2019年11月21日

【陸上競技部男女短距離】第103回日本陸上競技選手権リレー男子4継 事後取材

『 男子4継、5年連続入賞!
“強さを証明” 』

DSC_0033_original-min.JPG
▲4位入賞を果たしたリレーメンバー


 第103回日本陸上競技選手権リレーが10月26日から27日、福岡県北九州市の本城陸上競技場で行われた。本学からは、男子4継(4×100メートルリレー)、男子マイル(4×400メートルリレー)、女子4継(4×100メートルリレー)の3チームが出場した。男女ともに決勝進出を果たし、男子4継は4位、男子マイルは6位、女子4継は8位入賞を果たした。男子4継は、予選は2着で危なげなく予選を通過すると、決勝ではシーズンベストを更新し、4位入賞を果たした。男子4継は5年連続の入賞の快挙を成し遂げた。決勝を走った、前田涼平(社経4)、安田圭吾(スポ科2)、平野翔大(スポ科1)、假屋直幹(スポ科1)の4人に日本選手権リレーの振り返り、今後のシーズンでの意気込みを伺った。

結果
▼男子4×100メートルリレー
予選
(師田−安田−平野−假屋)39秒85(3組2着)
決勝
(前田−安田−平野−假屋)39秒46(4位)

━安田さん、平野さんは国体出場しましたが、振り返っていかがでしょうか。

安田 4継3連覇かかっていました。順調に決勝まで進んで、決勝で成年の方が怪我で出れなくて別の人に急遽変更でした。結果は5番でした。優勝したかったです。いつも国体の時は調子が良くなくて今年もそうでした。デンカチャレンジでは、1年間で1番落ち着いて200m走れました。
平野 準決勝で全体で10番でした。決勝にはいけなかったですが、戦えないことはないなと思いました。得意なスタートで上手くいかなかったです。U20日本選手権では、優勝の欲がでて全体的に固い走りになってしまいました。高校生に負けてしまったのが悔しいです。

━今大会の目標を教えてください。

前田 日本一を獲って2連覇することが目標でした。
安田 強豪の大学もあまり出場しないということで、チャンスでもありました。優勝だけを掲げていました。
假屋 昨年日本選手権リレーで優勝されている先輩もいるので、優勝目指して走ることを目標としていました。
平野 優勝して、来年のゴールデングランプリに走ることを目標としていました。

━決勝での走りはいかがでしたか。

前田 大きな大会で人生最後ですし、学生で最後だから楽しんでやろうとアップを取り組んでいました。走り自体記憶が飛んでいてないですが、楽しんで走れました。今までで1番いい走りができました。
安田 決勝は前田さんの走りを見てて、練習とかで見てる走りよりも速くて最後にいい走りを見せてもらいました。やってやるぞと気持ちになりました。昨年も黄良々(スポ科2018年度卒=現セレスポ)さんからバトンをもらった時に同じ気持ちになりました。それで今年で1番か2番目ぐらいにいい走りができたと思います。
假屋 前田さんの走りが速すぎて自分の気持ちが高まりました。優勝できるんじゃないかと思いました。隣の中大と同じタイミングでバトンをもらいましたが、最後は約10mぐらい離されて負けてしまいました。まだまだ実力が足りないと思いました。3位との差が0.01秒で悔しかったです。最後前田さんにすみませんと言いました。前田さんは「この悔しさを忘れるな来年頑張ったらいい」と言ってくださったのでこれがいまのモチベーションになっています。
平野 前田さん最後のレースだったのでせめて3位入賞したい気持ちが強かったです。前田さんの最後の走りは速くてすごいなと思いながら見ていました。安田さんからバトンをもらって最後肉離れをおこしてしまって、それがなければ3位入賞できたかなと思います。

━今年1年振り返り総括してどうでしょうか。

前田 悔いは絶対残したくないと思っていました。就職活動と重なっていたのでそこの両立をしなければ結果を残せないなと思っていました。個人としては3年時のタイムが自己ベストになってしまいましたが、今年は確実にレベルがアップしてるなと実感していました。全カレ、日本選手権リレーも走れて全体的にいい1年だったと思います。
安田 冬季に怪我をしてしまい長引いて春先まで引きずってしまいました。今年のシーズンはユニバーシアード、世界陸上と学生は世界大会が挑戦できる年でもありました。世界陸上は無理でもユニバーシアードに出場したいと思っていました。でも思うように結果が伸びませんでした。少しずつ昨年よりはパワーアップしてるかなでも、満足いくようなシーズンにならなかったです。陸上人生の中で初めて自分の記録に満足することなく終えてしまったなと言う年でした。自己ベストは出ましたがもっと上にいける。悔しさが残った年でした。
假屋 入学してきた時の新入生歓迎会で「1年生から4継メンバーとして試合に出る」と言いました。その目標が達成できたのが良かったです。全カレで4継に選ばれていい波に乗れたことが関東新人でいい結果につながったと思います。
平野 高校から大学への環境の変化で自己ベスト出せるかなと思っていましたが、結果として100.200mでベストを出せたことが良かったです。

━前田さんは4年間の陸上競技生活を振り返っていかがでしたか。

前田 苦しい時期が多かったです。でも終わりよければすべてよしというように、最後に自分らしい一番いい走りができました。苦しい時期を乗り越えたからこその走りができたのかなと思います。結果的に苦しかったですが、楽しかった4年間でした。関わったすべての人に恵まれた陸上生活だったと思います。日本選手権リレーが終わって陸上の楽しさが実感したので今後もやめられないですね。

━来年の個人とリレーの目標タイムと意気込みを教えてください。

前田 陸上と関係ない世界に進みますが、より良い方向に進むために試行錯誤していこうと考えています。
安田 100m10秒25きること。200mは20秒3台を挑戦します。来年、東京五輪があります、何かで選手として関われればいいなと、冬季練頑張ります!
假屋 100m最低でも10秒3〜2台、200mは20秒9〜8台です。チームの中でも怪我で走れてない先輩や同期がいるので負けないように冬季練苦手なウェイトなどを強化していきたいです。来年は何か1つ大会で優勝したいです。
平野 100m10秒3、200m20秒8を目指します。

ー本日はありがとうございました。

DSC_0030_original-min.JPG
▲ガッツポーズをするリレーメンバー

前田涼平(まえだ・りょうへい)※写真1番右
社会経済学科4年、新潟・東京学館新潟高出身、自己記録:100メートル10秒62、200メートル22秒23、ラストイヤー、リレーメンバーで大舞台で初出走。全カレ、日本選手権リレーと快走を見せた。今年度は主将としてチームを引っ張った。

安田圭吾(やすだ・けいご)※写真右から2番目
スポーツ科学科2年、東京・日本工業大駒場高出身、自己記録:100メートル10秒47、200メートル20秒83、今シーズンは、エースとして存在感を示した。来シーズンは“東京五輪”を目指し、さらなる活躍が期待される。

平野翔大(ひらの・しょうだい)※写真左から2番目
スポーツ科学科1年、熊本・熊本国府高出身、自己記録:100メートル10秒47、200メートル21秒27、第35回U20日本陸上競技選手権で100メートルに出場し、2位に入り表彰台に上った。国体でも自己ベストをマークするなど1年を通して飛躍する年になった。

假屋直幹(かりや・なおき)※写真1番左
スポーツ科学科1年、大阪・枚方高出身、自己記録:100メートル10秒55、200メートル21秒43、100メートル、200メートルと自己ベストをマークし、ルーキーイヤーで大きなインパクトを残した。


取材日11月14日

【西澤蒼馬】
posted by スポダイ at 14:40| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【陸上競技部男女短距離】第103回日本陸上競技選手権リレー 男子マイル 事後取材

『男子マイル6位入賞!
来シーズンへ弾みをつける』

DSC_0025_original-min.JPG
▲大東ポーズをするマイルメンバー

 第103回日本陸上競技選手権リレーが10月26日から27日、福岡県北九州市の本城陸上競技場で行われた。本学からは、男子4継(4×100メートルリレー)、男子マイル(4×400メートルリレー)、女子4継(4×100メートルリレー)の3チームが出場した。男女ともに決勝進出を果たし、男子4継は4位、男子マイルは6位、女子4継は8位入賞を果たした。男子マイルは、3年ぶりの入賞。男子4継に負けじと力を見せた。そんな、予選、決勝の舞台で走った、富岡優也(健康3)、細井ブライアン(経営2)、吉野颯太(社経3)、野田龍太郎(スポ科4)の4人に日本選手権リレーの振り返り、お互いの印象や今後のシーズンでの意気込みを伺った。

結果
▼男子4×400メートルリレー
予選
(富岡−細井−吉野−野田)3分10秒81(1組2着)
決勝
(富岡−細井−吉野−野田)3分10秒93(6位)

━今大会臨むにあたっての調子はどうでしたか。
富岡 今シーズン安定してタイムをだせていたのでそれで力は発揮できました。
細井 全カレでも調子が上がらなくて、調子は良くなかったです。
吉野 全カレでは調子は上がらなかったですが、大会前の調整で上手くいっていました。
野田 調子はすごく良かったです。最後のレースなので意地でも調子を上げたろっていう気持ちでした。

━日本選手権リレーまでに強化してきたところはありますか。
富岡 今年は記録を安定させることができたので、日本選手権リレーまでにつなげてくことを意識して頑張ってきました。
細井 今年は試合に自信を持って臨めませんでした。自信とかを意識しないで全力で走ることを心がけました。
吉野 食事を気をつけることとか、走りでは練習でラスト100mで他の選手を抜くことを意識して頑張ってきました。
野田 ラストスパートでスピードを上げることを意識して練習してきました。

━今大会の目標を教えてください。
富岡 メダルは確実に獲ることです。野田さんが最後なのでいい順位で渡すことが目標でした。
細井 決勝進出して、最低でもメダル穫ることでした。
吉野 メダルを目指すことと、1着でバトンを渡すことが目標でした。
野田 日本一。メダル獲得を目標にしていました。

━予選での走りはいかがでしたか。
富岡 タイム的にはそこまで速くなかったです。順位的にはいい位置で渡せました。レースプラン通り走れました。
細井 全カレでラストたれて抜かされてしまいました。今回も最後たれてしまい4着でバトン渡しになってしまいました。
吉野 予選は、監督からためてラスト抜かせとの指示が出ていたので、そのプラン通り走れました。
野田 前半ためて後半勝負のレースプラン通り走れたので良かったです。

━決勝での走りはいかがでしたか。
富岡 予選での課題を直していこうと考えていました。1番で渡すことで挑みました。でも上位で渡せなかったのでそこは力不足だと実感しました。
細井 ラスト100mたれないことを意識しました。それでラスト上げれたので予選よりいい走りができました。
吉野 決勝はタイム自体速くなかったですが、レースプランで今までで1.2を争うぐらいの走りができました。でも1着で渡せなかったのが、力不足だなと思いました。
野田 3着でもらえたのに、イマイチ力が出し切れなかったです。でも全力は尽くせたので悔いはないです。

━今大会の課題と収穫はみつかりましたか。
富岡 1走を任せられることが多かったです。周りのレベルも上がっていると感じています。もっと個人のスピードを磨いて来シーズンにいい記録を出してマイルにも生かしていきたいと思います。
細井 前半はついていけるんですけど、2走とか4走は強い選手が多いです。ラストおいていかれます。リレーは最後まで粘ることと、個人でも決勝まで残れる選手になりたいと思います。
吉野 課題は自信をつけるために冬季練習頑張っていきます。ラスト勝負で粘れる選手を目指していきます。
野田 3人のおかげで決勝まで残れました。最後入賞できてこのメンバーで走れて幸せに思います。

━野田選手にとって最後の日本選手権リレー入賞という結果についてはどう感じていますか。
野田 辛いことが多かったです。最後の1年が特に辛かったです。最後入賞できて、みんなで練習する日々が楽しかったです。でも練習は辛いです。けどそれを乗り越えたときの安心感とか達成感とかがすごく楽しかったです。最後まで陸上を続けられたことにいろんな人に感謝したいです。

━関カレ、全カレ、日本選手権リレーと同メンバーで挑みましたが、今季を振り返るとどうでしたか。
富岡 大会を積むにつれて、流れやテクニックが上手くなってきてメンバーの個々の力が発揮できるようになったと思いました。
細井 マイルは高校の時から走っていました。でも大学では周りの人が速くて打ちのめされました。それで自信をなくしていました。でも先輩たちが引っ張ってきてくれて、マイルは自分一人じゃないなと実感させられました。
吉野 関東インカレは自分のミスで予選敗退してしまい、悔しかったです。でも自分はこのメンバーの中で実力は一番下です。控えメンバーとも競い合ってきました。全体的にいいチームになったと思います。
野田 1年間やってきて安心感があります。関カレ、全カレはかみ合わなかったですが、最後かみ合って入賞できたので嬉しいです。

━個人種目をふり返っていかがですか。
富岡 ベストが出なかったのが残念です。でも今シーズンは記録が安定していたので、これを自信にして課題を見直して来年頑張っていきたいです。
細井 今年はダメでした。高校の時の自分にも及びませんでした。
吉野 今シーズン自己ベストは出せていましたが、納得のいけるタイムは出せませんでした。
野田 1年から3年まで100m、200mをずっとやっていました。今年から400m中心に走っていました。400mやったことでマイルの結果にもつながったので、良かったです。

━お互いのそれぞれの印象はどう感じていますか。
富岡 ブライアンは、すごくフレンドリーで真面目です。吉野は後輩や周りに対して気配りができて面倒みがいいです。野田さんは、練習に対する意欲が高く持たれていて自分も見習っていきたいです。
細井 富岡さんは、先輩後輩関係なく親しみを持ってくれて趣味とかも共有してて楽しい先輩だなと思います。吉野さんは、練習中
辛いのが好きらしくてそんなところで元気をもらってます笑。野田さんは、辛いときでも皆を励ましてくれてそれでついていこうと思える先輩でした。
吉野 富岡は、ライバルです。練習とか試合にも富岡には負けたくないなと意識しています。ブライアンは、フレンドリーで交友関係も広くて嫌な顔を見せないとか、雰囲気を良くしてくれる後輩です。野田さんは、途中で400mブロに入ってそれでも俺らを引っ張ってくれて尊敬しています。
野田 富岡は最初クールに見えましたが、以外にフレンドリーで気さくな性格です。ブライアンは、マジぬけとる色々と笑。一緒に遠征行くときがあったんですけど、ホテルの予約を違う日のとったり、飛行機も…。けど親しみやすいく、可愛らしいです。吉野は、鉄人。真面目やし、責任感が強い。主将を任されたので責任感が強い分周りを頼ってチーム作りをしてほしいです。
吉野 ありがとうございます!

━4年生と過ごした時間はどうでしたか。
富岡 学ぶことが多くて憧れな存在でした。練習のモチベーションに関しても良い影響を受けさせてもらい関われて良かったです。
細井 野田さんは、途中から4ブロに入ってきて練習中はそれまで会話することがなかったですが、入ってきてからちょくちょく話してくれて、いらいろいじってくれて好きになりました笑。
吉野 野田さんもそうですが、今年の4年生は優しいというか、包容力がある?受けとめてくれる先輩達で憧れる存在でした。

━新主将になってチームの目標は決まっていますか。
吉野 昨年も掲げていましたが、「日本一」を獲ることです。関東インカレでは2部に降格してしまったので1部に昇格することが、チームの目標です。

━意気込みを教えてください。
吉野 俺たちの代は先輩たちの包容力には遠く及ばないので、陸上部全体として全員で1部昇格を狙っていきたいと思います。

━野田さんは副主将でしたが、かける言葉はありますか。
野田 僕たちの代のようなチームにしたいというのは嬉しいです。でもいろがあると思います。自分たちの良さを生かしずつ自分たちなりにチームを作ってほしいです。

━野田さんは次のステップの目標、富岡さん、細井さん、吉野さんは個人とリレーの目標と意気込みをお願いします。
富岡 400mでは、46秒30。マイルは関東インカレ2部で大会新記録で優勝することを目標に頑張っていきます。
細井 今年の大会では決勝残れなかったので来年は常にファイナリストに残れる選手になりたいです。
吉野 400mで、46秒台をだす。47秒前半台で安定して1年間タイムを出すことが目標です。マイルは2部の大会新記録。全カレ、日本選手権リレーでメダルを獲ることを目標に頑張っていきます。
野田 1つ取り組みたいことがあります。自分は300mが得意で鹿児島国体の種目になるので、頑張って練習を続けて、出場することが目標です。

━本日はありがとうございました。

DSC_0027_original-min.JPG
▲部内で流行った「最強!」ポーズの発案者
野田さん(右から2番目)がやって下さいました。
・野田さんは「就活に臨む気持ちで取材受けるから(笑)」と記者の緊張をほぐしてくださいました。ありがとうございました!

富岡優也(とみおか・ゆうや)※写真1番左
健康科学科3年、神奈川・鵠沼高出身、自己記録:400メートル47秒28、今季200メートルで自己記録をマークし力をつけている。今季はレースにも多く出場し経験を積んでいる。マイルの主力として期待がかかる。

細井ブライアン(ほそい・ぶらいあん)※写真左から2番目
経営学科2年、群馬・前橋育英高出身、自己記録:400メートル47秒06、前橋育英高時代で3年時の山形インターハイでは、400メートル5位入賞と実績を残し、1年時からマイルの主力として活躍している。

吉野颯太(よしの・そうた)※写真1番右
社会経済学科3年、埼玉・深谷商業高出身、自己記録:400メートル47秒87、200メートル、400メートルと今季自己記録をマークし好調。主将に就任しチームを引っ張っていく。

野田龍太郎(のだ・りゅうたろう)
スポーツ科学科4年、三重・津東高出身、自己記録:200メートル21秒57、400メートル47秒59、チームの盛り上げ役を担い、チームの中心となったムードメーカー。ラストイヤーで400メートル中心に出場。自己記録をマークし、日本選手権リレーを入賞に導いた。

取材日11月13日(聞き手・西澤蒼馬)

【西澤蒼馬 新井美咲】

posted by スポダイ at 11:55| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【陸上競技部男女短距離】第103回日本陸上競技選手権リレー 女子4継 事後取材

『女子4継
2年ぶり8位入賞』

1573647093118[1]-min.jpg
▲笑顔を見せた 左から村上、吉田

 第103回日本陸上競技選手権リレーが10月26日から27日、福岡県北九州市の本城陸上競技場で行われた。本学からは、男子4継(4×100メートルリレー)、男子マイル(4×400メートルリレー)、女子4継(4×100メートルリレー)の3チームが出場した。男女ともに決勝進出を果たし、男子4継は4位、男子マイルは6位、女子4継は8位入賞を果たした。女子4継は昨年は予選落ち、今年は雪辱を果たす結果となった。今回は予選、決勝の舞台で走った、村上穂(スポ科3)と吉田のぞみ(スポ科3)の二人に今大会の振り返り、また新主将の村上穂には主将の意気込みなどを伺った。

結果
▼女子4×100メートルリレー
予選
(萩原−鶴田−村上−吉田)46秒08(3組3着)
決勝
(萩原−鶴田−村上−吉田)46秒56(8位)

萩原千春(国際関係4)
鶴田玲美(教育4)
村上穂(スポ科3)
吉田のぞみ(スポ科3)


━今大会臨むにあたっての調子はどうでしたか。

村上 調子はよくなかったのが正直なところです。1週間前に試合があったのですが、そこで思うようなタイムが出せなくて調子が悪い中で臨んだ大会だったので、不安はありました。
吉田 私もあまり調子が上がらなくて「大丈夫かな?」と思っていました。

━日本選手権リレーまでに強化してきたところはありますか。

村上 とにかくバトンとかよりも自分の調子が良くなかったので、私自身の調子を上げようと思って、練習に取り組んでいました。
吉田 今シーズン最後の大会だったので、いつも以上に気持ちを入れて練習にも臨んでいました。

━今大会の目標を教えてください。

村上 4年生と走る試合がラストだったので、結果よりも4年生が最後楽しんで終われることが目標でした。
吉田 4年生の先輩が最後なので、いいタイムで終わりたいなと思っていました。

━予選での走りはいかがでしたか。

村上 思った以上に先輩方が1・2走でいい順位できたので、自分が走っててびっくりした部分があったのですが、いい走りができて、繋げられたのでよかったです。
吉田 私は練習の時にバトンが渡らなくて不安でした。でも試合ではしっかりもらえたので、あとは走るだけだと思いました。

━決勝での走りはいかがでしたか。

村上 予選を通ったことで、心が落ち着いてしまった部分があって、上手く個々の走りを生かして走れなかったので、少し悔いが残っています。
吉田 バトンをもらって前に追いつこうと思ったのですが、自分の力が足りませんでした。

━今大会の課題と収穫はみつかりましたか。

村上 日本選手権リレーという日本のリレーの最高峰の大会で決勝に残れたということは私たちは来年にも繋がるので、その点は良かったと思います。でも決勝で力を発揮しきれなかったのが課題だと思いました。
吉田 先輩が引退する姿を見て、あの先輩のように来年自分もラストいい形で終わりたいなと思いました。

ー村上さんは新主将となりますが、チームの目標はありますか。

村上 男子は選手層も厚く、強くて、注目も浴びています。女子は人数も少ないし、竹内が走高跳で活躍している部分はあるのですが、チームとしてはまだまだ個々が力を発揮できていない部分があります。なので、短距離女子チームも強いところを見せることができるようにまずは、関東インカレ全員出場という目標を持ち、決勝にみんなで立てるように頑張っていきます。

━来年の個人とリレーの目標タイムと意気込みをお願いします。

村上 個人としては全日本インカレで決勝に残ることで、リレーは45秒3を出して全日本インカレで3番以内に入ることが目標です。
吉田 関東インカレと全日本インカレで決勝に残って決勝で強い人達と戦うのが目標です。

━本日はありがとうございました。


村上穂(むらかみ・みのり)
スポーツ科学科3年、福島・橘高出身、自己記録:100メートル11秒92、200メートル24秒69、今年の関東インカレ、全日本インカレの4継で3走を務めた。主将に就任し、チームを引っ張っていく。

吉田のぞみ(よしだ・のぞみ)
スポーツ科学科3年、埼玉・狭山ヶ丘高出身、自己記録:100メートル12秒09、100メートルハードル13秒82、100メートルハードルで関東インカレ、学生個人、国体予選と13秒台を突破し、好調ぶりをアピールした。ハードルでも期待がかかる。

取材日11月13日(聞き手・新井美咲)

【西澤蒼馬 新井美咲】

posted by スポダイ at 11:54| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする