2015年08月30日

【女子バスケットボール部】第65回関東学生女子バスケットボールリーグ戦3部 対相模女子大学戦


第65回関東学生女子バスケットボールリーグ戦3部 対相模女子大学
8月30日(日)16:00
秋草学園短期大学

全員バスケで掴んだ勝利!
2部昇格へ好発進
大東 135 - 40 相模女子
38 1P 12
32 2P 5
44 3P 7
21 4P 16

  DSC_0173(2).jpg 
  ▲気合いを入れる本学 
  DSC_0028(2).jpg 
  ▲フリースローを放つ丸山 
  本学のリーグ戦初戦となったこの試合。
 第1ピリオドが始まってすぐに三上京子(#56)がシュートを決める。その後も本学はシュートやフリースローで得点を重ね、序盤から試合の流れを掴む。第2ピリオドでも着実に相模女子大を突き放し、70-17で試合を折り返す。第3ピリオドも序盤からの流れそのままに本学が主導権を握る。相手のミスを誘い出し、そこから速攻で得点を奪う場面も見られた。迎えた最終ピリオドは4年生をベンチに下げ、1〜3年生のチームで戦った。
 本学は最後までリードを守り、135-40で勝利した。リーグ戦初戦を見事白星で飾り、2部昇格という目標に向けて好発進した。



丸山沙貴(#13 英米4)主将「新たなスタイルである'走るバスケ'というものが少しできていたように思う。今日はみんなディフェンスが良かった。最終ピリオドは、ディフェンスやリバウンドに甘いところがあったが、よく頑張っていて頼もしい後輩たちだと思った。2部復帰に向けて、一戦一戦で自分たちのバスケができるよう心がけたい。自分たちは最後のリーグ戦になるので楽しくバスケをしたい」


【櫻井理子 中川千明】


posted by スポダイ at 23:48| 女子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする