2012年10月22日

【ラグビー部】関東大学ラグビーリーグ戦VS流通経済大

関東大学ラグビーリーグ戦VS流通経済大
10月21日12時キックオフ
会場:ケーズデンキスタジアム水戸

またもノートライそれに無得点。攻撃陣はトンガ人留学生がいないならスーパールーキー長谷川崚太(社経1)が奮闘したものの流通経済ディフェンスを崩し切れなかった。今節のスタメンには主務として出場を勝ち取った高橋準(経営4)、ベンチには岡田健人(社経2)、蛯名崇博(スポ科1)がそれぞれ初めてメンバー入りした。
流経大@.JPG 流経大A.JPG 


前半、本学は流経大が自慢にする留学生の突破に苦しみながらもチャンスは作っていく。
開始早々、危険なタックルでペナルティーを貰うと敵陣深くのラインアウトを得る。このラインアウトをしっかりとキャッチしボールをバックスに展開するも高橋洋丞(社経3)のノックオンでチャンスを活かせない。
すると4分自陣深くでのラインアウトから連続攻撃に持ち込まれ最後は相手スクラムハーフに押し込まれ先制トライを献上。
流経大B.JPG 流経大E.JPG 
本学も10分に敵陣深くのラインアウトからモールで押し込むものの最後はターンオーバーされチャンスを掴めない。16分には真ん中約20mのPGを碓井廉(社経1)が外し得点することができない。
対する流経大はチャンスが少ないものの確実に得点に結び付けていき前半は18得点。
特にSO合谷は狙ったPGは全て成功するなどの安定感を見せる。
前半、本学で一番目立ったシーンは長谷川崚太が相手スクラムハーフのユニフォームを破ってしまう珍プレー。(勿論故意ではない)試合後長谷川は「あんなにあっさり破れるとは」と苦笑い。
ryukei 054.JPG
後半は前半以上に流経大の勢いに圧倒される。後半5分に混戦の中から相手CTBにトライを奪われると本学ディフェンスはいいところを見せることができない。16分、29分にもトライを献上。
本学のオフェンス面では長谷川崚太が一人で持ち込むもののフォローが付ききれずチャンスを活かせない。
終わってみれば40失点、無得点の大敗となった。

結果的に見れば収穫が無いように見えるが内容自体は今まで戦った4戦の中で一番良かったように思える。ゴール前5Mでのアタックは全く機能しなかったがテピタ・ツポウ(社経2)、フィリペ・フィナウ(経営4)がチームに復帰すればトライを奪えていたシーンが何度もあった。
開幕3連戦で崩されたスクラム、モールも王者に対して対等に戦えた部分はあった。
ラスト3戦、重要になってくるのは言わずも知れた11月10日日大戦、11月24日関東学大戦だ。2連勝すれば入れ替え戦回避も見えてくるだけにこれからの巻き返しに期待したい。

〈試合後コメント〉

青木忍監督

――今日の試合を振り返ってもらえますか?
みんな空回りしていますね。タックルにしてもそうですし。長谷川は頑張っていました。スクラムも4戦の中では一番良かったですね。
――今日は無得点でしたが?
やっぱりモールで取りきれないと大東の良さが出ないですね。チャンスはあったけど取りきるところで取らないと。FW戦で勝てないとなるとすぐ焦ってBKに回したりしていた。流経大はディフェンスが良かったのは分かっていたのですが。自分たちがやりたいディフェンスを逆にやられてしまった。
――長谷川選手はやっぱり凄いなという印象を受けましたが
長谷川がボールを持っている時はボールが活きてますね。でも長谷川を活かしきれていないかな。
――碓井選手が今日調子悪かったですね。
その日、いい悪いは絶対あります。試合後これを次に活かせと話した。自分も現役の時そのような事があったんでね。
――次は東海大戦ですが
流経大と違って留学生はいないが一人、一人の強さが違いますね。日大戦が5日後にありますがやれるところはベストでいきます。

茂野海人主将
――今日の試合を振り返ってもらえますか?
ミスが多かったですね。前半は耐えられた部分はあったが後半はやられてしまった。
――やろうと思ったら勝てたような気がしたのですが?
なかなか取りきる所で取れなかったのが響きました。
――次は流経大戦ですが?
東海と流経も差はないと思う。詰めるところを詰めていきたい。

長谷川崚太
――今日の試合を振り返ってもらえますか?
そうですね。コンタクトの場面では負けていなかったと思います。
――長谷川選手に付くフォローが遅かったように思えるのですが
確かにフォローは遅かったですけど自分も変なコースを走るので付きにくいのかもしれません。
――チャンスはあったように思うのですが?
自分はチャンスを作るのが役目。数少ないチャンスを活かせなかったのはチーム全体に申し訳ない気持ちです。
――スクラム、モールは安定していましたね。
安定はしていました。相手のモールも何回か押し返した部分はあったと思います。

流経大
内山達二監督
ー今日の試合のテーマは?
"前進継続"。継続を意識することと、ゴール前で取り切れるラグビーをする2つがテーマ。
ーこの試合のディフェンスについては?
今まではディフェンスにフォーカスはしていたが、FWのモールサイドでのディフェンスができなかった。大東の留学生がいると想定すると圧力としては足りない。
ー攻撃については
点数の割りに、アタックに関してはもう一歩グレードの高いトライを取りたかった。
児玉大輔主将
ーこの試合への意気込みはどういうものだったか?
連勝しているので、リーグ全勝でいくつもりで立ち向かった。練習や試合の雰囲気は良かったので、チャンピオンチームとしてのプレッシャーは感じずにチャレンジャーの気持ちで行こうとした。
ー大東はどういう印象をもっているか?
キックを多用するイメージはあった。なのでそこをケアして、ブレイクダウンから自分たちのアタックをしていく狙った。
ー強いタックルからユニフォームが破られるというアクシデントがありましたが?
そういうプレーはありましたが…笑
中央大戦や前節の法政大戦に比べれば、体の寄せが強いという感じは全くなく、どちらかと言えば自由に動けた。

【鵜木 祥・取材協力池本大起】
posted by スポダイ at 11:50| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする