2012年05月21日

【女子バレーボール部】2012年度春季関東大学女子2部バレーボールリーグ戦

5月20日
2012年度春季関東大学女子2部バレーボールリーグ戦
最終日 対早稲田大学戦
会場:大東文化大学東松山校舎総合体育館

●大東大1-3早稲田大○
18-25
20-25
25-23
16-25


 リーグ戦最終日、本学は昨リーグ共に1部から降格してきた早稲田大学戦を迎えた。両校ともここまで無敗、この試合で優勝が決定する。
 第1セット、前半は両校の力が拮抗する形で試合が進む。しかし後半攻め込まれ、また自分たちのミスもあり、18-25で落としてしまう。第2セット、序盤から追いかける試合展開。相手チームのサーブに崩され、苦しめられ、一時は8点差もつけられてしまうが、#20西脇友里佳(スポ科2)や#13平井恵(スポ科3)を中心に攻め、20―21まで追い上げる。しかしその後連続でポイントを取られこのセットも落としてしまう。第3セット、5-10と突き放されるが、#9清水玲衣(文中3)を中心にポイントを重ねこの点差を返し逆転。途中21-21と並ばれるが、#1清水麻里(スポ科4)の好レシーブなど気迫のこもったプレーが続き、このセットを25-23で競り勝つ。第4セット、序盤は本学がリードしていたものの、すぐに追いつかれその後は早大の高いブロックに阻まれなかなか攻撃が決まらない。このセットを取って何としても次に持ち込みたいところであったが力及ばず16-25で落し、試合終了。試合後田中監督は「勝負にはなっているが、少し力が及ばなかった。」と語った。
 本学は8勝1敗の第2位で今リーグを終えた。目標の一つであった優勝は逃してしまったが、このリーグの結果、1部昇格を懸けた入れ替え戦へ進むことが決まった。もう一度1部の舞台で戦うために。本当の勝負はこれからだ。
DSC_0114.JPG
▲サーブを打つ#13平井恵
DSC_0401.JPG
▲得点を決め喜ぶ選手たち
DSC_0286.JPG
▲堅実な守りでチームに貢献した#1清水麻里は今リーグ敢闘選手賞とリベロ賞を獲得した


試合後インタビュー
#1清水麻里
「勝つ気でいたが、少し相手が上だった。(入れ替え戦があるので)まだ終わっていない。ほかのメンバーはみんな後輩だがしっかりしていて頑張ってくれている。もう1週間調整して昇格にむけて頑張りたい。」
#9清水玲衣
「いつもよりみんなで粘れていたところがよかった。最近、最初のセットを落としてフルッセトまで頑張る形が多く、出だしの自分たちのミスが多い。そこを修正して次へ臨みたい。」

1部2部入れ替え戦
5月27日 10:00〜 第1試合
対東京女子体育大学
会場:駒澤大学玉川キャンパス体育館 特設コート
posted by スポダイ at 06:29| 女子バレーボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする