2005年11月30日

軟式野球部 秋季新人戦を圧勝で優勝!!

DSC_0046121.jpg
           1年生ながらチームの大黒柱になった稲垣

 11月28日(日)、東京電機大学グラウンドで秋季新人戦(1、2年のみ出場可)が行われ、武蔵大学を相手に熱闘が繰り広げられた。

 決勝の相手は武蔵大学。強豪の東京電機大学を倒し勢いに乗る。本学はここまですべての試合をコールドで勝ち上がってきた。来年の春季リーグを占う上で大事な試合だ。

 武蔵大学が先攻で始まった試合。本学の先発投手は天田(政治一)、捕手には大嶽(外英二)が起用された。天田はキレのよい速球とカーブで初回を抑える。その裏本学の攻撃は2番・高市(経営一)がセンター前ヒットで出塁すると、4番、5番の連続四球で2死満塁のチャンス。しかし6番・大嶽はセンターフライに倒れ、初回満塁のチャンスを活かせず。

 2回、2打者連続で凡打に打ち取ったが、3人目の打球を二塁手・菅原(社経二)がトンネルしてしまう。さらにその打球は右中間に転がり、不運なランニングホームランを許してしまう。(0−1)嫌な形で先制されてしまった本学だが、この回先頭打者の7番・後藤(企シ二)が2ベースで出塁すると、8番・天田がバントで投手の前に転がす。すると相手投手が一塁へ悪送球をしてしまい、その間にランナーが生還する。(1−1)続く9番・須長(国文一)は相手の意表をつくバントで出塁し1、2塁。ここで先ほどエラーで先制点を献上してしまった1番・菅原がきっちりバントで送り、1死2、3塁。2番・高市はセンターに犠牲フライを打ち逆転する。(2−1)この回さらに1点を加え3−1で終える。

 3回を三者凡退で抑え、このまま流れに乗りたい本学は6番・大嶽のライトオーバーの3ベースを放つと8番・天田もセンターオーバーの3ベースを放ち加点。(4−1)ランナーを3塁におき9番・須長は左中間にポテンと落ちるラッキーなヒットで5−1と相手を突き放す。1死1、3塁のチャンスに3番・稲垣(ス健科一)がライト前に運び、駄目押しの6点目を加えた。(6−1)

 その後も後藤、高市の活躍により8−2で迎えた8回、好投を続けた天田から大金(法律二)に交代。大金は8回、9回をきっちり抑え、8−2で快勝した!!

〜試合後のコメント〜

主将 今井(日文二)
「新人戦はミスが続かなかったのが勝因だった。樋下田(現経二)、高市、稲垣が頑張ってくれた。春につながる戦いができた」

副主将・捕手 大嶽
「事前の情報で足を使ってくるチームだと知っていた。ランナーを塁に出さなかったのがよかった。樋下田はコントロールが悪かったが、ここにきて安定してきた。練習中、走っている姿をよくみかけた。下半身強化でコントロールが安定してきた」
posted by スポダイ at 16:13| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軟式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10005340

この記事へのトラックバック