2013年02月04日

【スケート部フィギュアスケート】第 68 回国民体育大会冬季大会スケート競技会フィギュア競技成年女子


第 68 回国民体育大会冬季大会スケート競技会フィギュア競技成年女子
会場:国立代々木競技場第一体育館

全日本の悔しさを振り払う復活V

 1 月 27 日〜 28 日にかけて国立代々木競技場第一体育館で行われた第 68 回国民体育大会冬季大会スケート競技会フィギュア競技。この大会に本学の今井遥(外英1)が東京都代表として成年女子の部に出場した。
昨年、 12 月に北海道で行われた全日本選手権では14位と成績が振るわず、この大会に復活を賭け、「フィギュアスケートの聖地」東京・代々木のリンクに立った。

DSC_5467.JPG DSC_5845.JPG

 27 日に行われたショートプログラムでは9番滑走。冒頭のダブルアクセルに着氷すると、全日本選手権から構成を変えた高難度のトリプルフリップ+トリプルトーループの連続ジャンプの着氷にも成功。ステップ、スピン共にほぼノーミスで演技を終えた。得点も 59.67 点とこれまでのパーソナルベストを2点近く更新。この結果、2012年世界選手権第3位の鈴木明子選手(愛知・邦和スポーツランド)ら強豪を抑え、第1位。
 翌日に行われたフリースケーティングでもショートプログラムの勢いそのままに完璧な演技をみせた。滑走順は最終グループの 20 番目。この日のジャンプもすべて成功するなど演技終了後には会場に詰めかけた約5,000人の観客からの鳴り止まぬ拍手とスタンディングオベーション。得点もショートプログラム同様パーソナルベストを大幅に更新し、フリーも1位と完全優勝を果たした。
また、国体のフィギュア競技表彰は、1チーム2人で競う都道県対抗の団体戦なので、東京都は他県を寄せ付けず優勝を果たした。演技終了後今井は泣きながら「この調子で全日本選手権に出たかった」と語るものの復活へ確かな一歩を踏み出したに違いない。

DSC_5966A.jpgDSC_5845.JPG


最終結果 成年女子
順位 選手名  都道府県名・所属      SP   FS   得点
1位 今井遥 (東京・大東文化大学)     1    1   175.83
2位 鈴木明子(愛知・邦和スポーツランド)  2    3   158.17
3位 村元小月(兵庫・関西大学)       6   2   155.04
4位 西野友毬(東京・明治大学)       3   4   149.69
都道府県別成績
順位 都道府県名  個人順位計   内 訳     競技得点
1位   東京       5     ( 1 / 4 )    24.00
2位   兵庫       9     ( 3 / 6 )    21.00
3位   愛知       18     ( 2 / 16 )    18.00

DSC_6184.JPG

〈今井遥選手コメント〉
「全日本でこの調子でいきたかった気持ちが強いです。今後の自信にもなります。来年の全日本では昨年の悔しさを味あわないようにしたいです。優勝と言う結果は求めていなかったので、逆にびっくりしています。これからに向けては3回転フリップ+3回転トーループの連続ジャンプを、試合で安定して試合で跳べるようにしたいです。 」  

【鵜木 祥・福光祥子・田坪翔吾】

posted by スポダイ at 20:51| スケート部フィギュアスケート部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする