2015年05月29日

【柔道部】平成27年度東京学生柔道優勝大会(男子64回女子26回)

平成27年度東京学生柔道優勝大会(男子64回女子26回)
5月24日(日)9:00
日本武道館
        男子全日本出場
 5月24日(日)日本武道館で平成27年度東京学生柔道優勝大会(男子64回女子26回)が開催された。
 本学は男子7人制と女子3人制に出場した。男子は1部昇格を目指し、女子は初出場で上位を目指す。
 男子の初戦は東京理科大学と対戦し、7―0で勝利。続く二戦目の相手は駒沢大学。勝ちたい試合だったが、接戦の末1―2で敗れた。
 その後本学は敗戦校同士で行われる全日本出場をかけた代表決定トーナメントに出場。そこで初戦の東京経済大学に7―0で勝利し、続く明治学院大学にも6―1で勝利する。そして最終戦の相手は大正大学。この試合に勝てば全日本出場が決まる大事な一戦。先鋒戦、次鋒戦は1敗1引き分けと相手校がリード。向かえた3戦目の五将戦で本学の滝沢祐太(スポ科3)が体重差のある相手に一本勝ちを決める。そこから本学は勝利数を積み重ね4―2で大正大学を下し、全日本出場を果たした。
 女子は初戦で東京有明医療大学と対戦し、1―1で代表戦まで進むも、代表戦に負けて1―2で初戦敗退となった。

コメント
佐藤晃監督「2戦目の駒沢大学との接戦で負けたのは悔しいが、その後の試合はよくやってくれた。東京の柔道はレベルが高く、自分たちが死に物狂いで稽古してもギリギリの結果だった。全日本に出場できたことは嬉しいが、出ただけでは前回の雪辱をはらしたことにはならない。最低でもベスト8を狙っていく。女子は部ができたばかりでまだ発展途上だから男子と共に頑張っていきたい」

滝沢祐太「最終戦の相手は前に一度負けた相手なので、次は絶対勝つつもりでいった。全日本ではチーム一丸となって戦っていき、1部昇格を目指す」

【小島健瑠】
posted by スポダイ at 00:46| 柔道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする