2012年02月28日

【テコンドー部】第5回全日本テコンドー選手権大会

第5回全日本テコンドー選手権大会
日時:2月26日(日)
会場:駒沢オリンピック公園総合体育館


笠原3連覇 山田2連覇
IMG_0313.JPG IMG_0418.JPG
▲優勝した笠原(左)と山田(右)


男子58`級の山田勇磨(国際文化2)と女子49`級の笠原江梨香(英米3)がそれぞれ優勝。山田は大会2連覇を、笠原は同3連覇を果たした。
また、男子54`級の青木壮史朗(スポ科1)と男子80`級の大木一馬(スポ科2)が3位入賞し、本学からは4人が入賞した。

今大会では、五輪で使用されるヨーロッパ製の電子防具ではない防具が使用されたが、笠原はヨーロッパ製の電子防具を想定するなど五輪を意識しての戦い。押し蹴りや接近戦など、大会前から挙げていた課題は残ったが、国内で突出している力の差を存分に見せた。

大会2連覇を果たした山田は、相手にペースを作られるなど課題が残る大会となったが、毎試合のように鋭い蹴りを上段に決めた。

一方、接戦を競り勝ってきた青木は、準決勝で終了直前に反則を取られて同点とされる。引き続き行われたサドンデスで、相手の蹴りが青木の蹴りよりわずかに早く決まり惜しくも3位。大木もカウンターを効果的に決めるなど互角に戦ったが、惜しくも準決勝で敗退となってしまった。
posted by スポダイ at 03:46| テコンドー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする