2021年01月31日

【男子サッカー部】第53回東京都大学サッカー連盟リーグ戦1部 最終戦 東京経済大学戦

日時:12月6日(日)13時00分キックオフ
会場:東京経済大学武蔵村山キャンパスグラウンド


最終戦、見事有終の美を飾る!

  〜GK丸山は高知ユナイテッド加入が決定!〜


大東文化大学 2-0 東京経済大学

前半37分 横田紘己
後半15分 横田紘己

DSC_2059_original.JPG


(野島に今日の活躍選手として推され
    期待通りの活躍をみせた横田)





試合展開

リーグ戦最終節、天候にも恵まれた中4年生にとっての最後の公式戦となる今回は、アップから笑顔が絶えず、和やかな雰囲気で試合がスタートした。

試合はセンターバックの一角を担っていた4年生の野島樹哉が前日の練習で負傷してしまい、ベンチから声援を送る苦しいスタートとなった。

相手ボールでのキックオフでスタートとなったこの試合は前半から膠着状態が続く、中盤でボールを支配していた両チームとも、なかなかゴールに迫ることはなく、何本かあったピンチも本学のゴールキーパーの丸山聡太朗が落ち着いてセーブをし、セカンドチャンスを作らせなかった。前半37分アップ時に今日の試合のキーマンと野島選手が語っていた横田紘己が先制点を決める。左からのコーナーキックに中央でヘディングで合わせゴールマウスへ、キーパーにはじかれたボールを横田紘己が押し込んだ。前半は相手に見せ場という見せ場を作らせず、1−0で折り返した。

後半交代で萩野稜央が投入された。前線からの献身的なプレスで攻撃陣を引っ張り、チャンスを何度か演出するもなかなか追加点は奪えない。しかしそれでも本学の攻勢は緩む事なく後半16分、右サイドからのクロスをファーサイドでフリーで走りこんでいた横田紘己が合わせ追加点を奪った。

その後、試合には4年生が途中交代で続々と出場し、大東文化大学サッカー部としての最後の雄姿を見せ、試合は2−0で引退試合を終えた。

DSC_2110_original.JPG


(主将としてチームを引っ張った小堀)




確かに今年は関東昇格プレーオフに進む事が出来ず、コロナの影響も相まって成し遂げたことは少なかったのかもしれない。しかし、それでも選手たちは足を止める事なく戦い続け、最後まで全員で乗り切った。
その経験こそが、一番の成し遂げたたものだったといえるだろう。選手たちのこれからの活躍に、ワクワクが止まらない。

DSC_2188_original.JPG







丸山聡太郎 高知ユナイテッドFCへの加入が決定!

DSC_1828_original.JPG







 本学男子サッカー部の4年生で守護神を務めた丸山が、来季よりJFLの高知ユナイテッドへ加入することとなった。
今後の活躍に期待が高まります!!


丸山聡太郎選手 コメント

Q.この4年間を振り返って

サッカーはもちろんのこと、学校生活でもかなり充実した4年間になりました。部活動では4年間で関東に上がるという目標こそ達成できませんでしたが、その目標に向かって努力した日々は全く無駄ではなく、個人としての成長や、一つの目標に向かって仲間と切磋琢磨するすごく貴重な時間となりました。この4年間で特に自分の中で変わったなと思うことは考え方の部分かなと思います。ただサッカーを感情的にやっていても上手くならないことを知り、いろんな考えを持つようになりました。これからもいろんな考え方に触れ、自分という人間の幅と厚みを出していければいいかなと思います。


Q.今の心境

ラストシーズン、思うように結果が出ずに不甲斐ないが、これもしっかり糧にして次のステージで頑張ります。自分はまだまだ夢半ばなのでしっかりその目標を叶えれるように1日、1日を頑張っていきます。



【小山智也/竹沢優伸】

posted by スポダイ at 16:30| 男子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

【スケート部】第44回全日本ジュニアスピードスケート選手権大会

女子マススタートで福田が優勝

JOCジュニアオリンピックカップ

 第44回全日本ジュニアスピードスケート選手権
 期間:2021年1月9日(土)〜11日(月)
 場所:青森県八戸市
 会場:YSアリーナ八戸



スケート部(スピード部門)は、全日本ジュニアスピードスケート選手権大会に出

場。女子マススタートにて福田琴音選手が優勝、金野日南選手が第2位となった。

優勝福田 右 2位金野 左.JPG








【主な結果】

女子1500m

 第5位 福田琴音(教育学科1年)2分04秒60


女子マススタート

 第1位 福田琴音(教育学科1年)   6分48秒66 スプリントポイント30点

 第2位 金野日南(スポーツ科学科1年)6分48秒77 スプリントポイント20点

 第5位 川村小波(英語学科1年)   6分49秒31 スプリントポイント4点



福田琴音のコメント

今回、第44回全日本ジュニアスピードスケート選手権大会において女子マススタートレースで優勝することが出来ました。1500m、3000mの個人種目では納得のいく結果が出ませんでしたが、最後のレースで納得のいくレースを出来て良かったです。残りの大会も最後まで頑張ります。応援よろしくお願いします。


金野日南のコメント

今回、第44回全日本ジュニアスピードスケート選手権大会、女子マススタート競技において第2位になることができました。単種目では悔しい思いをしましたが、このような形で最後のジュニアの大会で表彰台に登って終わることができ嬉しく思います。今シーズンも残りわずかですが気持ちを切らさず頑張ります。応援よろしくお願いします。




次回の競技会は、第76回国民体育大会冬季大会スケート競技会(岐阜県恵那市、1月

28日〜31日)になります。


※情報提供:スケート部


【長橋旺延】
posted by スポダイ at 18:10| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スケート部】第88回全日本スピードスケート選手権大会

ウイリアムソンレミが女子5000mで3位


第88回全日本スピードスケート選手権大会

 期間:2020年12月28日(月)〜30日(水)
 場所:北海道帯広市
 会場:明治北海道十勝オーバル



ウイリアムソンレミ(英語学科3年) 女子5000m 第3位


ウイリアムソンレミ、稲川くるみ(スポーツ科学科3年)は、ワールドカップ第5戦(開催中止)の日本代表選手の出場条件をクリア。



【主な結果】

女子500m
 第5位 稲川くるみ(スポーツ科学科3年)38秒45

女子1000m
 第6位 稲川くるみ(スポーツ科学科3年)1分17秒48

女子3000m
 第5位 ウイリアムソンレミ(英語学科3年)4分12秒94

女子5000m
 第3位 ウイリアムソンレミ(英語学科3年)7分17秒90

レミ表彰後.JPG












女子5000m第3位 ウイリアムソンレミのコメント

今回の5000Mでは表彰台に登ることができましたが、7分10秒を切ることが目標だったため課題が残るレースとなりました。今シーズンは平均的に7分10秒付近で滑ることが出来ていた事や、3000Mの調整が上手くいきシーズンベストだった事を踏まえて5000mも勢いに乗りたいところでしたが調整の難しさを感じました。今シーズンの大会は残り2大会となりましたが、来年のオリンピックシーズンに向けて最後まで気を抜かずに上を目指して練習していきたいと思います。応援ありがとうございました。




次回の競技会は、現在青森県八戸市で行われる、JOCジュニアオリンピックカップ第44回全日本ジュニアスピードスケート選手権大会になります。


※情報提供:スケート部


【長橋旺延】
posted by スポダイ at 17:56| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

【女子サッカー部】 第29回全日本大学女子サッカー選手権大会 静岡産業大戦

日時:1月4日(月) 11:00キックオフ

場所:味の素フィールド 西が丘




快挙のベスト4

                                                                                                                    初のインカレ決勝進出を目指し本学サッカー部楓昴(ふうすばる)は西が丘へ乗り込んだ!!!!!

DSC_2568.JPG






大東文化大学 2 静岡産業大学


前半

7分 失点


後半

17分 浅田真理奈

19分 失点

DSC_2480.JPG


(得点後のシーン)




試合展開

前半から静岡産業大に攻め込まれる展開となった本学。

前半7分に相手コーナーキックを与えてしまい、ショートコーナーからファーサイドでヘディングを合わせられてしまい、前半開始から追い上げる展開となった。

前半終了間際本学が何本かチャンスを作るが決めきれず、1点ビハインドで前半を終了する。

後半開始から何本かチャンスを作る本学、後半6分に放ったシュートは惜しくもバーを叩くが、本学に流れが来ていることは明白だった。

後半17分には見事な裏どりから本学の浅田選手が同点弾を奪った。

しかし、19分に逆転ゴールを奪われ、本学は後半オフェンスの人数を増やしゴールを目指したが、追加点を取ることはできず試合は2−1で終了した。


インタビュー

中村姫花選手

DSC_2451_original.JPG







・昨年ケガでなかなか出場できなかった中、今年のインカレでした。今年1年を振り返って

「チームのみんながいたから頑張れた。試合にも行けず、チームメイトと離れる事もあった一年だったが、それでもみんながチームのために頑張った。そんな仲間がいたからみんなで頑張れた」

・インカレでの試合について

「インカレでの勝利はみんなで勝ち取った勝利。ピッチ内も、ピッチ外も、高坂で待っていた人も全員で戦って出した結果」

・後半にはゴールに迫ることが増えました

「なんとしてでも点を取ってやろうと思っていた。後半に入ってきた選手も下級生だったが任せられる頼もしい存在。」


合田蒼乃選手

DSC_2539_original.JPG







コロナで活動が大変だった1年でしたが、今年1年を振り返って

「支えてくれた人のおかげのおかげで開催できた大会だった。自分たちだけで活動ではない。周りの方に感謝したい。」


今日の試合について

「相手の勢いに対応できずに失点してしまった。そこから自分たちの攻撃ができるようになったが、点を決めきれなかった」


キャプテンとしてどのようにチームをマネジメントしたか

「今年は、試合に行けなかったり、応援もできないこともあったが、みんなで戦っていることを伝え続けた。」


4年生の存在

「4年生は本当に頼もしかった。ケガして出れなかった人もいるし、チームを支えるために努力してくれた人もいた。全員ができる最大限の事をしてくれた。」


ベスト4について

「西が丘に立つ事をずっと目標にしてきた。最後にここでできた事は幸せ、みんなのおかげでここまでこれたので感謝して終わりたい」


川本竜史監督


選手たちに練習期間に言い聞かせていたこと

「インカレだから特別なことではなく、リーグから続けて、一個でも上に進むために勝負をすることを心掛けてきた」


今日の試合について


「一点目での入りが悪かった。相手の特徴であるパスワークにやられてしまった。」


快挙であるベスト4について

「念願の地である西が丘に来れたことについては、4年生にとっては一つの成果になった。ただもう1段上に行きたかった」



対戦相手 静岡産業大学 乘越令奈 選手

DSC_2442.JPG






・試合を振り返って、大東文化大学と対戦した印象

「早い時間で先制する事ができ、自分たちにとって良い方向にゲームを進める事が出来たが、大東文化大学さんはプレッシャーが早くて球際も強かったのでそれに押される時間もありました。」

・本学の池田千織選手とは神村学園高校時代の先輩後輩対決となりましたが、意識していた部分だったり、話したりとかはありましたか?
「ゆっくりお話しする時間はなかったですが試合前に会いましたし、意識していたので、負けたくないなという思いはありました。」

・決勝戦に向けての思い
「この一年は止める。蹴る。という基本的な事を徹底したことで基礎的な力はかなり上がった。初めての舞台でまだ信じられないですが、インカレで戦った相手校さんや地方の大学さんの思いを背負って決勝に挑戦したい。」




【竹沢優伸・小山智也】
posted by スポダイ at 01:49| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする