2014年06月09日

【相撲部】第93回東日本学生相撲選手権大会

6/8(日)9:00
両国国技館

Bクラス団体戦3位入賞

里舘、個人戦で孤軍奮闘16傑


団体戦(Bクラストーナメント) 3位
準決勝 対法大 ●2−3
2回戦 対早大 ○3−2


個人戦
       里舘健 予選T4回戦敗退(ベスト16)
鈴木寿康 予選T2回戦敗退
大久保裕太 予選T2回戦敗退
佐藤成朗 予選T初戦敗退
佐藤勝成 予選T初戦敗退


 東日本の学生相撲NO.1を決める東日本学生相撲選手権大会が8日、両国国技館で行われた。本学は、団体戦Bクラス(2部)トーナメントと、個人戦にそれぞれ出場した。
本学は最初、団体戦に出場した。トーナメント2回戦からの登場となっていた本学は、早稲田大との試合を3−2で下し準決勝へ進出するが、準決勝で対戦した法政大に2−3と一歩及ばず、団体戦を3位で終えた。昨年の同大会では準決勝で法大を下し、その勢いで優勝もしていたが、今年は法大にリベンジを果たされた。


DSC_4850a.jpg 
▲個人戦で奮闘した里舘(左) 
 一方の個人戦には5名の選手が出場した。しかし、個人戦はAクラス校の選手との対戦もあるため、本学の選手は序盤で姿を消してしまうが、そんな中チームの中心選手である里舘健が奮闘した。予選トーナメント1回戦、2回戦を順当に勝ち上がると、3回戦では学生相撲の名門・日本大学の選手と対戦したが、粘りの相撲で格上の相手に土をつけ会場を湧かせた。そして4回戦。この一番に勝てば決勝トーナメント進出がかかる大事な一番となったが、こちらも学生相撲の名門に数えられる東洋大学の選手に根負けし敗戦を喫した。しかし、里舘はベスト16と健闘してみせた。

【田坪 翔吾】
posted by スポダイ at 00:11| 相撲部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする