女子2部 対日本女子大学戦

第28回関東学生ラクロスリーグ戦 女子2部
10/11(日) 14:30
大東文化大学緑山グラウンド

相手の勢い止められず...
3部との入れ替え戦へ
大東 3−9 日本女子

DSC_0110.JPG 
 ▲試合前の選手たち

 迎えたリーグ戦5戦目。試合が開始し、先制点を奪ったのは本学の宇良桃子。しかしその直後に相手も得点を決める。負けじと石井日奈子が得点を決め、再び本学がリードを奪う。そこから相手の猛攻が始まる。本学は5連続で得点を許してしまい、前半を2−6で終える。後半になっても相手の勢いを止めることができず、3連続で失点。残り約5分のところで再び石井がシュートを決め、ここから追い上げムードに持っていきたかったが時すでに遅し。本学は3−9で敗れた。また、この結果で本学は3部との入れ替え戦へと臨むことになった。


森浩寿監督「お互いに負けたら入れ替え戦という状況だったが、こちらが過剰にプレッシャーに押されてミスを恐れて攻めきれなかった。小さなミスの積み重ねから相手のペースにされてしまった。入れ替え戦に向けて、まだ時間はあるのでチームの立て直しと相手の情報収集をして、練習をしていきたい」

水上紗季主将「試合の中で自分たちのリズムが作れなかった。前回の試合の勢いのまま戦えなかった。入れ替え戦に臨むが、2部のプライドがあるので絶対に勝って2部残留したい」


【櫻井理子】
posted by スポダイ at 23:17| 女子ラクロス部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする