2010年11月22日

【アメリカンフットボール部】秋季リーグ戦対創価大

日時:11月21日(日)14:05キックオフ
会場:アミノバイタルフィールド

秋季リーグ戦3部Dブロック最終戦

大東大  創価大
0 1Q 6
7 2Q 0
7 3Q 0
0 4Q 0
14  計  6



今季のリーグ最終戦となった創価大との一戦。試合前の時点でどちらも2勝1敗と並んでおり、本学の試合に先立って行われた千葉大−電気通信大の試合で千葉大が優勝を決めた為、2位を争う試合に。

本学のホームカミングデーとして行われた今日の試合は、試合前に本学の渡辺次男総監督が関東学生アメリカンフットボール連盟から功労賞の表彰を受け、青桐会の茂木龍彦会長がコイントスを行った。

DSC_0022.JPG

DSC_0037.JPG

▲【上の写真】功労賞を受賞した渡辺総監督(右)と【下の写真】コイントスを行う茂木会長


本学のキックオフで始まった第1Q、いきなりパスやランプレー、ギャンブルで攻め込まれ先制のTDを決められてしまう。その後、本学は反撃するも点を奪えずに終えてしまう。

第2Q、ギャンブルを決め残り12ヤードまで攻め込むと、佐藤友太(3年)から村上清(4年)へのパスがきまり、そのまま村上が同点のTD。直後のキックを青木圭祐(2年)が確実に決め逆転に成功。

第3Qには、本学の陣地から相手の陣地へ高々と蹴り上げたボールを相手選手がキャッチミス。これを石井佳太(1年)がリカバーし、残り4ヤードの位置で攻撃権を得る。ここで畠山裕貴(3年)のTDと青木のキックで追加点をあげた本学。

その後、第4Qにかけて追加点をあげることはできなかったが堅い守りで相手の反撃を防ぎ、最終戦を勝利で締めくくった。

DSC_0069.JPG   DSC_0113.JPG
▲この日TDを決めた村上(左)と畠山(右)


〈試合後のコメント〉
菅原昌紀GM
「(この日の試合について)1年の総決算となる試合だったので、結果だけを見れば満足せざるを得ない。この試合を来年へつなげたい。
(4年生について)苦しいシーズンだったと思う。1年生にときには人数が多かったが、今では7人という少ない人数になってしまった。しかし、その中でやりぬいたことは評価したい。今後にもつながると思うので、ぜひ頑張ってほしい。
(今年及び来年について)課題の方が多かった。2・3年生が多いので、来年以降は期待できる。今年は土台ができたと思っている。技術的にもチーム的にも3部にいるチームではないと思っているので、しっかりと練習していきたい。」

渡辺総監督
「(この日の試合については)見ての通り。来年は2・3年生が多いから強くなるよ。
(4年生について)4年間頑張ってくれた。人数が少なかったからきつかったと思う。今は就活の方が心配。
(功労賞受賞について)嬉しい。アメフトに携わって約50年。日大で選手としてアメフトを始め、日大卒業後すぐに大東の監督を引き受けて今に至るのだが、まあ良かったのかなと。(功労賞を)いただいたことはありがたい。スタッフの人も励みになると思う。」

深井強副主将(外中4)
「最終戦だったので負けられない試合だった。後輩たちに感謝している。(リーグ戦を通して)チームが成長したと思う。来季は今季よりも強いチームになって1位で入れ替え戦にいってほしい。」

畠山裕貴選手(外中4)
「(今日の試合は)今までの集大成。オフェンスの選手たちと「絶対勝つぞ」と言い合っていた。(自身のプレーについても)夏から取り組んできた成果を見せることができて良かった。来季はチームを引っぱっていきたい。」

松本友里絵主務(外中4)
「最終戦ということで、いつもよりもチームを盛り上げるようにした。(マネージャーとしてリーグ戦を振り返ると)試合前には選手がケガをしないように予防に気をつけた。来季こそ2部に昇格してほしい。(マネージャーの後輩には)選手たちをしっかりサポートしてほしいと思う。」


【船田雄太・大村和寛・富田訓史・山本貴之】
posted by スポダイ at 22:28| アメリカンフットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする