2011年06月06日

【相撲部】第90回東日本学生相撲選手権大会

第90回東日本学生相撲選手権大会
6月5日(日)
会場:両国国技館


 今年で90回目を迎えたこの大会。本学は団体戦と個人戦にそれぞれ出場した。
 初めに行われた団体戦は2部にあたるBクラストーナメントからの登場した本学。あと一歩のところで優勝を逃すも準優勝。上位4校に入り、1部にあたるAクラストーナメントの予選に出場するも、Aクラス昇格の条件となる上位8校に入れずBクラス残留となった。
 一方、団体戦の後に行われた個人戦では、加藤和也(現経4)がベスト16、久道雄喜(経営4)と河野鴻之介(国際関係2)がベスト32に入った。


○団体戦
Bクラストーナメント
準々決勝 ○大東5−0埼玉●
準決勝   ○大東4−1慶応●
 決勝   ●大東2−3法政○
→Bクラス準優勝 Aクラス予選へ出場

Aクラス予選
1回戦 ○日本5−0大東
2回戦 ○拓殖4−1大東
3回戦 ○専修4−1大東
→予選9位 決勝トーナメントへ出場できず


 5人で行われる団体戦に久道、沖本亜斗(中国3)、河野、里舘健(スポ科1)、加藤が出場した。

 初戦となった準々決勝は、Cクラスを勝ち上がってきた埼玉大に危なげなく勝利。この時点でBクラストーナメントの上位4校に入り、Aクラスの予選に進出することが決まる。慶大との取組となった準決勝では、先に1勝を許すも2人目からの4連勝で決勝に進出。決勝では法大と互角の取組をするもあと一歩及ばず。だが、Bクラス準優勝を見事果たす。

DSC_4535.JPG
▲団体準優勝の表彰を受ける選手たち
(左から加藤、里舘、河野、沖本、久道)


 しかし、Aクラスの壁は高かった。Aクラス8校にBクラストーナメントを勝ち上がった4校を加えた12校で行われるAクラスの予選。各校3戦ずつ行い、上位8校が決勝トーナメントに進出するとともにAクラスの大学が決まる戦いで、本学はAクラス昇格を目指したが初戦の日大戦は圧倒的な力の差で全員が敗戦。2戦目の拓殖大戦では河野が、3戦目の専修大戦では沖本が勝つのが精一杯。予選9位で決勝トーナメントには進出出来ず、Bクラス残留となった。


○個人戦
IMG_0095.JPG
▲ベスト16入りを果たした加藤(左)


 団体戦の後に行われた個人戦。Aクラスの大学からCクラスの大学まで計107人が出場し、本学からは団体戦に出場した5人が出場した。

 本学からは決勝トーナメントに出場した選手はいなかったが、加藤が3回戦でAクラスの東洋大の選手を倒すなど、あと1勝すれば決勝トーナメント進出という活躍でベスト16入り。久道と河野も3回戦まで進みベスト32入りを果たした。


〈大会後のコメント〉
○久道主将
「自分の相撲である前にでる相撲が取れなかった。反省点が多く、良いところがほとんどなかった。個人戦の3回戦は勝てる相手だったが負けてしまい悔いが残った。これから稽古でつめていきたい。」

○沖本選手
「今回は団体にかけていた。(団体戦Bクラス準優勝について)出来れば優勝してAクラスのリーグ戦に進みたかった。(6戦中4勝ということで)自分が勝ってチームの流れを作れたのではないかと思う。専修大戦で、試合前から監督からも言われていた通り点をとることができて良かった。逆にAクラスの予選の日本大戦、拓殖大戦と、強豪相手に点とれなかったことが反省点。自分がとれていれば流れが変わったのではないかと思う。(個人戦について)強い相手だったので当たって砕けるつもりでのぞんだ。4年間2部は嫌なので、早く1部昇格できるようにまた鍛えていきたい。」

○河野選手
「Bクラスでの優勝を狙っていたので負けてしまい悔しい。部員全員の意識を高めていき、1部でも互角に戦えるように稽古をしていきたい。個人戦は、団体戦に力をいれすぎてしまったため、思うような結果を残すことができなかった。次回に向け自分を追い込む稽古をしていき強くなりたい。」

○里舘選手
「思い通りにできなかった。レベルの差というものを感じた。(大学初めての団体戦で副将を務めたことについて)前から言われてたし、プレッシャーはあまりなかったが、勝たなきゃという気持ちはあった。(Bクラス準優勝について)優勝できた試合。勝てる試合だったので悔いが残る。個人戦は大きい相手に正面からぶつかって突かれたのが敗因だと思う。これからは立ち合いを強化して、足をもっと出していきたい。」

○加藤選手
「Bクラス団体戦は優勝出来る試合だった。優勝できなかったということは力が足りなかったということだし、Aクラスでは全く力が足りなかった。初めて個人でベスト16に入れたことは半分うれししいが、まだ力が足りないことには対しては悔しい。相手によって相撲を変えているし、良いときと悪いときの差が激しい。もう一度基礎から練習して、良い時の自分の相撲を常にとれるようにしたい。そして、ひとつでも多く勝ちたい。」


【山本貴之・土沼菜見子・鵜木翔・中島孝一・永沼友里・福光祥子・保泉友美・山田純平】
posted by スポダイ at 15:13| 相撲部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする