2011年06月27日

【ボクシング部】トーナメント戦 準決勝

5階級すべてで決勝進出

F(フライ級)        ○田中智也(現経3)   vs  緒方玲冶(防衛大) RSC勝ち
 B(バンタム級)       ○木曽宏二朗(スポ科4) vs  平山裕一郎(一橋) RSC勝ち
L(ライト級)        ○鈴木雄太(政治3)   vs  高山健吾(慶応)  RSC勝ち
LW(ライトウェルター級) ○荒津弘晃(スポ科2)  vs  伊原一成(東京)  3R判定
W(ウェルタ―級)     ○長久隼延(経営3)                 不戦勝  
 

6月26日(日)神奈川県立体育センターにて第46回関東大学ボクシングトーナメント戦3部準決勝が行われた。
 本学は5階級全て準決勝に進出。この3部で優勝すると2部との入替え戦に臨むことができる。
 
 きそさん.JPGB級木曽選手 連続攻撃で相手に攻める隙を与えない

aratu.JPGLW級荒津選手 1R60−57 2R60-56 3R60-57 で判定勝ち

:試合後インタビュー:

F級 田中智也選手「ガッツのある選手で負けられないと思った。グダグダな試合をしてしまったので次はかっこよく勝ちたい。」

L級 鈴木雄太選手「2R相手にパンチをもらいすぎた。3部でこんな勝ち方じゃだめ。2部にあげて当然、次はパンチをもらわずにうっていきたい。」

LW級 荒津弘晃選手「全然だめだった。試合前ガチガチで力が出せず手こずった。決勝は気持ちを作ってから臨み、1Rで決めたい。」

山本巖監督「全員勝った。3部では勝って当たり前。スタミナが切れあっさりバテていた。それを克服し3部で優勝する。」

選手全員が2部復帰に向けて心を一つにしていた。


次回3部決勝は7月9日後楽園ホールにて11時から行われる。

【小出佳代子 冨田訓史 山本貴之】
posted by スポダイ at 12:44| ボクシング部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする