2020年10月23日

【硬式野球部】首都大学野球連盟秋季リーグ戦2部 日本ウェルネススポーツ大学戦

日時:10月21日(水)10時30分
会場:越谷市民球場


こまち1号 目指すは秋田

  江村は6回1失点の好投


ウェルネス大 001 000 000  |1
大東文化大学 000 000 21×  |3


 先週は雨天、そして先々週は台風により試合が中止だったこともあり、第2回戦の玉川大学戦以来、約3週間ぶりのリーグ戦が行われた。そして江村伊吹(北越)は開幕戦以来の登板。前回登板ではコロナ禍における実戦不足から4回1/3を5失点と安定せず、今回の試合でどのような投球を見せるかが注目されていた。
 そんな江村は3回にタイムリーを許し1点を先に失うも、その後はぴしゃりと相手打線を抑え、6回1失点の好投を見せ、10月26日のドラフト会議を前に大きなアピールとなった。
 そして1点ビハインドで迎えた7回、6番の小町竜悟(浦和学院)が今大会1号ソロで江村の黒星を消す。そしてその後逆転に成功した本学は、2番手の山中愛斗(有明)が危なげなくクローズ。今大会2勝目を挙げた。
 期待の2年生、小町は今季スタメンに名を連ねるなど着実に成長を見せる。一昨年、瞬足強打で活躍を見せた秋田宙(興譲館/18卒)をめざし”向上”の一年となってほしい。

インタビュー
江村伊吹選手

Q.先週、先々週の試合が荒天で延期になってしまった事は、どのように捉えていましたか?
試合が出来なかったことは残念ですが、仕方の無いことなので、切り替えて練習しようと思いました。

Q.では、その間に取り組んだ事はありますか?
フォームの見直しです。

Q.ウェルネス大学との対戦は初めてだったかと思いますが、そう言った意味で何か対策や特別な思いはありましたか?
初めてでしたが、どのチームとやっても自分がしっかりと投げて抑えるということには変わりないので、相手を抑えることだけを考えていました。

Q.6回1失点という結果についてどのように捉えていますか?
結果だけを見れば良かったとは捉えられますが、内容的には納得出来るものではなかったので悔しいです。

Q.1失点で敗戦投手という可能性もあった中での小町選手のホームランについて一言。
味方が点を取ってくれると信じていたので、ホームランは予想していませんでしたが、素直に嬉しかったです。

Q.いよいよ数日後に迫ったプロ野球ドラフト会議について、今の心境は。
ドラフトが近いですが、自分で何もすることはできないのでただ待つだけです。

本日24日、Wグループ 最終戦、明治学院大学戦となります!!

情報提供:硬式野球部

【小山智也】




posted by スポダイ at 21:01| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする