2019年03月22日

【軟式野球部】首都大学軟式野球連盟春季リーグ1部 対獨協大学

首都大学軟式野球連盟春季リーグ1部 対獨協大学

日時:3月22日 10:00〜

会場:所沢市総合運動場野球兼ソフトボール場



チャンスを生かし、

大量得点で勝利を掴む!

大東|000 000 204|6
獨協|000 000 000|0

 初戦を勝利で飾れず敗戦した試合から早くも今日を迎える。本日は風も強く、グランドにはたまに砂埃が出ることもある中での試合。相手は獨協大学であり、過去の試合では惜しくも僅差で敗れている。打線をつなぎ、今回こそは勝利を飾れるかが期待される。
試合が始まると、お互いに三人でと打線を封じられることが多く、ランナーは出るもなかなか進塁できないという拮抗した展開の幕開けとなった。3回表の攻撃で八木琢磨(法律1)の犠打によりランナーが得点圏に進み、チャンスが巡ってくるもフライに倒れてしまう。更に、4回表でも小柳友哉(スポ科1)のレフト前ヒットでランナー1・3塁となるが、ここでもフライと打ち取られてしまう。主導権は本学が握っているものの、良い流れへとつなげることができず攻めあぐねている。5回裏、本学の捕球エラーによりランナーが3塁に置かれる危機のなか、冷静沈着に対応しピッチャー前ゴロと防いだ。

332_large.jpg
▲先制点を決めた
八木琢磨(法律1)

 ようやく本学が7回表、玉川朋大(社経2)の長打から始まり、八木のライトへの長打でこの試合の先制点を奪う。勢いはとどまらず、大家渉(英語1)も長打を放ち、追加点を取る本学。7回裏から本学のピッチャーが小柳から林康太(社経1)に交代し、相手に得点を取らせない気迫あるピッチングをみせていく。2点とリードした展開で迎える9回表、本学の打線が爆発し、仲川友基(英語1)のライト前ヒットで満塁となる。そこに狙いを定めたかのように長谷川怜央(現経1)のセンターへの大きい一打で一気に3点と広げる。チャンスを活かし、柳志宏(日文1)のレフトヒットでだめ押しの6点目を奪い、6点のリードを維持したまま試合を終える。最終的には大量得点での勝利と良い結果をもぎ取った本学。

1_large.jpg
▲後半を担った
林康太(社経1)


〈コメント〉
玉川主将(社経2)

Q今日の試合で勝利をつかめたことはどうだったか

 投手が粘ってくれていたのでなんとか点を取れて良かった。もっと野手が頑張れたら良い

Q前回の明星大学戦と比べて良かった点、悪かった面は

 チームの雰囲気が最後まで明るく、後半に点が取れて良かったが、前半で点が取れなかったことは悪かった

柳志宏(日文1)
Q今日の試合はどうだったか

 前半は苦しい展開で投手に助けられた。リズムを掴んでからテンポ良く点を取れたが、全体的に投手の粘り勝ちの試合だった

Q試合中、いつも笑顔で盛り上げ役になっていたが、どんな意識をしているか

 苦しい展開になってもチームが沈まないように意識している

Q春季リーグでの個人の目標は

 個人的にもチーム的にも今いるメンバーで全国に行きたい

八木琢磨(法律1)

Q先制点となる長打を打ったがどうとらえているか

 先制点が欲しいところで玉川さんが出てくれたので今回なんとしても点を取ろうという気持ちで打席に立った

Q前回の明星大学戦と比べて変わった面はあるか

 前回は一本も打てなくてチームに貢献できなかったので甘い球が来たら積極的にいこうという気持ちを意識した

Q春季リーグでの個人の目標は

チャンスで一本!!または、足に自信があるのでそれを活かしていきたい


更新が遅くなり、申し訳ありませんでした。
【奈良佳織】


posted by スポダイ at 23:40| 軟式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【軟式野球部】首都大学軟式野球連盟春季リーグ1部 対明星大学

首都大学軟式野球連盟春季リーグ1部 対明星大学

日時:3月20日 10:00〜

会場:所沢市総合運動場野球兼ソフトボール場


勝ちきれず、

初戦を飾れずに終わる

明星|012 010 012|7
大東|100 200 000|3


68_large.jpg
▲攻撃面で貢献した
長谷川(現経1)

 本学にとっては3月4日の試合が雨天中止になり、今日が春季リーグの初戦となる。昨年の秋に3年生が引退し、新チームとなった本学。相手は明星大学と、本学にとっては今年度の公式戦では2戦2敗と相性が悪い相手だ。その相手に勝利を収め、良いスタートを切れるかが注目される一戦となる。
本学の守備から試合が始まり、小柳友哉(スポ科1)の立ち上がりのピッチングは調子よく進む。初回の立ち上がりを狙われることが多い本学だが、ランナー1塁、長谷川怜央(現経1)のセンターへのタイムリーヒットで相手よりも先に先制点を奪う展開となる。この調子でいくかと思われたが、相手も負けじと食らいつき、2回表に追いつかれる。途中には、満塁となり、早々に2追加点を奪われかねない状況も起きるなか、打たせて取るプレーで難を逃れる。しかし、これで終わらず3回表にランナーが得点圏にいる状況で相手にHRを放たれてしまう。本学は2点のビハインドを背負うという苦しい流れに陥る。それでも諦めるような様子は全くなく、ただ前を見据えている。追いつくのにそう時間はかからず、4回裏、打線が上手く繋がり始める本学。ランナーを二・三塁へ置き、小柳のライトへの犠打でランナーが帰還し同点と試合を振り出しに戻す。お互いに譲らず互角とも言えるほどに白熱していく試合。
129_large.jpg
▲マウンドに集まり、鼓舞し合う本学
 それを覆すことになったのは試合が終盤へと近づきつつある8回表。ランナー2塁の場面でレフトライナーを打たれると同時に本学のエラーにより5点目を許してしまう。この悪い流れを止められずに9回表に2本目となるHRで更に点差が開いてしまい、本学はなすすべもなく初戦を勝利で飾ることはできずに次回へと持ち越しになった。

〈コメント〉
玉川朋大主将(社経2)
Q今日が本学にとっての春季リーグ初戦だが、春季リーグの意気込みは
 全国出場を目指して明るく楽しい雰囲気で頑張る
Q試合はとても白熱した展開で互角に思われたが敗戦となってしまったことはどう思うか
 チャンスで一本でなかったことが多かった
Q主将としての目標などはあるか
 このチームで全国に行くこと!
長谷川怜央(現経1)
Q試合に勝ちきれなかったことに何か課題はあるか
 チャンスの場面で打てなかったこと、守備の面では得点に絡むエラーがあったこと
Q攻撃面で活躍していたがどう捉えているか
 序盤は先制点を挙げることができて満足。しかし、勝ちきれなかったのでとても苦しい
Q春季リーグでの個人の目標は
 自分の持ち味は長打力なのでHR王を目指したい
【奈良佳織】
posted by スポダイ at 22:37| 軟式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする