2021年04月06日

【硬式野球部】首都大学野球連盟春季2部リーグ 日本ウェルネススポーツ大学戦

日時:4月4日
会場:中栄信金スタジアム秦野


リーグ戦2連敗も、収穫を得た


ウェ大 100 000 000  |1
大東大 000 000 000     |0


DSC_5380_original.JPG






▲リーグ戦初登板も好投を見せた鎌田
DSC_5520_original.JPG






▲スリーベースを放ちベンチに笑顔を見せる池田


試合展開

 春季リーグ戦2試合目となる日本ウェルネススポーツ大学戦。本学はリーグ戦初登板となる鎌田(経営4)が先発した。初回いきなり相手1番打者に先頭打者ホームランを放たれ1点を失った。その後も2回までに3本のヒット、1つのエラーを許し、鎌田はランナーを背負いながらの苦しい投球が続く。しかし、3回以降は立ち直り、出塁を許す場面もあったが日本ウェルネススポーツ大学打線を完全に封じ込めた。結果的には9回1失点完投という公式戦初登板とは思えない安定した投球を見せた。攻撃では、得点圏にランナーを進めるもあと1本が出なかった。8回裏には先頭の7番田原(経営4)がレスト前ヒットで出塁し、8番三谷(経済3)が送りバントを決め、その後ヒット、四球で2死満塁のチャンスを作った。しかし、相手投手の好投もあり、同点、さらには逆転に繋げることはできなかった。リーグ戦2試合を通して挙げた点は1点と打撃面で苦しんではいるが、本学1番打者池田(法2)の連日の安打や公式戦初登板での鎌田の好投など今後の試合に向けての収穫を得ることができた。


コメント


毛利志龍(国際4)

初回先頭打者にホームランを打たれたが、その後はすぐに切り替えることができた。しかし、流れを引き寄せることができないまま試合が進んでいってしまった。5回終了後の円陣では、「自分達はチャレンジャーであり、負けることは当たり前くらいの気持ちで気楽に行こう」ということを選手に伝えた。次戦からはまた切り替え、一から整理をしてリーグ戦を戦っていきたい。


鎌田大輝(経営4)

リーグ戦での登板が初めてだった。そのため、入り方が分からないまま初回に臨んでしまい先頭打者にホームランを打たれてしまった。しかし、ホームランを打たれたことで目が覚め、すぐに切り替えることができた。今日の試合では、ランナーを出した中でも、打者をフライや内野ゴロに打ち取れたことが収穫だった。今後は9イニングを無失点で投げきることが理想ではあるが、気負い過ぎず試合にベストな状態で挑めるように調整していきたい。


池田悠真(法2)

今回の春季リーグ戦が初の公式戦出場となったが、落ち着いて試合に臨むことができ、2安打という結果に繋がったと思う。打席には繋ぐことを意識して入った。2安打という結果は良かったが、凡退した2本のセカンドゴロが自分らしいバッティングではなかった。今後のリーグ戦では1番バッターとしての役割を果たせるようにがんばりたい。



posted by スポダイ at 16:37| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

【硬式野球部】首都大学野球連盟春季2部リーグ 明治学院大学戦

日時:4月3日
会場:中栄信金スタジアム秦野


リーグ戦初戦、惜しくも黒星スタート


大東文化大学 000 001 000  |1
明治学院大学 000 002 10×  |3


DSC_5380_original.JPG



  


▲粘りのピッチングを見せた西川


試合展開

 本学は前半、立て続けにヒットで出塁するも、3つの併殺打など明学大守備陣にはばまれ、チャンスを広げることができなかった。守りでは、今シーズンリーグ戦開幕投手を務めた西川(国際4)が好調の立ち上がりを見せ、5回まで明学大打線をテンポ良く封じた。そして、西川の好投、安定した守備からリズムを作った本学が均衡した試合の中、6回表に流れを引き寄せる。1番の池田(法2)がセフティーバントを試みると相手捕手のエラーを誘い、ノーアウト2塁とチャンスを演出。その後、2番皆川(社会4)が送りバントを決め、3番小町(文3)がライトに犠飛を放ち、本学が貴重な先制点を奪った。しかし、先制した直後の6回裏、明学大打線にツーベースヒットなど計4安打を放たれ、2点を失い逆転を許す。7回裏にも1点を追加され、点差を2点と広げられた。その後、西川に代わった野田(スポ科4)が好投するも、明学大に傾いた流れを本学が再び引き寄せることができず、1−3で敗れ今シーズン春季リーグ戦は黒星スタートとなった。


コメント


主将 毛利志龍(国際4)

「現チームでは公式戦経験の少ない選手が多く、挑戦者として戦った結果だったので、次戦切り替えて試合に臨みたい。特に守備では攻めることができていたので、その面はプラスに捉えることができる内容だった。新チームの強みは、投手を中心に守備でリズムを作り、攻撃に繋げるというチームなので守備には自信がある。今シーズン、まずは1部昇格を目指して大東らしい野球をしていきたい。」


西川英志(国際4)

「今日の試合では、打撃で取った1点をどう守るかが勝負だったが、そこで失点してしまったため、今日の負けには責任を感じている。試合には2年生の頃から試合に出場していたので、自分が引っ張っていこうという気持ちで臨んだ。今シーズンは勝ちにこだわりながらも楽しい野球をしたい。」


監物靖浩監督

「公式戦未経験の選手が多いので、まずはリーグ戦の戦い方を知ることが大事。そのため、一戦一戦の経験を次に繋げていきたい。その面では今日の試合を通して、なんとか戦っていけるという感覚を掴めたのではないかと思う。良かった点としては、アンラッキーな部分もあったが、西川の投球に安定感があり、安心して見ていられた。春季リーグ戦では5月末までしがみついて、入れ替え戦を越えることのできる力をつけていきたい。」



【樺沢雄大】

posted by スポダイ at 09:51| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする