2019年10月26日

【女子サッカー部】第33回 関東大学女子サッカーリーグ戦一部 第7節 対慶應義塾大学

高玉主将「完敗」

慶應大に0−3


日時:10月20日 17:30キックオフ

場所:大東文化大学総合グラウンド


大東文化大学 0−3 慶應義塾大学

            前半7分

             後半12分

             後半17分

DSC_0165_original keiou iked.JPG





相手ゴールに迫る背番号17池田

 




スターティングメンバー

宇津木


豊原 渡辺 池田 樋口 猿澤


高玉 齋藤く 鏡 浅田


斎藤さ




先日の帝京平成大学戦での敗北により、3勝2敗でむかえた第7節慶應義塾大学戦。リーグ序盤の勢いをこれ以上落とすわけにはいかない大事な試合だったが、前半に1失点、後半に2失点してしまい、0−3で敗北。3勝3敗と全日本インカレ出場決定は今回見送りとなった。


 前半立ち上がりから慶應大ペースで試合が進んでいく。自陣ゴール付近の混戦から相手選手に振り向きざまのシュートを決められ失点。0−1で追いかける形で前半は進んでいく。しかし、本学にまったくチャンスがなかったわけではなく、9分と16分に、相手ペナルティエリア付近でのFKを2本ともに背番号5鏡玲菜が放つもバーの上へ。34分には背番号45猿澤桃佳が相手陣地内で一人かわしゴール前へ切り込むもキーパーに防がれ得点には至らない。


後半に入っても本学の攻撃は続いたが、やはり点にはつながらない本学。後半12分、慶應大オフェンスに右サイドから崩され失点、0−2。17分に相手CKよりヘディングシュートを合わせられ失点、0−3と一気に点差を広げられてしまった本学。その後の22分にも慶應大の強烈なシュートが本学ゴールに迫るが背番号21斎藤紗絵が体を張ったセーブで防ぐなどその後も失点のピンチが何度か訪れた本学。これ以上の失点を許すことなく、03で試合終了。インカレ出場決定は今回見送りとなった。


川本監督インタビュー

「慶應のスタイルは理解していてそれを引き出した上でかわせたら良かったが、見事に相手の術中にハマってしまった。中断期間で慶應がすごい良くなっていて、想像を上回るくらいできなかった。自分たちがやってきた事より相手がやってきた事の方が上だったという事に尽きる。もちろん下のチームは特に必死になってやっていて、差も詰まってきているけど、もう自分たちで掴み取るしかないので、来週からの直接対決でインカレを決めたい」


選手インタビュー


DSC_0146_original keio.JPG



相手選手に囲まれるもボールを死守する高玉主将




高玉彩乃主将

―試合前のゲームプラン

慶應大は蹴ってくるというよりはGKを使ってうまくビルドアップしてつないでくるチームだったので、前からプレスをかけてボールを奪いに行こうというプランを考えていて、そこで奪ってカウンターを狙おうと考えていたのですが、そこが上手くいかなかったなと。

―今回の試合について

完敗です。相手の思うがままにやられてしまって自分たちが描いていたプランとは全く違ったものになってしまって、でもその中で自分たちも試合中に改善できるように声とかコミュニケーションをとって、もっと流れを変えられたらよかったと思います。

―惜しいシーンが何度か見られたが、点をきめきることができなかったことについて。

攻めていて惜しい部分とかはあったんですけど、シュートを打つ位置とかもそこまでゴールに近いわけではなくて、惜しいで全部終わってしまったので、今年は流れの中で点を決めるという力が去年よりも落ちていて、今のリーグ戦後期に入ってそこが目立ってきていると思います。


浅田真理奈選手

―今回の試合はどういう試合にしようとしていたか。

帝京平成大学戦で負けてしまったので、チームとしても、勝つのが前提で試合に臨もうということは話していました。

―惜しいシーンが見られたが、点にはつながらなかったことについて

慶應大はゴールに向かう姿勢など前線へのアクションが多く見られたんですけど、自分たちは決定的なシュートを一本も打てていなくて、もっと積極的にゴールに向かわないといけないかなと思いました。

―試合の振り返り

勝てばインカレ出場が決まるという大事な試合だったんですけど、個人としてもダメだったし、チームとしても相手より球際とかで負けている部分が多くあったのでもっと気持ちをいれて戦わなければいけないなと思いました。


池田千織選手


「帝平戦よりは良いプレーが出来て主体的なプレーが出来ていたが、点を取られてから後半、前に行かなきゃというところと守備から立て直さなきゃというところで意思が統一出来ずに上手くいかなかった。続けて交代となったが、もちろんふっかさん(深谷)の良い面もあるが、自分としては悔しい思いもあるし、前半からもっと積極的に出来ていればという悔いはある。今日はこういう試合で観に来てくれた方にも試合に出れない選手にも申し訳ない試合をしてしまったので、練習から相手を上回る強い気持ちを持って、次節ホームで勝利を掴みとりたい。」


慶應義塾大学 伊藤洋平監督

―大東文化大学の印象など

勝ち点9取っていて勢いに乗っていて、前からのプレッシャーが激しくて、大東の応援も含めた勢いがかなりあるチームだと思う。

―大東文化大学戦で気を付けていたことなど

グラウンドがボール跳ねるのでミスが増えてくると思って、そのミスが増えたときに自分たちがネガティブにならないようにと気を付けていました。


女子サッカー部とのタイアップ企画!

本日の推しメン


本学女子サッカー部では大学リーグ戦の各試合において「楓昴通信」という広報紙を配布しています。そこには前節の試合結果や今節の展望、さらには本日の推しメンと題した、注目選手の紹介が掲載されています!

 今回、この企画では、その「本日の推しメン」とのタイアップ企画を慣行! 推しメンに選出された選手にインタビューを行い、活躍を振り返ってもらいます!


今回は、山室選手と、齋藤久瑠美選手です!

それではご覧ください!!


山室佑梨花選手
「体を張ったりとか泥臭くやる事を意識しているので、その姿勢を続けてFWとして点が取れれば良いと思う。今日はホームで特にたくさんの人が見にきてくれていたと思うが負けてしまったので、あとホーム2試合で勝って恩返しが出来るようにまたやっていく」


齋藤久瑠美選手
「今日は自分のいとことかも来ていたし、本当に多くの方が来てくださっていたので、応援してくださる人のためにプレーしたいとずっと思っていた。帝京平成戦は本当に悔しかったし、速さに負けてしまっていたので、そこを守れるようにという意識はあった。ただ今日の試合は自分も含めて、組織というより個々で負けてしまった。次節は無失点で勝つということを絶対に成し遂げたい。」

ありがとうございました!


山室選手、齋藤選手の魅力は伝わりましたでしょうか!?

次回の推しメンにも注目が高まります!

○○選手を推すしかないっ!


【長橋健太郎 小山智也】

posted by スポダイ at 21:47| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【陸上競技部男子長距離】第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会

「8年ぶり、箱根駅伝出場逃す」

1572065959838.jpg
▲箱根駅伝出場を逃した本学

 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会(箱根駅伝予選会)が10月26日、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタートし、国営昭和記念公園にゴールする21.0975kmのコースで行われた。昨年度の箱根駅伝で総合19位に終わり、予選会へ臨むことになった本学が11時間6分22秒で18位に終わった。本学は上位10校に与えられる、箱根駅伝の切符を8年ぶりに逃した。

監督、選手コメント

奈良修 監督
「学生が必死に走ってくれましたが、箱根にいけなかったことは申し訳ないです。」

川澄克弥(スポ科4)
=1時間8分4秒(252位、チーム9番目)
「チームトップを目標にやってきましたが、情けない悔しい走りをしてしまい申し訳なく思っています。今後は競技を続けます。マラソンで世界を狙うためにも全力で努力していきたいと思います。」

奈良凌介(国際関係4)
=1時間6分51秒(180位、チーム6番目)
「悔しいの一言です。自分が力を出せなかったことが後ろの選手にも影響してしまったと思います。自分は競技を続けるので、後輩に自分たちはもっとできると思ってもらえるような選手になります。」

豊田紘大(経営4)
=1時間6分29秒(158位、チーム5番目)
「個人としてもチーム共に悔しさしか残りません。何か変えようと取り組んできたことが全く上手くいかなくて悔しいです。結果は18番で次に繋がるか分からないのですが、寮で過ごす残りの時間で後輩達に伝えられることを伝えたいです。自分は競技を引退するのですが、地元に戻って地区の大会に出るので、そこで大学4年間でやってきたことを発揮したいです。」

佐藤弘規(日文4)
=1時間7分19秒(211位、チーム8番目)
「足りない部分があったから予選会に落ちてしまいました。15キロ地点過ぎからもうちょっと上に上がれていたら少し流れも変わったのかなと思いました。自分はもう陸上は続けないが、組織運営と言う面で一人一人が意識を通わせて縦と横の繋がりをもっと持てるように勉強していきたいです。」

三ツ星翔(社経3)
=1時間5分25秒(82位、チーム2番目)
「悔しい気持ちでいっぱいです。公園内入ってからはキツくなると思っていたのでそこで粘れる走りをしたかったです。今年の4年生にはまだ力及ばないですが、その2人をしっかり追い抜いて今年以上にチームを引っ張っていける走りをしたい。」

吉井龍太郎(国際関係3)
=1時間5分2秒(55位、チーム1番目)
「(予選は)通ると思っていたので、悔しいです。上級生でありながら、目標タイムにも届かなかった。でも、チームトップの成績で走れたのでしっかり来年につなげていきたいです。今後のレースでは上級生として自分の記録を更新して、チームの平均を上げていきたいと思います。」

稲留涼斗(現経3)
=1時間8分18秒(259位、チーム10番目)
「チームで予選会を通るのが一番大事で、素直に悔しいです。上級生として走らなければならない立場で、今回役割を果たせなかったのが一番申し訳ないです。暑さがあったので、前半はなるべく力を使わずにスローペースでいって、公園に入ってから勝負するプランで走っていました。 ラスト3 km をペースアップ出来なかったのが敗因の一つだと思います。」

片根洋平(国際関係2)
=1時間5分38秒(97位、チーム3番目)
「チームで箱根に出場できず悔しいです。前に出てタイムを稼ぐという役割を果たせなかったです。この悔しさをバネにまずは1万メートルで28分台を目指して来年はチームのエースとしてこの舞台で走りたい。」

倉田蓮(社経1) 
=1時間6分6秒(130位、チーム4番目)
「箱根駅伝本戦に出たかったので、かなり悔しいです。初めてのハーフマラソンだったので、もう少し考えて走ればよかったです。1万メートルで29分台と5000メートルで13分台を狙っていきたい。」

蟹江翔太(スポ科1)
=1時間7分10秒(199位、チーム7位)
「一年生で出させてもらっているのに先輩たちに申し訳ない気持ちです。 最初の5kmを15分以内で通過するのが目標だったが20秒遅れてしまって、そこからペースが遅れてしまった。後半15kmからペースを上げることができなかったのも課題だと思います。来年もう一度予選を走って、次こそは笑顔で箱根駅伝を走りたいです。」

井田春(国際関係1)
=1時間9分4秒(282位、チーム12位)
「違う緊張感や暑さもあり思うように体を動かすことができなかった。15kmまでは100位集団にいて、そこから自分のペースで抜け出したかったが、暑さで意識で朦朧としてしまった。練習不足と気持ちが弱かったと思います。これからまた1からやって、来年本戦出場を掴み取らなければいけないと思います。」

金田龍心(スポ科1)
=1時間8分23秒(263位、チーム11位)
「悔しいです。こんな結果じゃ、大学では戦えないと思いました。悔しい思いをしないように今後頑張りたいです。」

補欠
土本剣汰郎(現経3)
山内滉士郎(国際関係2)


【西澤蒼馬 木彩衣 板谷優 奈良佳織 馬場修平 小山智也 長橋健太郎 高橋芹那 長橋旺延 新井美咲】
posted by スポダイ at 14:10| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする