2014年10月06日

【テコンドー部】第17回アジア競技大会テコンドー競技

本学テコンドー部

アジア競技大会出場



 IMG_1707.jpg 
 ▲左から中川、山田勇、山田美
  『写真提供:テコンドー部』
 

 韓国・仁川で開催された第17回アジア競技大会に日本代表選手として派遣された本学テコンドー部山田美諭(英米3)と中川貴哉(スポ科3)がそれぞれ女子49キロ級と男子54キロ級に、卒業生の山田勇磨選手(=13年国際関係学部卒)が58キロ級に出場した。
 山田勇磨選手は10月3日に行われた58キロ級準決勝に進出し、見事に銅メダルを獲得。これは日本男子のアジア大会でのメダル獲得は本学テコンドー部の金井洋監督が獲得した98年タイ・バンコク大会以来16年ぶりとなった。山田美諭は準々決勝で中国に敗れベスト8、中川選手は1回戦で台湾と対戦し敗退した。



山田勇磨選手
「本大会での男子のメダル獲得は16年ぶりで、その16年前のメダリストが金井監督であると知ったっ時とても嬉しく思った。
このメダルは、テコンドー部をはじめ三菱電機の皆さま、国際関係学部の先生方、学部事務室の皆さま、在学中にお世話になった方々、
そして家族の応援があったからこそのメダルだと思う。
今回の結果に満足せず、2016年リオデジャネイロ五輪に向けて精進していきたい。ご声援ありがとうございました。」


中川貴哉
「自信があっただけに『本当に悔しい』の一言に尽きる。下を向く事は簡単だが前を向いて自分の力にする。応援ありがとうございました」

山田美諭
「これが今の実力だと思った。より上に行くために頑張りたい。応援ありがとうございました」



【田坪 翔吾】

posted by スポダイ at 17:43| テコンドー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする