2019年12月11日

【アイスホッケー部】2019年度関東大学アイスホッケーリーグ戦ディビジョン1.Bグループ 対東海大学 (2巡目)

東海大にPSSで敗北し

Bグループ2位でリーグ戦終了も、

5年連続入れ替え戦進出決定


日時:121日 1700練習開始

場所:ダイドードリンコアイスアリーナ


tokai siono.JPG




同点弾を決めた塩野











tokai tengo.JPG
得点が決まり喜び合う選手たち




大東文化大学 1−2 東海大学


             1分49秒 失点

15分33秒

背番号14塩野伊織(スポ科1)


PSS

大東大 1−2 東海大




Bグループ優勝の可能性を残したまま迎えた東海大学戦(2巡目)。1巡目では1対6で点差をつけられて敗北した本学だったが、引き分け以上で優勝または準優勝、そして入れ替え戦がきまる大事な1戦だ。開始早々東海大に先制点を許すがその後すぐに追いつき、その1対1のまま第3ピリオド終了。PSS(ペナルティ・ショット・シュートアウト)で決着をつけることに。茂木慎之介主将(スポ科4)が決めるも、12で本学の敗北となったが、勝ち点の問題により、2位で五年連続の入れ替え戦出場が決まった!


絶対に負けることが出来ない今回の試合。先手を取ったのは東海大学であった。開始1分本学ゴール前にて崩され失点。背番号51山崎絢志郎(スポ科2)と背番号30田代頌悟の二人でゴールに迫る場面も見られるも得点にはつながらない。膠着した状況の中、第1ピリオド15分東海大の反則で一人少なくなりチャンスを手に入れた本学。背番号14塩野伊織(スポ科1)が切り込みゴールを決め同点に追いつく。その後も積極的に東海ゴールに迫った本学だったが、追加点をいれることが出来ずに第2ピリオドへ。続く第2ピリオドでも本学が果敢に東海ゴールに迫る場面が多く見られた。第2ピリオド2分に最初のチャンスを手に入れる。それから10分に背番号3番LEEと背番号53狩谷が立て続けにシュートを放つも得点には結びつかない。決めきれないまま第2ピリオドを終える。

3ピリオドに入ると打って変わって東海大が一方的に攻める場面が見られ始めるもチーム全員で守り切り第3ピリオドを同点で終了。この時点で本学の入れ替え戦進出が決定。

同点に寄り迎えたPSS。両大学ともに3人ずつ選出し、交互に相手ゴールへショットを放つ。2人目の茂木が決めるも、東海大が二人決めたため、PSS21で東海大の勝利となった。しかし、PSSの敗北は勝ち点が1もらえるため本学はBグループ準優勝。そして五年連続入れ替え戦進出となった。


監督インタビュー

2位という結果について

初戦、神奈川大学とのPSSだったり、2巡目の青山学院大学戦残り12秒で勝ち越しを許したり、1試合、1試合大切に戦わないと、このような結果になってしまうことを改めて感じさせられた。


ーリーグ戦を終えての気持ち

今回で五回目の入れ替え戦で、去年と同じ日体大だけど、どんな相手と戦おうとも、目標としていたAグループに昇格してほしいと思う。


主将インタビュー

茂木主将

2位という結果について

正直とても悔しい結果でした。けどまた入れ替え戦に行けるというチャンスをチーム全員でつかむことが出来たのは良かったと思います。


―選手らの気迫がとても感じられる試合だったが試合前に話したことなどあれば

緊張してもしょうがないですし、この緊張を逆に楽しむ。いつもより見てくれる人が多かったのも含め、そういったいつもと違う時間をみんなで楽しもうと話しました。今回の試合最後まで勝ちたいという気持ちを切らさないほうが今日の試合勝つという話もしたのでみんなとても頑張ってくれていました。

―今日の試合について

お互いに攻めて守っての五人のぶつかり合いの試合でした。大東もチャンスあったんですけど、最後決めきるという所が、自分さちの弱みだと思うので入れ替え戦までの2週間。フィニッシュに力を入れて入れ替え戦勝ちたいと思います。


―入れ替え戦に向けての対策など

自分たちは体力に課題があって、2ピリオド途中までは良い流れでも、だんだんと足が止まってきて、第3ピリオドでばたばたすることが多いので、その体力不足や、パスの精度、細かい動きのところを修正できれば勝つチャンスはあると思います。


次戦の予定

2019年度関東大学アイスホッケーリーグ戦ディビジョン1.AB入れ替え戦

12月15日ダイドードリンコアイスアリーナにて1700練習開始

大東文化大学 対 日本体育大学


【長橋健太郎】

posted by スポダイ at 21:04| アイスホッケー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スケート部】2019/2020 ジャパンカップスピードスケート競技会 第3戦(恵那大会)


「 富田、3大会連続表彰台へ 」

 2019/2020 ジャパンカップスピードスケート競技会第3戦(恵那大会)が、2019年12月6日(金)〜8日(日)の3日間にかけて、岐阜県恵那市クリスタルパーク恵那スケート場で開催された。富田裕香(スポ科4)が女子3000m第2位、女子1500m第2位と3大会連続、2種目での表彰台に上った。原泰(経営1)は男子3000m第3位と2大会連続での表彰台に上った。

結果
▼男子1500m
Div.A
第8位 高橋孝汰(経営3)1分54秒95
▼女子500m
Div.A
第6位 桑原僚己(スポ科2)41秒33
▼女子1500m
Div.A
第2位 富田裕香(スポ科4)2分07秒98
第7位 賀来真穂(中国2)2分10秒79
▼女子3000m
Div.A
第2位 富田裕香(スポ科4)4分29秒17
第5位 賀来真穂(中国3)4分34秒88
第6位 熊谷帆乃香(スポ科3)4分36秒40

ISU ワールドカップスピードスケート競技会 第3戦
 期日:2019年12月6日(金)〜8日(日)
 場所:カザフスタン ヌルスルタン

▼女子5000m
Div,B
第5位 ウイリアムソンレミ(外英2)7分13秒12

選手コメント


JC3富田.JPG
▲富田裕香

富田裕香(スポ科4)
「2019/2020ジャパンカップスピードスケート競技会第3戦の女子1500mと3000mで第2位に入ることができました。連戦の疲労がある中でのレースでも戦えていることに少しずつ力がついてきたと感じるとともに、勝負所で勝ちきれないことが多くまだまだ力不足だと感じています。今年の最大の目標であるインカレまであと1ヶ月をきりました。4年間の集大成の大会です。この1ヶ月間、やれることは全てやり貪欲に総合優勝を目指していきたいと思います。引き続き、応援よろしくお願いします。」

JC3原.JPG
▲原泰(一番右)

原泰(経営1)
「2019/2020ジャパンカップスピードスケート第3戦の男子3000mで3位になることができました。前回のレースに比べ滑りは良くなってきてはいるのですが、まだまだ1番辛いところでペースが維持出来ていないのでシーズン中盤ですが、ペースが維持できるように練習を積んでいきたいと思います。応援よろしくお願いします。」

スケート部今後の試合予定

ISU ワールドカップスピードスケート競技会第4戦長野大会/12月13日(金)〜15日/長野市・エムウェーブ
 ウイリアムソンレミ(外英2) 
14日(土)女子3000m出場
※テレビ放映:NHKBS1(ライブ)
13日16:00〜18:45
14日16:00〜19:00
15日16:00〜19:20

第87回全日本スピードスケート選手権大会/12月26日(木)〜29日(日)/長野市・エムウェーブ
 本学から9名が出場 富田裕香(4)、能登若菜(4)、熊谷帆乃香(3)、中村開哉(3)、高橋孝汰(3)、稲川くるみ(2)、ウイリアムソンレミ(2)、賀来真穂(2)、桑原僚己(2)
※テレビ放映:BSフジ(スプリント選手権のみ)
28日14:00〜15:55
29日21:00〜22:55

第92回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)/1月5日(日)〜7日(火)/北海道・釧路市

【西澤蒼馬】
posted by スポダイ at 07:10| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする