2019年09月08日

【ラグビー部】関東大学リーグ戦1部 対拓殖大学

大東文化、拓殖に逆転負け。佐々木主将、敗因は「精度

9.8.jpg
 大 東 文 化  22 − 26   拓 殖 


 関東大学リーグ戦1部第2戦目、大東文化大学対拓殖大学の試合が、9月8日に熊谷ラグビー場Bグラウンドで行われた


 先制は前半11分、大東文化が春夏を通して強化を図ったスクラムから、HO(フッカー)小泉友一朗(4年=御所実業)がトライ。続く20分、キックを多用した攻撃で、インゴールに転がり込んだボールをFB(フルバック)鈴木匠(3年=札幌山の手)がグラウディング。



 一時は拓殖に追いつかれるも、前半終了間際に得たペナルティから、大東文化はペナルティキックを選択。これをSO(スタンドオフ)の高本海斗(3年=大阪桐蔭)が成功させ、前半を17−14で折り返す。



 後半に入りお互いに激しい攻防が続いたが、決定機は訪れず。後半20分、大東文化は拓殖のプレッシャーに耐え切れずにペナルティを献上。トライを奪われ遂に逆転を許す。25分には鈴木がディフェンスを突破しトライをもぎ取るが、試合終了間際に再びトライを奪われ、22−26でノーサイドとなった。



 主将でNO8(ナンバーエイト)の佐々木剛(4年=八戸西)は、この試合を一言で「精度」と評価。ミスの多さ、ペナルティの多さを指摘する。「今回出た課題とミスを減らして、低いプレーを意識していきたい」と、次戦の日本大学戦へ意気込んだ。



 リーグ戦3戦目の日大戦は、9月14日に上柚木陸上競技場で行われる。




 大 東 文 化   拓 殖 
前半後半 前半後半
21T
2
2
20
G
21
10
PG
00
1751412
22合計
26



【 馬場修平 】
posted by スポダイ at 23:23| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【男子バレーボール部】2019年度秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦〜対 中央学院大学〜



 初戦快勝! 

〜1部へ歩、進める〜 


日時:9月7日 14:00~
会場:立正大学熊谷キャンパス スポーツキューブ

DSC_0328.JPG














大東文化 中央学院
25
第1セット
19
26第2セット24
25第3セット16
3セットカウント0


 夏の暑さが再び感じられた9月7日。本学男子バレーボールは「1部昇格」を目標に、2019年度秋季関東大学男子2部バレーボールリーグ戦の初戦に臨んだ。相手は、中央学院大学。この日は上位校であるチームが接戦を強いられる場面が見られたが、本学は3-0で快勝。「1部昇格」に向けてスタートダッシュを決めた。

 第1セットは後半まで接戦が続く展開になった。しかしながらここで競り勝ったのは本学、25-19で勝利した。これで流れを掴んだかのように見られた本学であったが、第2セットでは苦戦を強いられる。前半は4点差をつけるものの、相手の連続得点で差を詰められ、1点差までになるシーンも見られた。この状況を打破するために、セッターを1年生の#33 早坂心之介(スポ科1)から3年生の#16 高井大輝(スポ科3)に交代。これを機に一時は差をつける。しかしながら、相手も負けじと差を詰め、24-24でデュースになったものの、本学はその後2点連取し、第2セットも26-24で制し、勝利に大手をかけた。第3セットでは、25-16と大差をつけ、セットカウント3-0で勝利を収めた。

 今季の初戦には、1年生の#33 早坂心之介#36  瀧澤健人(社会1)が出場する場面など、本学の戦力は春からレベルアップ。ゆえに今季こそ《1部昇格》という、大きな目標を達成することを期待したい。



〜選手インタビュー〜



#12 岡部智成(健康3)

Q.今日の試合について

60点ぐらい。(個人的には)最後のトスを打ちきれなかったり、レシーブ面でチームに余裕を持たせることができなかった。(チーム的には)中盤あたりで点差が離れた時に油断してしまい、後半になるにつれて追いつかれてしまった。悪いところが出てしまった。」

Q.春季からの成長点について

「ブロックを利用したスパイクが打てるようになったこと。」


#1 小山晟治(スポ科4)

Q.東日本インカレについて

「6割ぐらい。自分たちのプレーは良かったが、1、2セット目を取ったのに、3セット目を決められないというのが残りの4割。」

Q.慶應義塾大学について

「相手も意識していると思うので、前の試合で2セット取れたからと思わないで、『次こそ勝つ』という思いで臨みたい。」

Q. 春季で負けてしまったチームについて

「初戦で負けた立正大学には気持ちを引きづらず、しっかり勝ちきれたらと思う。国士舘大学や法政大学は上位のチームなので、勝てたらモチベーションもあげると思うので頑張って、勝ちに行きたい。」

Q.注目選手について

「やはり#15 鈴稀平(スポ科3)。彼はチームの核の選手なので、自分はキャプテンとして声かけだったりでサポートしていきたい。」

Q.今季の目標について一言!

「50周年という記念の年なので、1部昇格をしっかり狙っていきたい。」


《次週の試合予定》
会場:亜細亜大学体育館
開始時刻:第1試合開始時刻は11:00です。
・9/14(土)vs.立正大学(Bコート第3試合)
・9/15(日)vs.桜美林大学(Aコート第1試合)



【高橋芹奈】


posted by スポダイ at 07:16| 男子バレーボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ゴルフ部】2019年 関東大学秋季Eブロック対抗戦 

日時:8月22日23日
会場:芳賀カントリークラブ


悲願の優勝でDブロックへ昇格!

〜来季は新たな舞台での挑戦!〜


スコア

 outintotal outintotalGRAND TOTAL
嶋田友珠希394281 424082  第一日 320
丹羽拓磨474491 ←一日目444185  第二日 319 
江本拓未433982 413576 
中台瞭太364177    二日目→413980    合計
高橋優仁423880 404181    639

2位 明学大 657  6位 獨協大 676    
3位 東農大 666  7位 芝工大 680
4位 一橋大 669  9位 東北大 778
5位 國學大 676



 8月22日、23日に芳賀カントリークラブで行われた関東大学秋季Eブロック対抗戦で、本学ゴルフ部が合計スコア639で優勝を収めた。
多くの選手が今まで以上に良いスコアを出すなど、普段の調子以上の力を本番で出すことが出来た本学。優勝を掴み取る事が出来た選手たちの喜びは、非常に大きいものであった。
来季からのDブロックでの新たな戦いに、期待が膨らむ。


選手コメント
高橋優仁選手

「今回の大会でまさか優勝するとは思っていなかったので喜びは一層大きくなりました。
また、来年度の春季リーグ戦は一つ上のDブロックでの戦いとなり、よりハイレベルで、より多い人数で戦うことになります。
現段階ではDブロックに通用する選手は多くないので今後は選手育成、個人のレベルアップをして選手層を厚くしていきたいと思います。」



情報提供:ゴルフ部

【小山智也】

posted by スポダイ at 07:00| ゴルフ部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする