2011年05月24日

【卓球同好会】春季リーグ戦


5月21日(土)に東京外国語大学の体育館で女子4部Cグループの春季リーグ戦が行われた。

1試合目
●大東0-3明治大学○
坂本夕紀 0-3 斉藤
石岡千づる 1-3 笹本
石岡・樗澤はづき 1-3 笹本・堀内

序盤は積極的に攻撃していくものの、2セット目以降相手のペースを崩せず、点差を広げられてしまう展開が目立った。今季初戦はストレート負けとなる。

2試合目
○大東3-2上智大学●
石岡 3-0 三浦
坂本 0-3 足立
石岡・樗澤 3-2 足立・廣川
樗澤 1-3 廣川
小川由香梨 3-0 奥山

2試合目は大接戦となった。シングルス2を終えて1対1となり、迎えたダブルス。どとらも序盤から先手を取って打っていく。ラリーが続く場面でも打ち負けずに食らいつく本学。最終セットでは本学が2点差のリードをひっくり返し、その勢いのままラスト2点を追加。フルセットの末勝利した。
ダブルスの勢いにのり、4番手で勝負を決めたかった本学だが3,4セット目のジュースまでもつれた場面であと一本を決めることができず勝負は5番手の小川へ。プレッシャーのかかった試合だったがサーブやドライブで確実に得点するなど落ち着いたプレーでストレート勝ちした。

s-110521table-1.jpg  s-110521table-2.jpg  s-110521table-3.jpg 

<選手コメント>
坂本夕紀(健康3)
2試合とも負けてしまい仲間に申し訳なかった。次の試合から切り替えてがんばりたいと思う。
石岡ちづる(中国2)
ダブルスは最初つないでたけど途中から積極的に打っていった。強気でいけたのがよかった。
樗澤はづき(外英2)
ダブルスは最後集中できていたしいい展開に持っていけた。最後のシングルスは反省点がたくさんあった。
小川由香梨(書道2)
最後は緊張したが気持ちの準備はあった。メンバーの応援のおかげで周りにのまれず試合ができたと思う。


【土沼菜見子】

posted by スポダイ at 00:54| 卓球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする