2020年08月29日

【女子サッカー部】第26回 関東女子サッカーリーグ戦2部 開幕戦 東京国際大学戦

日時:8月23日(日)16時00分キックオフ
会場:東京国際大学坂戸キャンパス第3グラウンド


開幕戦でリベンジ果たした!

明日、日体大戦も昨季インカレのリベンジ果たし、

ロケットスタートだ!!!



 2週間前に行われた、皇后杯の埼玉県予選決勝で本学イレブンは東京国際大学に0-2の完敗を喫した。その時から選手たちはこの関東リーグ開幕戦でのリベンジを誓っていた。そして迎えたこの試合。楓昴にとって関東リーグ初めての試合でもあったこの試合で選手たちは躍動し、見事勝利を掴みとった。
 明日には関東大学女子サッカーリーグ戦が開幕する。相手は昨年のインカレで激闘の末敗れた日体大だ。
しかし、昨年の関東大学リーグでは金星をつかみ取っていた相手でもある。皇后杯埼玉県予選での悔しい敗退。強敵日体大との開幕戦。舞台は整った。昨年と同じように、ロケットスタートを決められるか。


※新型コロナウィルス感染症への対策として、現地での取材は行わず、女子サッカー部より情報提供をして頂きました。



大東文化大学 2-0 東京国際大学

前半37分 合田蒼乃 
後半44分 深谷綾乃

スタメン

GK 石垣

DF 久保田齋藤く浅田

MF 加藤合田渡辺池田

FW 宇津木中村



試合展開

前半37分、チームの勢いとなる先制点。攻め込まれる時間も集中した守備で守り抜く。後半から選手を入れ替え総力戦となったが、試合終了間際に追加点を取り、関東リーグ初戦を勝利で収めることが出来た。


インタビュー

川本竜史監督

・どのような思いで試合に臨んだか。

15年目にして迎える記念すべき関東リーグ初戦であり、皇后杯予選のリベンジ機会であり、大学リーグへ向けての最終準備として臨んだ。


・試合を振り返って

皇后杯予選の反省を活かしながらある程度うまくゲームを進められた。また展開というよりは決め打ちで選手交代したが、最後までバランスを保つことができた。


・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

サッカーができることに感謝して、「一戦、必勝」の精神で行けるところまで行きます。


・この試合のターニングポイントとなった場面は。

先制点と追加点かな。四年生が仕事をしてくれました。


合田蒼乃主将(スポ科4)

・どのような思いで試合に臨んだか。

皇后杯予選で負けている相手だったので、まずはリベンジする気持ちでした。また、本当は4月に開幕予定だった関東リーグの試合だったので、やっとこの舞台で試合ができると期待感もありました。


・試合を振り返って

試合全体を通して、攻め込まれるシーンやピンチが多かったり、パスが合わなかったりする場面があったので課題がよく見えました。

ですが、2点取ってしっかりと勝ち切れたのは良かったと思います。


・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

次はいよいよ関カレが開幕するので、開幕戦勝利して良いスタートが切れるようにチーム全員で戦います。


・得点のシーンなど、自分の活躍したシーンについて解説

れいなからのフリーキックがドンピシャで目の前に来たので、決めるだけでした。


活躍した選手 石垣穂乃香選手(スポ科3)

・どのような思いで試合に臨んだか。

皇后杯予選の時はベンチで負けるのを見ることしか出来なかった。今度は自分がピッチに立って勝ちたいという思い。やっと試合に出れることの嬉しさと楽しみが大きかった。


・試合を振り返って

試合前にたくさん声をかけてもらって、期待に応えたい思いでいっぱいだった。今まで練習してきたことを発揮することができ、無失点に抑えられたのは1つの成果。この気持ちを忘れず、ここからがスタートだと思ってどんどん上を目指したい。


・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

「準備」という目標を掲げて3年目。

そろそろ準備の意味合いも変わってきた。

どんな立場でも準備することをこれからも続けて、チームを救う選手になりたい。


・得点のシーンなど、自分の活躍したシーンについて解説

前半、左サイドから突破され11を止めたシーン。すぐ起き上がってこぼれ球のシュートにも対応できた。セカンドボールの対応はずっと課題で、練習でもかなり意識していたこと。あのプレーから完全に波に乗った。いつも一緒に練習してくれているキーパーのみんなに感謝したい。


【小山智也】




posted by スポダイ at 09:30| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

【女子サッカー部】皇后杯JFA第42回全日本女子サッカー選手権大会埼玉県予選 兼 第40回埼玉県女子サッカー大会 東京国際大学戦

日時:8月11日 18時00分
会場:SFAフットボールセンターKAZOヴィレッジ


前日の試合では辛勝も…

     気持ち続かず東国大に完敗

関東リーグでのリベンジを誓う


前日に行われた1.FC川越水上公園メニーナU18との試合ではPK戦にも及ぶ死闘を制した本学イレブン。
暑さなどによる疲労もありつつも、何とか気持ちを整えて、昨年同大会を制した東京国際大学と雌雄を決することとなった。


※新型コロナウィルス感染症への対策として、現地での取材は行わず、女子サッカー部より情報提供をして頂きました。


大東文化大学  0-2  東京国際大学


前半

10  失点

18  失点


スタメン

GK      斎藤

DF 久保田 齋藤く 鏡 浅田

MF 加藤 合田 渡辺 池田

FW    宇津木 中村


選手交代 

後半11分 加藤三尾

後半17分 池田竹内

後半23分 久保田石井

後半25分 渡辺高野



試合展開

前半から失点が続いたが取り返そうと何度かチャンスをつくるも決めきれない場面が続いた。後半1年生を投入し流れを変えようとするも中々点が決まない状態が続き前半の失点を取り返すことはできず課題のみえる試合となった。しかし、試合が再開したことにより徐々に試合に出場し経験を吸収していく1年生たちには大きな期待がかかる。


インタビュー

川本竜史監督 

1FCとの接戦を振り返って

PK戦でかろうじて勝ったが、印象としては負けゲーム。暑さやトレーニング不足はあったが、それ以上に相手のパフォーマンスが素晴らしかった。

・どのような思いで東国戦に臨んだか。

気持ちに賭けた。それ以外の要素で勝てるとは思えなかったから。

・試合を振り返って

早い時間帯に失った2失点とゴールを奪えなかったことが全て。終わってみれば、半年近くトレーニングできなかったことと、自慢の応援の力の大きさを痛感した。

・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

失った時間を嘆いても何も生まれないし、いつシーズンが終わってもおかしくない中で、サッカーができる環境に感謝し、時間を大切にすること以外に何もない。

・この試合のターニングポイントとなった場面は。

この試合に限らず、大会を通じて安易に失点してしまったところ。毎年トレーニングを重ねてギリギリのところで戦ってきたので、今回勝てなかったことで、図らずもトレーニングの重要性や、今までやってきたことは間違いじゃなかったんだと、逆に気づくことができた。


合田蒼乃主将

1FCとの接戦を制した試合を振り返って

なかなか自分たちのサッカーをやらせてもらえず、試合全体を通して押されていた中でも、チーム全体で気持ちを切らさずにプレーできたことが勝ちに繋がったのではないかと思います。

・どのような思いで東国戦に臨んだか。

タイトル奪還の為にも、とにかく強い気持ちで戦おうという思いで臨みました。

・試合を振り返って

この皇后杯予選を通して少しずつはチームとしてのコンディションが上がってきてはいましたが、まだまだ守備でも攻撃でも課題のみえる試合になりました。

・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

今回の敗戦で自分たちのやるべきことが見えたので、足りないところを突き詰め、次の試合では勝てるように頑張りたいです。

・得点のシーンなど、自分の活躍したシーンについて解説

2試合を通して、中盤での競り合いで勝てたシーンがあったのは良かったと思います。

ですが、まだまだ負けていた時も多くあったので勝てるように頑張ります。


斎藤紗絵選手

・どのような思いで試合に臨んだか。

約半年もたってしまったけど新チームになって初めての公式戦だったのでタイトルを取りたいと思っていた。サッカーができない中でも決勝まで勝ち進めたので、絶対に勝つという意気込みをもって臨んだ。

・試合を振り返って

前半10分というはやい段階に失点をしてしまって、そのあとも前半のうちに2失点目をしてしまって、そこまで難しい失点の仕方ではなかったので、防げていればゲームの流れが変わっていたかもしれないので後悔をしている。

・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

次の試合が関東リーグで相手が東京国際大学さんなのでリベンジしたいです。

関東リーグの次の週には関カレも開幕するので、関カレのイメージをして無失点で戦い抜きます。

・得点のシーンなど、自分の活躍したシーンについて解説

すいません、特にこれといったプレー

シーンがありませんでした。




情報提供:女子サッカー部

【小山智也】
posted by スポダイ at 07:30| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

【男子サッカー部】アミノバイタルカップ1回戦 創価大学戦

日時:8月2日 15:00〜
場所:亜細亜大学日の出キャンパスグラウンド


待ちに待った再開初戦

 横田
    
               最高のスタートを飾る!!!



新型コロナウィルス感染症の蔓延に伴い延期になっていた試合が、無観客ながら遂に再開した。
男子サッカー部アミノ杯予選の初戦の相手は3部リーグ所属の創価大学。大事な今シーズンの勢いを誘う初戦ということもあり、負けられない試合であった。

※新型コロナウィルス感染症への対策として、現地での取材は行わず、男子サッカー部より情報提供をして頂きました。

大東文化大学  4-0  
      
前半1-0
後半3-0
                     
10分 荻野稜央→横田紘己
51分 荻野稜央→ 横田紘己
52分 小堀雄大→ 横田紘己
87分 額川賢哉→秋山蓮

スタメン
GK 41 丸山聡太郎
DF 34 横矢駿幸
DF  4  村山竜太
DF 68 柳真祐
MF  9  小泉靖弥
MF 16 尾崎秀太郎
MF  8  小堀雄大
MF 32 佐藤蒼太
FW 10 荻野稜央
FW 17 額川賢哉
MF 30 横田紘己

サブ
GK 41 神田一真
MF 20 渋谷康生
MF 46 石原優
DF  5  南利昇哉
MF  6 田口脩人
FW 11 中林敦也
DF 23 秋山蓮



試合展開

自粛あけ後初の対外試合で難しい試合になるとチームメイトと話していたので、いざ難しい試合展開になっても慌てなかった。先制点を早い時間取れたが追加点が取れず、押し込まれることもあったが守備を固め、攻撃に繋げ得点でき勝つことができた。
次戦の相手の相手の帝京大学が大会棄権をした為、本学のプレーオフ進出が決まった。

インタビュー

鈴木暢二 監督
今シーズン初の公式戦を迎えるにあたって、チームには日々引退試合、日々引退日、と伝えて活動していた。
選手達はとにかく雰囲気、自粛があけての何週間で勝負するのではなく、今日までのサッカー人生を出し切ってやろうと声をかけていた強い気持ちが結果へと結びついたのではないかと感じる。
これまでの粘り強い守備と前への推進力を今年は追求し、1試合でも多く戦っていけるよう活動できていることに感謝し勝利を重ねていければと思う。

小堀雄大主将
久しぶりの試合で試合感を掴むのが難しかったがチーム全体としてやるべき事を共有でき何より勝利で次へと進めた事が収穫だと思う。
次もチームとしていい準備をしていきたい。


横田紘己選手
再開初戦ということもあり、満足に練習ができない中での試合で不安もありましたが立ち上がりの早い時間に先制できて大きく崩れることなく自分たちのペースで試合ができたと思います。自分自身もゴールを狙っていたので結果が残せてよかったです。来週も暑くなり厳しいゲームになると思いますがいい準備をして必ず勝ちたいと思います。


情報提供:男子サッカー部

【小山智也】
posted by スポダイ at 16:30| 男子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

【女子サッカー部】皇后杯JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会埼玉県予選 大東文化大学、DBFC楓昴初戦



場所:SFAフットボールセンターKAZOヴィレッジ
日時:8月2日15時00分〜


待ちに待った試合再開!

ム観客でもムサタンに昨年のム念を晴らす!!


 新型コロナウィルス感染症の蔓延に伴い延期になっていた試合が、無観客ながら遂に再開した。初戦の相手である武蔵丘短期大学は、昨年の同大会で接戦の末敗戦を喫しており、選手たちはそのリベンジに燃えていた。
またDBFC楓昴も同じく試合が再開。けがを乗り越えDBFC楓昴の主将となった新城をはじめ、新生DBFCの成長にも期待が高まる。


※新型コロナウィルス感染症への対策として、現地での取材は行わず、女子サッカー部より情報提供をして頂きました。


大東文化大学 1-0 武蔵丘短期大学

前半15分 渡辺莉奈


(出場選手)

大東スタメン

GK 斎藤

DF 浅田齋藤久保田

MF 池田渡辺合田加藤

FW 中村宇津木


(選手交代)

後半 加藤宇田川 池田竹内


(試合展開)

前半の入りは良く、何度か良い形で攻めることが出来たが、なかなか点が決まらない状態が続いた。そんな中でコーナーキックのチャンスができ、決めきることが出来た。その後後半に行くにつれて、足も止まっていき攻められる展開が続いたが、なんとか1点を守りきり、試合を終えた。


〔インタビュー〕

川本竜史監督

・どのような思いで試合に臨んだか。

待ちに待った実戦だったので、思う存分に楽しんできてほしいと伝えました。


・試合を振り返って

大東の方は立ち上がりに良い形攻め込んで、あとはしのいだ感じ。DBの方は前半は粘り強く耐えていたけどラストプレーで失点し、後半は足が止まった感じ。


・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

厳しい連戦となるが、その厳しさも含めて真剣勝負できる環境に感謝して、思い切りプレーしてほしい。


・この試合のターニングポイントとなった場面は。

大東の方は先制点。DBの方は前半ラストプレーでの失点。


合田蒼乃主将

・どのような思いで試合に臨んだか。

なかなか思うような活動ができない期間でも、それぞれが試合に向けて取り組んできたことや、チームとして取り組んできたことが無駄ではなかったと言うことを今回の試合やこの先の試合も勝って結果という形で証明したいという思いで臨みました。また、このような状況で全員が会場に来ることができなかったので、来れなかった子の思いも背負って絶対勝ちたいと思いました。


・試合を振り返って

まずは1回戦勝つことができてほっとしてます。それでも久しぶりの試合で沢山の改善点が見つかり、まだまだ足りないことばかりだなと思いました。

それでも、久しぶりにみんなが疲れた〜って嬉しそうに言っている姿だったり、みんなで勝って喜ぶことができたのは嬉しかったです。


・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

今回惜しくも敗れてしまったDBの分もまずは県予選を絶対に勝たなければいけないし、この先もチーム全員で日本一を目指して目の前の試合に全力で臨みたいです。


・得点のシーンなど、自分の活躍したシーンについて解説

昨年から得意としてたセットプレーで得点できたことはよかったと思います。今シーズン初得点はりなに持っていかれました笑


渡辺莉奈選手

・どのような思いで試合に臨んだか。

→2月ぶりの試合で不安や緊張もありましたが

このチームで試合ができるということがとても嬉しいと素直に感じました。この試合ができることが当たり前ではないし、来れなかったメンバーの為にも感謝と去年の皇后杯予選で負けていたので絶対に勝たなければいけないという気持ちで臨みました。


・昨日の試合を振り返って

自分のパスミスや判断ミスなどでピンチを何度も作ってしまい、自分の現在のコンディションを再確認できたし、自分がこの試合でできたことが少なくて情けないし悔しいと感じることが多かったです。その中でも得点できたことは素直に嬉しかったです。しかし、今後自分が取り組まなければいけないことが明確になった試合にもなりました。


・次の試合(今後)に向けての意気込み

この試合を経て自分の課題やチームとしての課題が見つかった試合になって、今後良い内容の試合、試合に勝つための準備をできたらいいと思います。去年のような感じで試合はできないと思いますが、自分含めひとりひとりができることを最大限やっていくことが今後につながってくると思います。

自分自身ポジション的にチームの中心でプレーすることが多いので止める、蹴るの技術や、素早い判断、展開できる技術を練習してチームに貢献できるように努力していきたいと思っています。


・自分の活躍したシーンについて解説

れいな(鏡選手)からのCK

自分のところにピンポイントできて、合わせるだけでした。




DBFC楓昴0-5 1.FC川越水上公園メニーナ

前半42分失点 

後半14分失点36分失点40分失点44分失点


(出場選手)

GK 三友

DF 工藤田中田邊山口

MF 大久保木村志賀谷内

FW 新城山下


(選手交代)

後半 新城齋藤蘭 谷内小林花鈴

   大久保梨本 工藤坂本

   三友紺野



(試合展開)

前半の入りから相手に押し込まれる展開が続き、前半アディショナルタイムまでなんとか防いだが、ラストプレーで失点してしまった。

後半はメンバーチェンジをしながらなんとか追いつこうとハイプレスを仕掛けたが、それを逆手にとられ失点を重ねてしまい、結果0-5で惨敗でした。


〔インタビュー〕

DBFC楓昴主将 新城葉月選手

・どのような思いで試合に臨んだか

待ちに待った今シーズン初の公式戦。このような状況の中でもサッカーができる環境があることに感謝の気持ちを忘れずに、勝つ為の準備をチーム全員で考え工夫し臨みました。


・試合を振り返って

完敗でした。少ない時間の中で自分たちで考え工夫して試合に挑んだからこそ、悔しい気持ちでいっぱいでした。ですが、下級生や同級生の頑張る姿にとても背中を押されました。まだまだ伸び代が沢山あるチームです。もっともっとがんばります。


・今後への意気込み

残りの限られた時間を大切にしながら、一戦一戦に対して感謝の気持ちを忘れずに仲間と勝利の喜びを味わう為の底上げをしていきます!


・活躍したシーン

活躍できる場面が全くありませんでした。不甲斐ないです。しかし、ある場面の前半で守備のときに、副主将の中村姫花の顔が頭に浮かび、前からハイプレスをかけることができました。そのあとのプレーは酷かったですが、、、。気持ちがプレーに溢れ出てる選手は私のチームには沢山です。同じように私ももっと努力します!


三友采栞選手

・どのような思いで試合に臨んだか。

とにかく、DBとして試合に勝つ。その上で、今の自分ができることを精一杯表現しようと思い試合に臨みました。


・昨日の試合を振り返って

結果としては負けてしまい、自分の失点を悔やみますが、久しぶりの公式戦はとても楽しく、今の自分を表現できたと思います。


・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

今後、DBとしての試合があるかはまだ分かりませんが、あった場合は1試合でも多く勝ちたいです。また、関カレまではもう1ヶ月もないので、去年は入ることの出来なかったメンバーに入り、チームに貢献したいです。


・自分の活躍したシーンについて解説

1本目のシュートストップは、正直打たれた時は味方のDFに隠れていて、大体のタイミングと方向でとぶしか選択肢がありませんでした。なので、自分の手にボールが収まっているのを見て嬉しかったですが驚きもありました。

このプレーで自分自身、いつも通りに動くことが出来たと思います。



情報提供:女子サッカー部

【小山智也】

posted by スポダイ at 13:00| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする