2015年05月27日

関東大学女子2部バレーボールリーグ戦 【女子バレーボール部】関東学生2部女子バレーボールリーグ戦

関東大学女子2部バレーボールリーグ戦
5月24日
日本大学文理学部総合体育館

   最終戦勝利し次シーズンへ
         
          大東3−1桜美林大学
                      25−17
                      13−25
                      25−21
                      25−16




 今シーズンの最終戦を,3回戦で勝利した桜美林を迎え、3−1と勝利し今シーズンを5位で終えた。
 1セット目は、序盤にセンター線を使った攻撃を主とし、時折サイドからの攻撃をうまく取り混ぜる攻撃が、見事にマッチングし大きくリードを奪うと、そのままの勢いでこのセットを奪取した。
 しかし2セット目に入ると,本学の多彩な攻撃に翻弄された桜美林は、本学のアタッカー1人をサーブで集中的に狙い、サーブで本学のアタッカーを1人潰すことにより、ブロックの的を絞る作戦を起用してきた。これにより、アタッカーの数を減らされた本学は、1セット目に見せていた多彩な攻撃ができず、桜美林のブロックに引っかかるようになり、得点を奪えず結局このセットを取られる。
 しかし、3セットからは、ブロックを利用したブロックアウトや、リベロにサーブレシーブを取ってもらうようにするなど、工夫しセンター線やサイドアタックをうまく使い、ブロックの的を絞らせない攻撃により、このセットを奪った。また4セット  
目も3セット目同様の攻撃に加え、サービスエースなどによりこのセットも取り3−1で勝利した。




監督のコメント
 田中博史監督
「(今回の試合を振りかえって)まあどうでしょう」と笑顔で答え、また今シーズンを振り返っては、「最初連敗が続き,いいスタートを切れなかったので,来シーズンは最初から勝ちを重ねていきたい」とこたえた。


(西川泰義)
posted by スポダイ at 10:46| 女子バレーボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする