2019年05月04日

【硬式野球部】首都大学野球連盟 春季リーグ戦 明星大学戦第一戦

会場:城西大学野球場
日時:5月4日()10:30〜


首位攻防戦の2連戦を先勝!!

  グループ優勝まであと一勝!



 
明星大学0000010001
大東文化大学10001
0
00×2


バッテリー
明星大 野村、権田ー佐藤駿
大東大 江村、西川ー濱田

勝利投手 江村


DSC_0640.JPGDSC_0646.JPG


(ホームに生還し
 喜びを爆発させる武者)




 春季リーグ戦も大詰めとなり、今週が最後のグループリーグ戦。最後の2連戦は共に5勝1敗で同率首位の明星大学だ。
明星大学に勝ち越せば、グループ首位が決まる。そんな大一番の試合が始まった。

 先手を取ったのは本学。一回裏、石原がヒットで出塁すると3番山口が進塁打。そして4番の中野がタイムリーヒットで試合開始早々に一点を先制する。その後は先発江村の好投で、硬い試合となり、一点差で試合が進んでいく。
そして五回裏、先頭バッターの武者が左中間を破る3ベースヒットを放つ。そして送球が乱れる間に、武者は迷わずホームベースに突入。相手もホームに送球するも判定はセーフ。(記録としては3ベースヒットとエラーだが)ランニングホームランとなった武者はチームメイトに温かく迎えられた。その後相手に一点を返されるも、一点のリードを保ち最終回までゲームは進んだ。
 そして迎えた最終回。1アウト二塁から相手に左中間にタイムリーヒットを放たれる。これで試合は振り出しに。と誰もが思ったが、相手の二塁走者がホームに生還する際にサードベースをまさかの踏み忘れ。これを本学の三塁手荻田が見逃さず、審判にリクエスト。相手も抗議をして審議となるもアウトとなり、同点を免れる。最後の一人をファーストゴロに打ち取り、本学が先勝を掴み取った。
グループ首位まであと一勝、4年ぶりの一部返り咲きに向けて、選手たちは一戦一戦全力で戦ってゆく。

DSC_0752.JPG


(試合を左右する判定を
  審議する場面)



監督インタビュー
監物靖浩監督
「目の前の試合を一つ一つという事を忘れずにやってきて、落ち着いて出来ていた。ピッチャーも良く守ったと思う。(最後の場面も)色んな事があるのが野球の試合なので、こういうのも一つの経験となる。Rグループは首位が獨協大学に決まったようだが、自分たちはまず明日。明日全力で戦って首位を取りたい。」


選手インタビュー
石原与一選手
「自分たちはあくまでもチャレンジャーなので、相手よりも泥臭くやって全力でプレーすれば結果はついてくるという思いでやっていた。色んな場面を想定して今年は特に集中して練習出来ていたので、こういう(接戦の)試合展開でも勝ち切ることが出来た。(デッドボールは)痛かったですけど、チームが勢いづくならという思いで立ち上がった。明日どうなるか分からないが、今日と同じ気持ちで臨みたい。」

DSC_0613.JPG







武者壮輝選手
「明星大学とはいい試合をするが中々勝てていなかった。リーグ戦で1位になるということも今までなかったので、チーム一丸で頑張った。自分はどちらかというと長打を打つタイプではないが上位打線に繋げるヒットが打てれば何とかしてくれるという気持ちで打った。みんながすごい喜んで出迎えてくれたので、ホームに還ってきた瞬間はとても嬉しかった。キャプテンを中心にチームがまとまっているので、明日もしっかり勝てるように頑張りたい。」

DSC_0623.JPG







江村伊吹選手
「緊張することなく落ち着いてやれていた。自分が0に抑えられれば負けることはないので、自分の与えた四球から一点を取られてしまったのは悔しいが、抑えられてよかった。ケガ明けで今まで中々上手く投げられていなかったが、今日これだけ投げられたので自信になった。まだ戦いは終わらないので、これからも頑張りたい。」

DSC_0615.JPG







西川英志選手
「今日は途中からの登板で、先輩に頼んだぞといわれたので、何としてでも守りたかった。1点差というのはちょっと怖かったが先輩たちに声をかけてくれたので心強かった。投手陣としてもどうしたら抑えられるかというのを共有できているし、アドバイスもいただいているのでまとまっていると思う。(最後の場面は)相手も一点が必要な場面で焦っていたと思うし、それを見逃さなかった荻田さんも心強かった。その中で自分も動揺したりしてはいけないなと思っていたので、審判が集まっている間も集中を切らさないようにしていた。自分はまだ2年なので1.2年生の選手を引っ張っていけるようになりたい。」

DSC_0713.JPG







【小山智也】
posted by スポダイ at 20:00| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする