2019年01月16日

【スケート部】第91回日本学生氷上競技選手権大会


 第91回日本学生氷上競技選手権大会は栃木県日光市において1月4日に開会式を行い翌5日から3日間スピードスケート競技が行われた。女子学校対抗では昨年優勝校高崎健康福祉大学と最終日まで熱い優勝争いをしましたが、惜しくも3点差の2位となった。また、男子学校対抗は一ケタの順位を目標として臨み、見事5位となった。

学校対抗 女子総合2位、男子総合5位、女子500m 稲川くるみ(スポ科1)優勝、女子3000m ウィリアムソンレミ(外英1)優勝 含む8個の表彰台

主な競技結果(得点獲得者:男子15位、女子12位)
種目
名前
(学科・学年)
順位タイム
男子1500m
川村 航汰
(社経1)
10位1分56秒45
男子5000m
中村 開哉
(社経2)
8位6分59秒42
 
高橋 孝汰
(経営2)
10位7分02秒00
男子10000m
高橋 孝汰
(経営2)
3位14分28秒28
 
中村 開哉
(社経2)
10位14分54秒65
 
道下 雅繁
(社会1)
14位15分10秒01
男子2000mリレー
宇賀神 怜眞
(現経1)
浅木 優吾
(教育1)
高橋 孝汰
(経営2)
川村 航汰
(社経1)
7位2分30秒82
 
 
 
男子チームパシュート
高橋 孝汰
(経営2)
中村 開哉
(社経2)
道下 雅繁
(社会1)
6位4分11秒27
 
 
男子学校対抗 第5位 54点
女子500m
稲川 くるみ
(スポ科1)
1位39秒61
女子1000m
稲川 くるみ
(スポ科1)
3位1分21秒03
女子1500m
富田 裕香
(スポ科3)
2位2分06秒21
 
ウィリアムソン レミ
(外英1)
3位2分06秒82
 
賀来 真穂
(中文1)
11位2分09秒73
女子3000m
ウィリアムソン レミ
(外英1)
1位4分20秒38
 
熊谷 帆乃香
(スポ科2)
3位4分26秒66
 
富田 裕香
(スポ科3)
5位4分28秒45
女子2000mリレー 失格 
女子チームパシュート
ウィリアムソン レミ
(外英1)
賀来 真穂
(中文1)
富田 裕香
(スポ科3)
1位3分19秒61
 
 
女子学校対抗 第2位 113点


スケート部主将 富田裕香選手のコメント
『この度、第91回日本学生氷上競技選手権大会において、学校対抗女子総合第2位、男子総合第5位という成績を収めることができました。私たちは4月からこの大会を最大の目標し、練習を積み重ねてきました。目標に掲げていた、女子総合優勝には届かず悔しい気持ちもありますが、まだまだこれからなチームだと思うのでここをスタートだと思いこの悔しさを忘れずに来年こそはリベンジして行きたいと思います。インカレ期間中は、門脇学長先生をはじめ多く大学関係者の方々、OB OGの先輩方、保護者の皆様が会場まで応援に駆けつけでくださいました。お陰様で、チーム一丸となりインカレを戦い抜くことができました。本当にありがとうございました。今シーズンは残り少ないですが、気持ちを切り替えて頑張って参ります。引き続き応援のほどよろしくお願い致します。』

(情報提供・スケート部)

【西澤 蒼馬】
posted by スポダイ at 01:30| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スケート部】第42回全日本スプリントスピードスケート選手権大会


 第42回全日本スプリントスピードスケート選手権大会が2018年12月29日〜30日にかけて北海道帯広市明治北海道十勝オーバル(帯広の森屋内スピードスケート場)にて行われた。

 出場者: 稲川くるみ、桑原僚己

主な結果
種目名前順位タイム
500m1回目
稲川 くるみ
(スポ科1)
5位38秒72
1000m1回目16位1分20秒56
500m2回目6位38秒85
1000m2回目棄権 

稲川くるみ(スポ科1)

  2018/2019ワールドカップスピードスケート競技会 (ノルウェー ハーマル 2月1日〜3日) 日本代表決定

 松澤優花里(スポーツ科学科 平成30年3月卒業)

  2018/2019ワールドカップスピードスケート競技会 (ノルウェー ハーマル 2月1日〜3日) 日本代表決定


(情報提供:スケート部)

【西澤 蒼馬】
posted by スポダイ at 00:41| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スケート部】第86回全日本スピードスケート選手権大会 


 第86回全日本スピードスケート選手権大会が2018年12月25日〜26日にかけて北海道帯広市の明治北海道十勝オーバル(帯広の森屋内スピードスケート場)にて行われた。
 出場者: 高橋 孝汰、中村 開哉、富田 裕香、熊谷 帆乃香、ウィリアムソン レミ、賀来 真穂  以上6名


主な結果
女子 総合第5位 ウィリアムソン レミ(外英1)171,352
種目順位タイム
500m18位42秒63
3000m6位4分16秒04
1500m13位2分05秒40
5000m2位7分22秒49


ウィリアムソン レミ(外英1)
 2018/2019ワールドカップスピードスケート競技会 (ノルウェー ハーマル2月1日〜3日) 日本代表決定
  
2019 世界距離別スピードスケート選手権大会 (ドイツ インツェル 2月7日〜10日)   日本代表決定



ウィリアムソン レミ選手のコメント
『この度第86回全日本スピードスケート選手権大会におきまして、5000M 第2位、4種目総合第5位という結果をおさめる事が出来ました。10月に行われた全日本距離別選手権大会では果たすことの出来なかったシニア世代でのワールドカップ、世界距離別の出場権利をつかむ事が出来てとても嬉しく思います。日本でもまだまだトップ選手には及びませんが世界のレベルを体感して来年のモチベーションになればと思います。応援よろしくお願いします。』

(情報提供:スケート部)

【西澤 蒼馬】
posted by スポダイ at 00:40| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする