2014年11月17日

【ラグビー部】関東大学ラグビーリーグ戦

対流通経済大学
日時 11月15日
会場 江戸川陸上競技場

    課題克服できず連勝から連敗へ

 前回の中央大学戦で手痛い敗北を喫してしまった本学。今回の対戦相手は5勝1敗と絶好調の流通経済大学。前からヤマ場と言われていたこの試合ではあったがなんとしても勝利して連敗だけは避けたいところであった。
 しかし前半8分に流経大にトライを決められ7-0と先制を許してしまう。お互いいい展開が続く中、11分に本学がトライを決めるとさらに14分にホセア・サウマキ(外英2)がトライを決め12-7と逆転をした。だが流経大も負けじと19分に外国人選手の個人技からの連携でトライを決める。その後大東はインターセプトからのピンチを招いてしまうがディフェンスの守りでしのいだ。両チーム一歩も譲らない状況が続く中29分にスクラムから押し込む形でトライを決め、さらに37分には川向瑛(スポ科2)がトライを奪う。43分に流経大にトライを許すが24-21とわずかながらではあるが本学リードで前半を終える。  後半では得点差がわずかであるためになんとか追加点を奪い試合を優位に進めたいところであったが流経大はそれを許さない。後半5分にトライを決められ早々に逆転を許すと10分、12分に流経大が立て続けにトライを奪いあっさり3トライを許した。リーグ戦開幕から課題に挙げていた後半の入りの悪さを相手に突かれた形となった。その後はミスが目立ちトライの気配すら見えない苦しい状況が続くがホセア・サウマキが38分にようやくトライを決める。しかし流経もロスタイムにトライを決め29-49で試合終了。2連敗と悔しい結果になってしまった。

コメント
青柳 勝彦監督
〜今日の試合について〜
「前回の中央大学との試合での反省点を活かし試合に臨んだ。また低いタックルを織り交ぜて試合をした。後半はペースを掴めず中々立て直すことが出来なかった。東海大学戦に向け気持ちを切り替えて頑張りたい」 

篠原祥太(スポ科4)主将
〜今日の試合について〜
「前半は普段練習でやっていることが出せていたと思う。しかし後半で相手に流れを持っていかれてしまった。また春に対戦した時に流経大のスクラムに苦しんだので対策はしてきたが思うようにそれが出来なかった。東海大学戦に向けて気持ちを切り替えて練習に励みたい」

--NEXT--
vs東海大学
日時 11月22日
会場 秩父宮ラグビー場
14:00 kick off  
【強矢晨悟 笹野恭輔】
posted by スポダイ at 22:36| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする