2012年11月27日

【スケート部フィギュアスケート】2012NHK杯国際フィギュアスケート競技大会

国際スケート連盟公認グランプリシリーズ2012/2013 2012NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
会場:宮城セキスイハイムスーパーアリーナ


初のNHK杯出場も悔しさ残る8位
11月23〜24日にかけて宮城セキスイハイムスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートグランプリシリーズ第6戦の2012NHK杯国際フィギュアスケート競技大会に、本学の今井遥(外英1)が女子シングルに出場した。今井は初のNHK杯出場となる。

初日のショートプログラムは3番目の滑走。初出場の緊張もあり、最初のダブルアクセルを失敗してまう。その後も予定されていた技の構成を変えて演技をするなど終始自身のペースで滑ることが出来ずにショートプログラムを48.10点の9位で終えた。

DSC_8805.JPG

▲ショートでは緊張しながらも柔らかな身体を駆使した演技を見せた<撮影:福光祥子>

<ショートプログラム結果>
技術点:24.86
演技構成点:24.24
減点:−1.00
TOTAL:48.10


2日目のフリープログラムは前日のショートプログラムの成績下位者からの滑走となるため、今井は1番目の滑走となった。「朝の公式練習でしっかり調整できた」と語る今井は落ち着きを取り戻し、観客から手拍子を起こさせるなど会場を魅了する演技を見せ、フリープログラムを97.32点とし順位を1つあげ8位とした。

DSC_1169 (1).JPG

▲フリーでは淡い紫色の衣装で銀盤上を舞った<撮影:福光祥子>

<フリープログラム結果>
技術点:50.03
演技構成点:48.29
減点:−1.00
TOTAL:97.32


この結果、今井はショートプログラムとフリープログラムの合計点を145.42点とし、総合8位で今大会を終え、残念ながらファイナル進出はならなかった。
しかし今大会8位に入ったことで、ISU World Stannding Points 191点を獲得、11月25日現在、世界ランキングは19位(1863点)。
次戦は12月22日から札幌で行われる全日本選手権に出場する。




今井選手のコメント
「ショートはとても緊張していてが、会場の声援が嬉しかった。最初のジャンプ失敗で動揺してしまい最後まで落ち着かなかった。自分自身、まさか最初のジャンプで失敗するとは思わなかった。
フリーは集中できたので調子が良くない中でもまとめることができた。声援や手拍子が嬉しくて楽しく滑ることができた。初のNHK杯は納得がいかず、悔しいものになったが、この結果を踏まえて練習して次につなげていきたい。」

【田坪翔吾 福光祥子】
posted by スポダイ at 22:20| スケート部フィギュアスケート部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする