2011年07月11日

【ボクシング部】トーナメント戦決勝


  
5階級制覇で3部優勝



フライ級 田中智也(現経3) VS 菅野(慶応) RSC勝ち

バンタム級 木曽宏二朗(スポ科4) VS 久保田(慶応) 判定勝ち

ライト級 鈴木雄太(政治3) VS 宮崎(東京) RSC勝ち

ライトウェルター級 荒津弘晃(スポ科2) VS 眞田(慶応) 判定勝ち

ウェルター級 長久隼廷(経営3) VS 田村(一橋) 判定勝ち





7月9日後楽園ホールにて関東大学ボクシングトーナメント戦3部決勝が行われた。
本学は5階級すべてで勝利し3部優勝を果たした。
次回2部最下位との入替戦に臨む。

IMG_0299.JPGバンタム級木曽選手 パンチを確実に決めていく。

IMG_1298.JPGウェルター級長久選手 手数の多い相手に対し重みのあるパンチでダメージを与える。



〜試合後インタビュー〜
 バンタム級木曽選手「全員が実力を出し切っていない。2R、3Rで勝てればいいという守りに入ってしまった。入れ替え戦では全力でのぞむ」

 土田都誉詩コーチ「普通なら1R、2Rで終わるような試合を長引かせていた。入れ替え戦で
負けたら今まで勝ってきた意味がない。必ず2部に上がるという気持ちでいく」

 山本巖監督「苦戦する場面があっった。もっとすっきりと勝ちたかった。入替え戦では相手チームに意地もあると思うのでその意地に負けないようにしたい」

 
入れ替え戦は7月24日神奈川県立体育センターで行われる。


【小出佳代子・大川内梢・冨田訓史・山本貴之】 
posted by スポダイ at 00:39| ボクシング部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする