2015年09月13日

【ラグビー部】関東大学リーグ戦1部 対専修大学戦

関東大学リーグ戦1部 対専修大学戦
日時 9/13 (日) 13:00
場所 熊谷ラグビー場


勝利するも課題残る

前半
大東31−14専修
後半
大東40−17専修
結果
大東71−31専修


  
 
DSC_0287 (685x1024) (2).jpg 
 ▲トライを狙うホセア・サウマキ
開幕戦である今試合は、曇天の中のキックオフとなった。前半開始直後から、専修大が果敢に攻め込みトライを狙う。そしてそれを本学が抑え、カウンターでトライを狙うといった展開が続く。その展開の中、開始4分で本学がカウンターからトライを決める。その後も展開は変わらず専修大の猛攻が続くが、それを抑えつつ戸室達貴(3)、ホセア・サウマキ(3)が立て続けにトライからのゴールで点を奪う。しかし開始20分を過ぎると、本学のディフェンス陣のミスが目立ち始め、専修大にトライを決められてしまう。後半も専修大に攻め込まれるが、開始3分で戸室、5分でホセアがトライを決める。しかし本学のディフェンスが突破され立て続けに点を決められる。結果として71−31で勝利を収めたが、ディフェンス陣のミスがこれからの課題として残った開幕戦となった。



<コメント>
青柳勝彦監督
「スクラムは良かったが、ディフェンスのミスが多かった。ディフェンスのセットをしっかりとさせたい」
長谷川峻太ゲームキャプテン
「トライを多く決められたのが良かった。次回の中央大はセットが早いので、こちらもセットを早くしていけるように改善していきたい」
本間優主将
「この試合は勝つことが大前提だったので、勝つことが出来てよかった。しかしディフェンス陣のミスが多かったので改善していきたい」

NextGame
対中央大学戦
日時 9/20 15:00 
場所 上柚木        


【小池裕太】

posted by スポダイ at 21:47| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする