2019年07月11日

【弓道部】第67回全日本弓道選手権大会 個人予選



第67回全日本弓道選手権大会 個人予選
於 獨協大学弓道場
7月7日㈰

男女あわせて10名決勝へ

 7月7日、獨協大学において第67回全日本弓道選手権大会 個人予選が行われた。この大会に勝利すれば、8月に神戸で行われる決勝大会に進むことができる。この個人戦には本学部員全員が出場した。女子は4射中3中以上、男子は1次予選で2射1中以上。2次予選で2射2中で決勝進出が決まる。事前に予想していた人数よりは少なかったものの、結果、本学からは女子4名、男子6名計10名が決勝に進んだ。






【決勝進出者】

kyuudou lady2.jpg













女子
細淵菜月(1)○○×○
岡野未夢(2)×○○○
黒澤万史子(2)×○○○
南雲友紀菜(3)○○○×

kyuudou boy2.jpg















男子
小島祐太(1)○○→○○
関口光典(2)×○→○○
小池隆志(3)×○→○○
東海林浩美(3)×○→○○
鈴木渓吾(3)○○→○○
佐藤錬太郎(4)○○→○○


【コメント】

坂田好次 監督
 今日は女子が8、男子が8人通過ラインと考えていた。実際は女子が4、男子が6ということで、それだけ力を発揮できなかった人間がいる、ということ。下級生、特に1年が普段の練習の力を発揮していた。上級生はあまり発揮できていなかった。課題点はやはり、本番で練習の力を発揮できるかどうか。練習でしっかり緊張感を持ち、試合を想定してできるようにすること。

佐藤 錬太郎(スポ健4)
 今までの大会は練習量も足りていなかった。なので、就活などで部活に出られないときも朝に道場を借りたり自分の中で射込みをして大会に臨んだ。(今回のこの結果については)4年間でインカレの個人予選に通ったことがなかったので、大変嬉しい。
 自分が1.2年生で活躍している時の気持ちの強さと比べると、少し停滞してしまっているところがある。メンタルづくりをして、大会でも緊張せずに自分の射を出来るようにしたい。チームとして見ると、練習では通過できている人が多かったと思う。特に4年はあと1人か2人は(予選通過者が)出るかなとは思ったんですが、自分だけになってしまった。そこは少し悔しいですね。一緒に行きたかった部分もありました。

南雲友紀菜(教育3)
 今日の目標はただ単純に通過でした。1,2年生の頃はこのインカレ予選を通過できず、今年は絶対通過したいなと思っていた。いつも大会の前日は調子が悪くなってしまうのか、あまり自分の中で調整がうまくいかない。とりあえず今日は落ち着いて引こうと思っていた。1本目、2本目、3本目は落ち着いて引けて、久々の大会で「あ、いい矢出たな」と思えた。そこで3本詰めて安心したのと、女子の中で皆中者が出ていなかったため「皆中したい」と思ってしまった。自分の射よりも的中を考えてしまって悔しい。
 決勝では落ち着いて引くことと、的中に捕らわれない事を目標にする。チームでは、1年生が1人、2年生が2人通過して下の子たちが頑張ってくれている。リーグももうすぐなので頑張って欲しい。惜しい子も何人かいたのでその悔しさを活かしてほしい。

【木 彩衣 丸山 カノン】

posted by スポダイ at 08:30| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポーツ大東編集部】7月号発行のお知らせ

果報満載、7月号

東京2020に向けた報道が活発になってきましたね。今回の紙面は「世間がスポーツで賑わうなら、ウチだって」と言わんばかりの活躍ばかり!
1面は関東インカレで3年連続5000m1位を勝ち取った関谷夏希選手。先日ユニバーシアードでも10000mで銅メダルを獲得しました。6面は軟式野球部、決勝トーナメントを勝ち抜き8月に長野県で行われる全日本大学軟式野球選手権大会への切符を勝ち取りました!
中面もビックニュース揃いです。2面では、関東インカレで長距離種目の優勝を総取りにした女子長距離部門の活躍をはじめとした陸上競技部の結果記事。3面では2部リーグ戦で優勝し、1部に進んだ硬式野球部。4面では同じくリーグ戦を勝ち抜き、悲願の1部昇格を勝ち取った女子バレーボール部が大きく取り上げられています。
また、5面では部活を支えるマネージャーさんにお話を伺わせて頂きました。ご協力いただいた4名、皆さんがプレーヤーに負けない部活への熱をお持ちです。まさに「縁の下の力持ち」!!
東松山、板橋両校舎で設置済みです!是非、お手に取ってご覧ください。

【部員からひとこと】

木彩衣(日文3)
【2面面責】担当記事→2面 女子長距離 男子長距離(全日本大学駅伝選考会)
 1年生を迎えて、初めての新聞発行です。ついこの間部にお迎えしたばかり…と思っていた1年生が、取材を重ねて早くも自分の記事をしっかり書き上げました。上級生として負けていられません。
 今回は2面の女子長距離と男子長距離の全日本大学駅伝選考会を担当いたしました。関東インカレで大活躍した女子長距離、超新星吉村玲美さんをはじめとした華々しい結果を皆さんにお伝え出来る文章に仕上がっていれば、と思います。
今回紙面作成にあたり、ご協力頂きました各部活の関係者様をはじめとする皆様に深く御礼申し上げます。今後ともスポーツ大東編集部をよろしくお願いいたします。

板谷優(日文3)
担当記事→3面 卓球部 スポダイ+
今回私は、卓球部の記事を書かせていただきました。
今まであまり、紙面に乗ることがなかった部活でしたが、今回取材させて頂いて、大東で活動している様々な部活にスポットをあてた活動をしたいと感じました。
夏合宿等もあるので、良いチームワークで次の号に進みたいです。

奈良佳織(日文3)
【5面、6面面責】担当記事→4面 剣道部 6面 軟式野球部
7月号の見どころは、いい成績を残した部活をはじめとしたボリュームある内容になっていますので、どの部活も読んでいただけると嬉しいです!企画面ではマネージャーに焦点を当てた内容で更に楽しんでいただけるかと思います。
感想は今回、色々初めての経験ばかりさせていただいた中で、形にはできたものの、個人的にはまだまだ課題残る結果となりました。ただ、大きな記事を担当させていただいたのは貴重な経験になりました。

丸山 カノン(日文2)
【5面面責】
今号も、ご協力くださった皆様、ありがとうございます。私は7月号の5面を主に担当させていただきました。普段は見えないマネージャーの素敵な場面をたくさん見てください。

長橋 健太郎(経営2)
担当記事→3面 アイスホッケー部 5面 アイスホッケー部
2年生になって2回目の新聞発行にもかかわらず、自分自身の上手くいかない事が多くあったのが今回の反省です。
自分は一面には関わっていないのですが、今回の見所は一面全部です!写真も良く、レイアウトもカッコいいので是非見てください!

高橋芹奈(法律2)
担当記事→4面 男子バスケットボール部 男子バレーボール部
今回はおなじみ男子バレー部と初挑戦の男子バスケ部を書かせていただきました。男子バレーは1年生が、男子バスケは4年生が今季の試合を盛り上げてくれました!まだまだ力不足ですがぜひ読んでいただければ嬉しいです!

西澤蒼馬(社会2)
【1面面責】担当記事→1面・陸上競技部女子長距離、2面・陸上競技部男女短距離、陸上競技部男子長距離(関東インカレ)
今号では、初の1面の面責を担当いたしました。関東インカレに4日間取材にいかせていただいた中で、本学女子長距離の活躍が光りました。その中でも関谷夏希(外英4)選手が、記憶にも記録にも残るレースを展開し3連覇を成し遂げました。1面は関谷選手を起用いたしましたが、偶然にも本紙、3年連続7月号のトップを飾ることとなりました。記者としても制作に力が入り、良い紙面が完成しました。
是非、ご一読ください。
僕は、入部して早1年が経ちました。試行錯誤しながらも、確実に成長していると思います。でも決しておごらずに、取材・写真・記事の質を上げるなど努力を積み重ねていきます。まだまだ未熟者ですが、日々精進していきます。今後とも、よろしくお願いいたします。

小山智也(政治2)
【3面面責】担当記事→3面 硬式野球部 男子サッカー部 4面 女子サッカー部 5面 女子サッカー部 硬式野球部 
春季リーグで遂に念願の1部昇格を果たした硬式野球部のキセキ、1年生佐藤君が大活躍の男子サッカー部都リーグ戦、苦境を跳ね返し3年連続のインカレ出場を目指す女子サッカー部のこれからについて書かせていただきました!どれも注目です!!
今回は全体として訂正を出す事になってしまいとても悔しい新聞製作となりましたが、この悔しさを絶対に次の11月号に生かしてみせます。
そして今回の特集はマネージャーを取り上げさせていただきました。我々の取材の時もいつもお世話になっているマネージャーさん、取材の時いつも声をかけてくれる鈴掛さん(硬野)と、同級生のあっさー(女サカ)。お二方とも本当にありがたいですし、その行動力にはいつも尊敬しています。そんなマネージャーの思いが伝わる企画になっています!

馬場修平(現経2)
担当記事→ 3面 ラグビー部
軟式野球の1部優勝&全日本大会出場決定・硬式野球の1部昇格の瞬間を、目の前で見ることができました。マウンドに笑顔で駆け寄る選手たちの姿、今でも忘れません。私の担当するラグビー部だって、春こそは苦戦したものの収穫も多くありました。大東スポーツは今、波に乗っています。秋は大暴れの予感がしますね。今後とも、大東スポーツとスポーツ大東編集部をよろしくお願いします。

大島拓也(歴文2)
【4面面責】担当記事→4面 女子バレーボール部 テコンドー部
女子バレーボール部が2部優勝と悲願の1部昇格、テコンドー部は国際選手権で小森が銅メダルを獲得するなどの良い知らせを記事に出来たのはとても嬉しいです。4面の見所でもあると思うので是非ご覧ください。

長橋旺延(日文1)
担当記事→3面 弓道部
今回弓道部の記事を書かせて頂きました。弓道部は惜しくも準優勝でしたが今後の活躍がさらに期待できる記事になったと思います。
また、入部して初めて記事を書かせて頂くにあたり、文章の表現やレイアウトに悩みました。しかし、先輩方のお力をお借りしてなんとか満足のいくものになったと思います。今後もより良い記事にしていけるよう努力します。

新井美咲(経営1)
担当記事→3面 ゴルフ部
今回初めて記事を書かせて頂いて、率直な感想としては、とても楽しかったです。取材はとても大変な部分も多いですが、私の未熟な文章でも読んでくれる人がいると思うと、書いている最中とてもワクワクしました。
今回記事を書かせて頂いたゴルフ部は私自身ゴルフについての知識がないので、ゴルフについてたくさん調べながら書かせて頂きました。これからの躍進に期待がかかる部活ということで、これからの3年間をかけて成長を追っていきたいです。また、新聞という媒体についても知らないことが多く、先輩方に教えて頂いたり、実際にほかの新聞を読んだりして勉強している途中です。これからもっと勉強して、先輩方から1つでも多く学び取っていけたらと思います。

そして、様々な部活の成長をスポーツ大東編集部の部員として切り取らせて頂くことを通して私自身も成長していきたいです。


posted by スポダイ at 01:20| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする