2019年06月04日

【男子サッカー部】 アミノバイタルカップ2019 組み合わせ決定

『男子サッカー部』アミノバイタルカップ

  初戦の相手は…    筑波大学

                  名門相手に立ち向かえ



6月3日(月)、週末に行われるアミノバイタル本戦に先駆けて、組み合わせが発表された。
 本学の初戦の相手は筑波大学。一昨年は関東リーグで優勝に輝き、総理大臣杯、インカレなどでも幾多の優勝を誇る名門校だ。古くからJリーグなどに選手を多く輩出しており「現状維持は衰退」をスローガンに掲げる小井土監督の元で、いまも日々進化を続けている。

 東京都リーグ所属の本学は予選を勝ち上がりようやくここまで辿り着いた。初戦の相手は関東リーグ一部の上位8校のどこかということは決まっていたが、筑波大学はその中でも名門。筑波大学相手に本学はどのように戦っていくか。


 まずは大切なのは先制点だ。3年前、本学が関東リーグ所属の法政大学に金星を挙げた同大会の試合では、前半34分に本学が先制点を奪ったことにより本学に勢いが生まれた。そして惜しくも逆転負けを喫した昨年の駒澤大学戦でも、電光石火の攻撃で開始1分に相手のゴールを奪ったことが、相手に脅威を与え、互角の戦いが出来たといえよう。
 そして次に大切なのはディフェンスだ。
直近のリーグ戦3試合で10失点と、守備面は大きな課題だ。粘りの守備を無くして強豪相手に金星を上げることは出来ない。

注目はDFの粟津基大と野島樹哉。
二人の守備からのカウンターとセットプレー。ここで競り勝てるかどうかが、試合でワンチャンスをものに出来るかを左右するだろう。
 プレーオフの横国大戦のあと監督は「強い相手と出来る中々ない機会。失うものはないので、すべてを出し切って、何が通用して何が通用しないのかを見極めていきたい」と話していた。現在連敗中のリーグ戦に成果をつなげるためにも、強い相手に全力で立ち向かってゆきたい。



※試合日時、会場
6月8日()14時00分〜 筑波大学戦
時之栖スポーツセンター裾野グラウンド


【小山智也】
posted by スポダイ at 20:15| 男子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする