2012年06月13日

第101回スポダイ定期コラム

大学生になってから早2ヵ月、スポダイの説明会に行って入部を決めてから1ヵ月余りが経ち時の流れは早いものだなと実感している今日この頃です。
さて、第101回という大台に乗った今回のコラムは新入部員である高見澤杏奈が担当させていただきます。長野県の片田舎から出てきた田舎娘ですがどうぞ以後お見知りおきをお願いします!

長野といっても広いので県内でも温暖差はかなりあるのですが、なまじ避暑地と呼ばれるほど涼しい環境で育ってきたので梅雨が明けたらものすごく暑くなるよという友人の言葉にはとてつもない恐怖を覚えます。夏を乗り切るいい方法をご存じな方がいらっしゃいましたら是非教えてください。

ところで夏と言えば私の中では「時をかける少女」という映画が真っ先に出てきます。中学生だったときに友人に勧められて見たのですが、夏真っ盛りのザ・青春といった映画です。その映画の中で一番印象的な言葉は「Time waits for no one」というものです。映画のキーワードにもなる言葉なのですが実際私も最近になってとてもその言葉の重みを実感します。大学生は自由の時間が多いことが利点でもあるけれど、その時間を怠惰に過ごし無駄になってしまう可能性も大いにあります。自由の時間をいい意味で使える充実した生活を送れる人間に是非ともなりたいものです。


まとまりのない文章となってしまいましたが、そこは新入部員ということで大目に見ていただけると嬉しいです。次に担当が回ってくるときには今より進化したものが書けるように精進します!

次回のコラムは同じ新入部員の田坪翔吾が担当します。お楽しみに!

【高見澤杏奈】
posted by スポダイ at 21:56| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする