2020年07月27日

【スポーツ大東編集部】7月号発行のお知らせ

7月号完成しました!
〜初の試み・在宅制作〜

7月20日、7月号無事完成しました。今回はすべて在宅で新聞を制作し、6面すべて企画面を掲載する前代未聞の号となりました。

1面では様々な部活動の選手の元気な姿を送ってもらうのとともに、今年度の目標を主将に伺いました。2面ではスポダイ部員が部活動の魅力が熱く語っています。また3面では今年度から入学した1年生特集を組みました。大会が再開した際にはぜひ注目してみてください。4面では選手のお家ごはんを伺いました。どれも美味しそうな上スタミナ満点ですので、一度作ってみては?5面は熱中症対策講座を掲載しています。マスクが手放せない今年の夏、ぜひ参考にしてみてください。6面では大東スポーツの平成史を辿りました。「あれ懐かしいな」などと読者の皆様に楽しんでいただければ嬉しいです。

ぜひ11月号はみなさまに試合の模様をお届けできればと思います。


《部員のコメント》

高橋芹奈(法律3)
【1面 、6面 面責】担当記事:3面 男子バスケットボール部、5面 男子バレーボール部

今回は新型コロナウイルス感染症の影響で試合が中止・延期が続く中でしたが、7月号無事完成しました。よかったです。11月号ではぜひ大会の取材を行えればと思います。少しでも収束に近づきますように。

丸山カノン(日文3)
【5面 面責】

まずは、スポーツ大東の制作に協力してくださった方々に感謝したいです。ありがとうございます。7月号は今までにない制作方法で、私も実家から新聞制作に関わったのは初めてでした。このような時期ではありますが、少しでも大東スポーツの事が伝えられていたら嬉しいです。

大島拓也(歴文3)
担当記事:1面 四季

今年度は予期せぬ形でのスタートとなりました。今回の7月号ではカラー面を含む全面で特集を組むという初の試みが行われました。2面は女子陸上競技部と女子サッカー部の担当が経験と情熱をもって語り、3面では次代の大東を背負うルーキー、4面でステイホーム中の選手の食生活、5面には夏を乗り越えるための取り組みをまとめました。そして、裏の6面がこれまでの大東スポーツの歴史を、表の1面がコロナを乗り越えた先へ進み歩もうとする選手の皆さんを記載しています。大東スポーツのこれからを担う選手たちの不屈の闘志と躍進への大望を少しでも感じていただけたら幸いです。選手の皆さんがコロナ禍の中で例年よりも一つ一つの練習や日々の生活を大事に頑張っています。私たちもその頑張りと新型コロナウイルス感染症に負けないように本学スポーツの魅力を伝えていきたいと思います。新型コロナウイルス感染症で苦しんでいる今だからこそスポーツという世界共通の分野を一緒に盛り上げていきましょう!


小山智也(政治3)

【2.4面面責】担当記事:2面 女子サッカー部、3面 ラグビー部、4面 男子サッカー部・女子サッカー部・硬式野球部、5面 男子サッカー部

新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、試合が出来ない中で、私たちに何が出来るのか、そして何をすべきなのか、という事を第一に考えて新聞制作を行いました。私が担当した2面は、今改めて知ってほしい大東スポーツの真の魅力を、担当記者が独自の目線で語り尽くしました。4面は健康管理に気をつける選手たちのお家ごはんをご紹介しております。他にも、試合がないからこそ選手たちがひと肌脱いで協力していただいた特集企画が目白押しです!是非ご覧になって下さい!また現在大学での配布が出来ない状態が続いております。ご興味のある方は、本ページのQRコードより、定期購読も是非ご検討下さい!


長橋健太郎(経営3)

担当記事:3面 アイスホッケー部

3面アイスホッケー部の記事を担当しました。3年の長橋健太郎です。今年度の活躍が期待されている一年生から話を聞けたことで、活動が再開してからの取材が楽しみになるような記事が書けました。是非読んでみてください。


西澤蒼馬(社会3)

担当記事:2面 陸上競技部女子長距離、3面 スケート部、陸上競技部男女短距離、5面 陸上競技部男女短距離、6面 テコンドー部

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大会が延期・中止となる中、スポダイは発行しました。すべてオンライン形式で取材を行いましたが、選手の皆さんは快く取材を受けてくださいました。深く感謝しています。新入生特集や部の魅力など豊富な情報量の各紙面、ぜひご一読ください。


新井美咲(経営2)

【3面面責】担当記事:4面 女子ラクロス部・アメリカンフットボール部、5面 剣道部

今回は、新聞完成まで部員同士が顔を合わせることなくオンラインでの会議や取材を行いました。初めての試みで、慣れない部分も多く、明確に考えを伝えられないことも何度かありましたが、無事に発行できたことを嬉しく思います。また、慣れないオンラインでの取材に、ご協力いただきましたこと、大変感謝しております。ありがとうございました。そして、個人としては、2度目の面責を担当しました。先輩方に手伝って頂きながら指示を出していましたが、前回より、少しだけ面責としても成長できたかなと思います。最後に、一刻も早く状況が回復し、選手たちが晴れ舞台で活躍できること、皆様の声援が直接彼らに直接届くことを心から願っています。


長橋旺延(日文2)

担当記事:3面 ラグビー部

今回の新聞制作は、さまざまな面で普段とは異なるスケジュールや取材方法での発行となりました。しかし、おおむね予定通りに制作できたので本当に良かったと思います。11月号ではぜひ直接取材したいと思います。


【高橋芹奈/丸山カノン/大島拓也/小山智也/長橋健太郎/西澤蒼馬/新井美咲/長橋旺延】
posted by スポダイ at 22:10| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする