2009年10月19日

【トライアスロン】第15回日本トライアスロン選手権東京港大会

10月18日(日)
会場:お台場海浜公園特設会場

結果

第46位 横山 大空(大東文化大学/学連)

記録2時間4分25秒
(スイム:20分49秒、バイク:58分37秒、ラン44分59秒)


晴天の空の下、日本の頂点を決める熱い闘いがお台場で開催された。


本大会はオリンピック代表や全国大会上位入賞者などの有力者が数多く出場する大会であり、また日本選手権兼ランキング王者を決めるという名実ともに大きな大会であり試合開始前から会場は真剣な空気に包まれていた


本学からは学生連合の推薦で横山大空(健康4)が出場
試合前は応援に来た部の仲間たちと会話をするなどリラックスして試合に臨んだ


午前11時、選手全員がスタートラインに着きスタートのブザーが鳴った

始めはスイム(1.5km)で横山はスタートから攻めの姿勢を見せ第2集団、第3集団あたりについていく

s-091018triathlon1.jpg
△仲間の応援を背にし力走


続くバイク(40km)でもスイムの勢いそのままに攻め上位進出を狙った
しかしスイムの疲れからかバイク終盤で疲労が見え始め順位を落としていった

s-091018triathlon2.jpg
△バイクでも果敢に攻めたが


最後のラン(10km)では前半の攻めがたたり失速してしまう
終始苦しそうな表情を見せるもゴール前では仲間や観客の声援を背にして笑顔をみせゴール

s-091018triathlon3.jpg
△試合後仲間やチームの関係者と写真撮影


○試合後のインタビュー

―本大会を振り返って

横山「日本選手権ということで(オリンピック出場者など)有力者がそろっていてこの前の大会(全日本学生TT)とはレベルが違った」

「(試合前から)優勝を狙うには厳しいと思っていたので全力で前に行くことだけを心がけていた」

「ランでつぶれるかもしれない(結果つぶれた)と分かっていたけどスイムとバイクで攻めることができたので満足。悔いはない」



【渡邉卓朗】
posted by スポダイ at 18:02| トライアスロン部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする