2019年10月27日

【陸上競技部女子長距離】第37回全日本大学女子駅伝対校選手権大会


『追い上げを見せ、6度目の準優勝』

1572158497738.jpg
▲表彰式で笑顔を見せた 主将の関谷

 第37回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都大学女子駅伝)が10月27日、宮城・弘進ゴムアスリートパーク(仙台市陸上競技場)をスタートし、仙台市役所前市民広場にゴールする6区間38.1kmのコースで行われた。本学は、過去6大会で5度の2位とあと一歩で優勝を逃している。本学女子長距離は創設10年目を迎えた今季は、全日本と富士山の2冠を目標として掲げていた。迎えた今大会は、2時間7分5秒で2位。名城大学との差が2分29秒で初優勝を逃したが、強豪校の意地の走りで過去7大会で6度目の2位にはいった。

監督、選手コメント

外園隆 監督

「悔いの残らない走りをしようと言ってきました。レースの中で成績というのは付き物ですが、皆きっちりやっていたと思います。エントリーについては悩みました。3人を配置して、その間の繋ぎをどうするか。2区は昨日決めました。富士山の目標は優勝しかないです。夏希も言っていたけど皆が上がっていくと思いますよ。」

1区(6.6q)
吉村玲美(スポ科1)21分46秒=5位

「日本一を目指している中で最低限の走りしかできなくて悔しいです。少しでも1位に近づけるように後半走りましたが、自分の走りも結果も悔しいです。でも、タスキがゴールまで繋がって良かったと思います。」

2区(3.9q)
北脇亮子(スポ科4)12分36秒=4位

「今までずっと日本一を目指してきていたので、2位という結果は本当に悔しいです。1区の吉村が前の方で来ると思っていました。相手が強いのはわかっていたので、自分を見失わずに冷静を心がけた。優勝争いをする名城との差を7秒でタスキを渡せたので、最低限の仕事はできたと思います。」

3区(6.9q)
鈴木優花(スポ科2)21分44秒=1位、区間賞

「悔しい思いもありますが、皆の力を出し切った2位なので良かったです。自分もまだまだだと思うので次に向けて頑張りたい。富士山女子駅伝では絶対に日本一を取りたいです。」

4区(4.8q)
秋山祐妃(スポ科3)18分00秒=22位

「自信を持ってスタートラインに立てたが、気負いが走りに現れてしまったかもしれない。最後の最後まで諦めず、襷を渡す一心に走った。レースを終えて振り返ると、1年を通じて積み重ねることが大事だと痛感しました。今回不甲斐ない走りになってしまったので、まずは信頼を取り戻し、自分の強みを磨いていく、このチームで日本一を取る最後のチャンスなので、走りで監督はじめチームの皆に恩返しをする。」

5区(9.2q)
関谷夏希(外英4)29分53秒=2位

「優勝を狙っていたので悔しい。アンカーに安心して走れるように、タスキを渡そうと思っていました。ひとりひとりが頑張って力を出し切った結果なので、良かったと思います。」

6区(6.7q)
山賀瑞穂(スポ科1)23分06秒=4位

「今のチームは日本ーを目標にやってきたので、アンカーに選ばれたからには1位でゴールテープを切るという事を目標にしていました。監督はじめみんなから自分の力を出し切れば良いと言われていたので、それに集中する事ができました。富士山駅伝は四年生と挑める最後の駅伝なので、夏希さんを1位にさせてあげたいし、富士山ではもっと立役者になれるように頑張りたいです。」

補欠
飯嶋優羽(スポ科1)
今井彩月(スポ科1)


【西澤蒼馬 木彩衣 板谷優 丸山カノン 馬場修平 小山智也 長橋旺延 新井美咲】
posted by スポダイ at 17:00| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【男子バレーボール部】2019年度秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦〜最終戦・亜細亜大学戦〜

最後まで希望ありの3位!

〜4年生、下級生に”想い”託す〜

日時:10月26日(土)
会場:大東文化大学 東松山キャンパス

27_large.jpg







大東 亜細亜
27第1セット29
23
第2セット
25
25第3セット21
25第4セット17
15第5セット12
3セットカウント2

 残る最終戦の相手は、亜細亜大学。今年度の春季リーグでも接戦だったチーム。そんな強敵に挑んだ本学は、前半2セット落とすものの、後半から本学の攻撃的なプレーが光り、セットカウント3-2で勝利を収めた。

 第1セットは接戦の末、27-29で相手のものに。第2セットでは巻き返しを図り、前半は本学リード。しかし、試合中盤に相手のピンチサーバーに連続得点を許してしまい、形勢逆転。この危機を、#13 山下竜平(スポ科3)のスパイクで断ち切り、一時は同点になるものの、このセットも相手が取り、23-25。相手に大手がかかった。負けてはならない第3セット。序盤から、#11  野村幸汰(政治4)の5連続得点、#15 鈴稀平(スポ科3)の強烈スパイク、#1 小山晟治(スポ科4)の連続サーブで、点差を広げ、25-21で本学がこのセットを取る。第4セットでも、本学の勢いは止まらず。4年の#2 大森諒介(環境4)の1枚ブロックや#14 鈴稀平のサービスエースなどで、またしても本学優勢が続く。なんとしてでも勢いを止めたい相手は、第1セットで5連続得点したピンチサーバーがまたしても投入し、得点するも、25-17で勝負の行方は最終セットに持ち越された。第5セットではキャプテンの#1 小山晟治のスパイクを起点に、本学はリードを保つ。またしても連続得点のピンチサーバーを投入するも、ここは一本で切り、15-12、セットカウント3-2で、試合は終了。最終戦を終え、9勝2敗。入れ替え戦への出場できるかどうか、第3試合の慶應義塾大学対国士舘大学の結果待ちとなった。

 本学は92敗で、3位。惜しくも入れ替え戦への切符は掴めなかった。しかし個人賞では、#13 鈴稀平がサーブ賞に輝くなど、爪痕を残す秋季リーグとなった。

〜選手・監督インタビュー〜

#1 小山晟治(スポ科4)
Q.今季に点数をつけるなら?

A.チーム全体では70点。いいプレーも出たが、あともうひと押しで勝ちきれなかったりとか、前半は3-0で勝ち進んでこれて、上位のチームとも均衡した試合はあったが、まだまだミスが多かった。大事なところでスパイクを打ちきれなかったり、2段トスとかが必ず上がってくるポジションなので、決めたり、崩したりすることがあまりできなかった。

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.このチームになって1年と半年なんですけど、自分たちがどういうチームなのかは一人一人が思ってきたんで、やるべきことは自覚していると思う。自分はオポジットというポジションなんで、決め球を決めるとか、ミスをしないような努力をした。でも、今季はミスがあったり、タイミングが合わなかったりして、波に乗れなかったので、チームにあんまり貢献できなかった部分が大きい。

Q.後輩への思いについて

A.後輩たちはオンとオフの切り替えがしっかりできているので、それを継続して、練習でも手を抜いちゃうこともあるんですけど、後輩たちには、試合で勝ちたいという思いもあると思うので、それを短時間の練習の中でしっかり修正して、来年以降のリーグ戦とか大会とかで、4年生が抜けたからじゃなくて、自分たちの代だから強いんだという気持ちで頑張ってほしい。

#2 大森諒介(環境4)

Q.今季に点数をつけるなら?

A.70点。ミスを引きずってしまったり、調子が上がらないのが、続いてしまった。2、3試合ぐらい集中しなければいけないところで、プレーに集中できなくて、時間を置くと集中できたなと思う。最近だと国士舘とか山梨とか。

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.春と比較するとブロックも結構できたと思うし、スパイクも一人時間差のバリエーションも増やせて、攻撃増やして、力強いプレーでチームを盛り上げられたかなと思う。

Q.後輩への思いについて

A.レギュラーで2年とかやっている後輩が多いので、その経験を生かして、他の人たちを引っ張っていってほしいです。結構元気があるので、それを持ち味に勢いでどんな相手でも立ち向かっていってほしい。

#11 野村幸汰(政治4)

Q.今季に点数をつけるなら?

A.自分の評価は50点くらいで、いい試合もあったが、今日であったり慶應戦であったり、ベンチスタートからこう出たときに、レシーブが崩れちゃったという場面が多かった。

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.全部ベンチスタートで調子が悪くなった岡部に変わるというポジションで、個人的にはあんまり岡部と変わって良くなったと思っていない。もう少し頑張ればよかったなと思う。法政戦が特に。

Q.後輩への思いについて

A.2、3年生は技術があって、1年生は活気があってやる気があるので、その二つが組み合わされば、いい練習もできると思うし、試合もいい具合に勝てると思うので、自分たちが抜けて、今の3年生になって、だらけないようになれば、チャンスがあると思います。頑張ってほしいです。

#12 岡部智成(健康3)

Q.今季に点数をつけるなら?

A.50点。前半はコンディションも良く、自分なりに良いプレーもできていたが、相手が強くなるにつれて、崩れちゃう部分が多かったから。

Q.一番悔しかった試合について

A.慶應戦。取れるべきところで点が取れないなど、勢いに飲まれてしまうことが多かった。もったいなかったなと思った。

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.後半戦はあまり決まらない場面とか出てきて、自分が何ができるかって考えたときにレシーブとかで貢献できるように努力した。

Q.来年の抱負について

A.下級生も試合に出てくると思うので、下級生がやりやすいチーム作りをしたいと思う。

#13 山下竜平(スポ科3)

Q.今季に点数をつけるなら?

A.70点。リーグの前半の方は別にプラスのプレーもあまりなかった、終盤は役割はこなせた。

Q.一番悔しかった試合について

A.結果的になんですけど、やってみて、勝てるんだったら慶應だったかなと思う。点数的に、リーグ戦の流れから見て。

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.リーグが始まる前は攻撃で貢献できるように挑んだが、思ったよりスパイクが決まらなかったので、終盤はブロックに意識して終盤は挑んだ。

Q.来年の抱負について

A.僕は稀平が率いるチームになると思うので、少しでも支えられるように、稀平がやりやすいように、僕たちが支えて、1部を目指していきたいと思う。

#15 鈴稀平(スポ科3)

Q.今季に点数をつけるなら?

A.70点。普通に大崩れしなかったので、平均的にいい感じにできたので、普通の点数。

Q.一番悔しかった試合について

A.慶應に勝てば入れ替え戦だったので、しかも5セット目も勝っていたし、逆転で負けたので、ちょっと悔しさが大きい。

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.ディフェンス面で、チームでスタメンで入っている場面が多かったので、その辺が貢献できたと思う。

Q.来年の抱負について

A.自分たちはストイックな感じじゃないので、自分たちでのびのびと楽しいバレーボールをしていきたい。

#16 高井大輝(スポ科3)

Q.今季に点数をつけるなら?

A.前半は90点で、後半は6070点。前半の貯金があった分、法政に負けて、そっからリズムが悪くなってしまったなと思った。

Q.一番悔しかった試合について

A.慶應戦。最終セットが最初は自分たちが勝っていたのに、そこから追いつかれて、やられたというのが悔しかったし、そういうところで全員で気持ち合わせられればよかった。

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.スタメンが早坂が出て、調子が悪いときに自分がやれて、前半はそのまま勝たせることができたが、法政戦で出たときには流れを変えられず、また早坂が戻るという展開があったので、プレーができなかったというのでそこは課題。でも、国士舘戦の時は、4セット、5セット目はしっかりできていたと思う。

Q.来年の抱負について

A.4年生を見習って、全員でやりやすい環境を作っていきたいと思う。

#33  早坂心之介(スポ科1)

Q.今季に点数をつけるなら?

A.40点。1つは1試合を通して自分であげるのが少なかった、そういうところが自分の甘さだと思う。半分より下っていうのはそういうのが一番大きい。

Q.一番悔しかった試合について

A.どっちも負けたくなかったが、強いていうなら慶應大学。慶應大学に勝てば、入れ替え戦に行ける可能性が大きいって中で、フルセットで負けてしまった。

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.春と比べて大きく違うのは、スタメンとして出させていただくことが多くあって、実力的にはそんなあるわけではないので、とりあえずムードを良くしようと声を出し続けました。

Q.来年の抱負について 

A.勝ち切る、今回はフルセットやって、負けたり、自分たちのミスが出なければという2敗だったので、そこを修正をするという意味で、忘れずやっていきたい。個人的にはセッターなんで、中心のポジションになってくると思うので、そこで安心してスパイカーが助走をとれて、思いっきりボールを打てるようなトスを上げていきたいと思う。

#36 瀧澤健人(社会1)

Q.今季に点数をつけるなら?

A.30点。全然試合で活躍できなかった。1年生らしくもできなかった。先輩のためにももっとやりたかった。涼雅さんの方が、声掛けとかで支えていたが、自分はそういうことができなかった。

Q.一番悔しかった試合について

A.慶應戦。慶應に勝っていれば、入れ替え戦に行けていたから。

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.たまにですけど、レシーブをあげたりして、チームに少しでも貢献できたと思います。

Q.来年の抱負について

A.1位で昇格を目指します!

#4 石坂ハスナヌ(国際関係4)

Q.後輩への思いについて

A.今はチームが盛り上がれば強いチームで、技術的にもあると思うので、これからが楽しみ。今年の課題でもあるが波が激しいので、そこを直していけば、いいチームになると思う。

#5 根岸尚也(健康4)

Q.チームに自分はどのように貢献できたと思うか?

A.自分はピンチサーバーとして出場して、まずはチームの流れを変えたり、チームの流れに乗っていければというように努力した。そういった意味で前半戦は貢献できたなと思う。でも後半戦はプレッシャーとかでメンタルがやられてしまい、ダメになってしまった。

#34 鈴木歩(スポ科1)

Q.来年度の抱負について

A.プレーよりもまずは声を出して、元気よくできるようにしたい。



【高橋芹奈】

posted by スポダイ at 10:00| 男子バレーボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【硬式野球部】秋季リーグ入れ替え戦 第一戦 桜美林大学戦

日時:10月26日(土)13時00分プレイボール
会場:34サーティーフォー相模原球場


 チャンスで

       打てず…。

 打撃不振の大東 入れ替え戦初戦も零封負け



大東大 000 000 000 |0
桜美林 010 000 00×  |1


DSC_6681.JPGDSC_6725.JPG






(7回好機で石原が凡退した場面 右/ 9回2死で武者が三振に倒れた場面 左)


 秋季リーグ1部リーグ戦で最下位に終わった本学は、1部の座をかけ2部1位の桜美林大学と対戦した。

 先発は春季入れ替え戦で桜美林大学から白星を挙げた4年生の清岡が登板。2回に相手の適時打で1点を失ったものの、その後は追加点を許さず、4回2/3を1失点とまずまずの内容で継投。代わった西川投手、江村投手も0点に抑え、トータルで1失点。
攻撃面ではリーグ戦中は打撃不振に苦しんだ本学であったが、今日は毎回のようにランナーを出し得点のチャンスを作る。しかし、このチャンスで1打が出なかった。7回には2死1.2塁のチャンスで石原が三直、9回は2死2.3塁で武者がフルカウントから三振に倒れ勝負あり。

 大きな1試合を落とすこととなった。武者は「打てる感じはしていたし、振るしかないと思って打席に立ったが、あと1歩足りなかった」とあの1打席を振り返った。
明日の試合で敗戦すれば2部降格となるが、主将の石原は「チャンスは作れていたし、明日に繋がるゲームだったと思う。特別なことは考えずいつも通り楽しんでやって、結果がついてくればいい」と、逆転残留に向け前向きな気持ちを語っていた。


27日も第一戦と同会場同時刻で第二戦が行われる。ここで意地を見せ、運命の第三戦に持ち込みたい。


【小山智也】
posted by スポダイ at 00:30| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする