2020年08月07日

【女子サッカー部】皇后杯JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会埼玉県予選 大東文化大学、DBFC楓昴初戦



場所:SFAフットボールセンターKAZOヴィレッジ
日時:8月2日15時00分〜


待ちに待った試合再開!

ム観客でもムサタンに昨年のム念を晴らす!!


 新型コロナウィルス感染症の蔓延に伴い延期になっていた試合が、無観客ながら遂に再開した。初戦の相手である武蔵丘短期大学は、昨年の同大会で接戦の末敗戦を喫しており、選手たちはそのリベンジに燃えていた。
またDBFC楓昴も同じく試合が再開。けがを乗り越えDBFC楓昴の主将となった新城をはじめ、新生DBFCの成長にも期待が高まる。


※新型コロナウィルス感染症への対策として、現地での取材は行わず、女子サッカー部より情報提供をして頂きました。


大東文化大学 1-0 武蔵丘短期大学

前半15分 渡辺莉奈


(出場選手)

大東スタメン

GK 斎藤

DF 浅田齋藤久保田

MF 池田渡辺合田加藤

FW 中村宇津木


(選手交代)

後半 加藤宇田川 池田竹内


(試合展開)

前半の入りは良く、何度か良い形で攻めることが出来たが、なかなか点が決まらない状態が続いた。そんな中でコーナーキックのチャンスができ、決めきることが出来た。その後後半に行くにつれて、足も止まっていき攻められる展開が続いたが、なんとか1点を守りきり、試合を終えた。


〔インタビュー〕

川本竜史監督

・どのような思いで試合に臨んだか。

待ちに待った実戦だったので、思う存分に楽しんできてほしいと伝えました。


・試合を振り返って

大東の方は立ち上がりに良い形攻め込んで、あとはしのいだ感じ。DBの方は前半は粘り強く耐えていたけどラストプレーで失点し、後半は足が止まった感じ。


・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

厳しい連戦となるが、その厳しさも含めて真剣勝負できる環境に感謝して、思い切りプレーしてほしい。


・この試合のターニングポイントとなった場面は。

大東の方は先制点。DBの方は前半ラストプレーでの失点。


合田蒼乃主将

・どのような思いで試合に臨んだか。

なかなか思うような活動ができない期間でも、それぞれが試合に向けて取り組んできたことや、チームとして取り組んできたことが無駄ではなかったと言うことを今回の試合やこの先の試合も勝って結果という形で証明したいという思いで臨みました。また、このような状況で全員が会場に来ることができなかったので、来れなかった子の思いも背負って絶対勝ちたいと思いました。


・試合を振り返って

まずは1回戦勝つことができてほっとしてます。それでも久しぶりの試合で沢山の改善点が見つかり、まだまだ足りないことばかりだなと思いました。

それでも、久しぶりにみんなが疲れた〜って嬉しそうに言っている姿だったり、みんなで勝って喜ぶことができたのは嬉しかったです。


・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

今回惜しくも敗れてしまったDBの分もまずは県予選を絶対に勝たなければいけないし、この先もチーム全員で日本一を目指して目の前の試合に全力で臨みたいです。


・得点のシーンなど、自分の活躍したシーンについて解説

昨年から得意としてたセットプレーで得点できたことはよかったと思います。今シーズン初得点はりなに持っていかれました笑


渡辺莉奈選手

・どのような思いで試合に臨んだか。

→2月ぶりの試合で不安や緊張もありましたが

このチームで試合ができるということがとても嬉しいと素直に感じました。この試合ができることが当たり前ではないし、来れなかったメンバーの為にも感謝と去年の皇后杯予選で負けていたので絶対に勝たなければいけないという気持ちで臨みました。


・昨日の試合を振り返って

自分のパスミスや判断ミスなどでピンチを何度も作ってしまい、自分の現在のコンディションを再確認できたし、自分がこの試合でできたことが少なくて情けないし悔しいと感じることが多かったです。その中でも得点できたことは素直に嬉しかったです。しかし、今後自分が取り組まなければいけないことが明確になった試合にもなりました。


・次の試合(今後)に向けての意気込み

この試合を経て自分の課題やチームとしての課題が見つかった試合になって、今後良い内容の試合、試合に勝つための準備をできたらいいと思います。去年のような感じで試合はできないと思いますが、自分含めひとりひとりができることを最大限やっていくことが今後につながってくると思います。

自分自身ポジション的にチームの中心でプレーすることが多いので止める、蹴るの技術や、素早い判断、展開できる技術を練習してチームに貢献できるように努力していきたいと思っています。


・自分の活躍したシーンについて解説

れいな(鏡選手)からのCK

自分のところにピンポイントできて、合わせるだけでした。




DBFC楓昴0-5 1.FC川越水上公園メニーナ

前半42分失点 

後半14分失点36分失点40分失点44分失点


(出場選手)

GK 三友

DF 工藤田中田邊山口

MF 大久保木村志賀谷内

FW 新城山下


(選手交代)

後半 新城齋藤蘭 谷内小林花鈴

   大久保梨本 工藤坂本

   三友紺野



(試合展開)

前半の入りから相手に押し込まれる展開が続き、前半アディショナルタイムまでなんとか防いだが、ラストプレーで失点してしまった。

後半はメンバーチェンジをしながらなんとか追いつこうとハイプレスを仕掛けたが、それを逆手にとられ失点を重ねてしまい、結果0-5で惨敗でした。


〔インタビュー〕

DBFC楓昴主将 新城葉月選手

・どのような思いで試合に臨んだか

待ちに待った今シーズン初の公式戦。このような状況の中でもサッカーができる環境があることに感謝の気持ちを忘れずに、勝つ為の準備をチーム全員で考え工夫し臨みました。


・試合を振り返って

完敗でした。少ない時間の中で自分たちで考え工夫して試合に挑んだからこそ、悔しい気持ちでいっぱいでした。ですが、下級生や同級生の頑張る姿にとても背中を押されました。まだまだ伸び代が沢山あるチームです。もっともっとがんばります。


・今後への意気込み

残りの限られた時間を大切にしながら、一戦一戦に対して感謝の気持ちを忘れずに仲間と勝利の喜びを味わう為の底上げをしていきます!


・活躍したシーン

活躍できる場面が全くありませんでした。不甲斐ないです。しかし、ある場面の前半で守備のときに、副主将の中村姫花の顔が頭に浮かび、前からハイプレスをかけることができました。そのあとのプレーは酷かったですが、、、。気持ちがプレーに溢れ出てる選手は私のチームには沢山です。同じように私ももっと努力します!


三友采栞選手

・どのような思いで試合に臨んだか。

とにかく、DBとして試合に勝つ。その上で、今の自分ができることを精一杯表現しようと思い試合に臨みました。


・昨日の試合を振り返って

結果としては負けてしまい、自分の失点を悔やみますが、久しぶりの公式戦はとても楽しく、今の自分を表現できたと思います。


・次の試合(今後)に向けての意気込み、展望

今後、DBとしての試合があるかはまだ分かりませんが、あった場合は1試合でも多く勝ちたいです。また、関カレまではもう1ヶ月もないので、去年は入ることの出来なかったメンバーに入り、チームに貢献したいです。


・自分の活躍したシーンについて解説

1本目のシュートストップは、正直打たれた時は味方のDFに隠れていて、大体のタイミングと方向でとぶしか選択肢がありませんでした。なので、自分の手にボールが収まっているのを見て嬉しかったですが驚きもありました。

このプレーで自分自身、いつも通りに動くことが出来たと思います。



情報提供:女子サッカー部

【小山智也】

posted by スポダイ at 13:00| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

【スポーツ大東編集部】7月号発行のお知らせ

7月号完成しました!
〜初の試み・在宅制作〜

7月20日、7月号無事完成しました。今回はすべて在宅で新聞を制作し、6面すべて企画面を掲載する前代未聞の号となりました。

1面では様々な部活動の選手の元気な姿を送ってもらうのとともに、今年度の目標を主将に伺いました。2面ではスポダイ部員が部活動の魅力が熱く語っています。また3面では今年度から入学した1年生特集を組みました。大会が再開した際にはぜひ注目してみてください。4面では選手のお家ごはんを伺いました。どれも美味しそうな上スタミナ満点ですので、一度作ってみては?5面は熱中症対策講座を掲載しています。マスクが手放せない今年の夏、ぜひ参考にしてみてください。6面では大東スポーツの平成史を辿りました。「あれ懐かしいな」などと読者の皆様に楽しんでいただければ嬉しいです。

ぜひ11月号はみなさまに試合の模様をお届けできればと思います。


《部員のコメント》

高橋芹奈(法律3)
【1面 、6面 面責】担当記事:3面 男子バスケットボール部、5面 男子バレーボール部

今回は新型コロナウイルス感染症の影響で試合が中止・延期が続く中でしたが、7月号無事完成しました。よかったです。11月号ではぜひ大会の取材を行えればと思います。少しでも収束に近づきますように。

丸山カノン(日文3)
【5面 面責】

まずは、スポーツ大東の制作に協力してくださった方々に感謝したいです。ありがとうございます。7月号は今までにない制作方法で、私も実家から新聞制作に関わったのは初めてでした。このような時期ではありますが、少しでも大東スポーツの事が伝えられていたら嬉しいです。

大島拓也(歴文3)
担当記事:1面 四季

今年度は予期せぬ形でのスタートとなりました。今回の7月号ではカラー面を含む全面で特集を組むという初の試みが行われました。2面は女子陸上競技部と女子サッカー部の担当が経験と情熱をもって語り、3面では次代の大東を背負うルーキー、4面でステイホーム中の選手の食生活、5面には夏を乗り越えるための取り組みをまとめました。そして、裏の6面がこれまでの大東スポーツの歴史を、表の1面がコロナを乗り越えた先へ進み歩もうとする選手の皆さんを記載しています。大東スポーツのこれからを担う選手たちの不屈の闘志と躍進への大望を少しでも感じていただけたら幸いです。選手の皆さんがコロナ禍の中で例年よりも一つ一つの練習や日々の生活を大事に頑張っています。私たちもその頑張りと新型コロナウイルス感染症に負けないように本学スポーツの魅力を伝えていきたいと思います。新型コロナウイルス感染症で苦しんでいる今だからこそスポーツという世界共通の分野を一緒に盛り上げていきましょう!


小山智也(政治3)

【2.4面面責】担当記事:2面 女子サッカー部、3面 ラグビー部、4面 男子サッカー部・女子サッカー部・硬式野球部、5面 男子サッカー部

新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、試合が出来ない中で、私たちに何が出来るのか、そして何をすべきなのか、という事を第一に考えて新聞制作を行いました。私が担当した2面は、今改めて知ってほしい大東スポーツの真の魅力を、担当記者が独自の目線で語り尽くしました。4面は健康管理に気をつける選手たちのお家ごはんをご紹介しております。他にも、試合がないからこそ選手たちがひと肌脱いで協力していただいた特集企画が目白押しです!是非ご覧になって下さい!また現在大学での配布が出来ない状態が続いております。ご興味のある方は、本ページのQRコードより、定期購読も是非ご検討下さい!


長橋健太郎(経営3)

担当記事:3面 アイスホッケー部

3面アイスホッケー部の記事を担当しました。3年の長橋健太郎です。今年度の活躍が期待されている一年生から話を聞けたことで、活動が再開してからの取材が楽しみになるような記事が書けました。是非読んでみてください。


西澤蒼馬(社会3)

担当記事:2面 陸上競技部女子長距離、3面 スケート部、陸上競技部男女短距離、5面 陸上競技部男女短距離、6面 テコンドー部

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大会が延期・中止となる中、スポダイは発行しました。すべてオンライン形式で取材を行いましたが、選手の皆さんは快く取材を受けてくださいました。深く感謝しています。新入生特集や部の魅力など豊富な情報量の各紙面、ぜひご一読ください。


新井美咲(経営2)

【3面面責】担当記事:4面 女子ラクロス部・アメリカンフットボール部、5面 剣道部

今回は、新聞完成まで部員同士が顔を合わせることなくオンラインでの会議や取材を行いました。初めての試みで、慣れない部分も多く、明確に考えを伝えられないことも何度かありましたが、無事に発行できたことを嬉しく思います。また、慣れないオンラインでの取材に、ご協力いただきましたこと、大変感謝しております。ありがとうございました。そして、個人としては、2度目の面責を担当しました。先輩方に手伝って頂きながら指示を出していましたが、前回より、少しだけ面責としても成長できたかなと思います。最後に、一刻も早く状況が回復し、選手たちが晴れ舞台で活躍できること、皆様の声援が直接彼らに直接届くことを心から願っています。


長橋旺延(日文2)

担当記事:3面 ラグビー部

今回の新聞制作は、さまざまな面で普段とは異なるスケジュールや取材方法での発行となりました。しかし、おおむね予定通りに制作できたので本当に良かったと思います。11月号ではぜひ直接取材したいと思います。


【高橋芹奈/丸山カノン/大島拓也/小山智也/長橋健太郎/西澤蒼馬/新井美咲/長橋旺延】
posted by スポダイ at 22:10| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

【スポーツ大東編集部】4月号発行のお知らせ

4月号が完成!
〜新年度もスタートします!〜

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!この度、スポーツ大東編集部「新入生歓迎号」である4月号の発行が完成いたしました。

 1面を飾るのは東京2020五輪内定を決めた鈴木リカルド選手です!この面にはリカルド選手の心境や魅力などが詰まっております。また鈴木セルヒオ選手や山田美諭選手のインタビュー内容も掲載されているので、そちらにも注目してみてください!6面には、富士山女子駅伝!長年本学のエースとして活躍してきた関谷夏希選手の大学最後の駅伝でもありました。優勝には届きませんでしたが、確かに爪痕を残した富士山駅伝の模様をぜひ記事で確認していただければと思います。
 2、3面には新入生に向けた部活動紹介が掲載しています。こちらの面は本学に入学してくる新入生向けの紹介面ではありますが、知られざる情報が載っている面でもあります。たとえば文章中に今年度の意気込みが載っていたり、今年度の主将がみなさんに向けてのメッセージも入っていたりします。ぜひ注目してください!4面を大きく飾るのは、アイスホッケー部です。見事悲願の昇格を果たした一戦の試合展開をギュッと凝縮した記事となっております。またこの面には男子バスケットボール部や男子長距離、スケート部なども掲載されています。5面には、スポ大が厳選した次世代の4人「NEXT4」について書かせていただきました。部員全員で議論を重ね、選び抜いた4人。スポ大部員による展望記事やプロフィール、きっとみなさんを虜にする要素がたくさんある選手たちです。ぜひ今年度は特に注目してみてください!
 本日から新年度がスタートします。本来であればそろそろリーグやトーナメントが始まる時期ですが感染症の拡大のため試合が延期や中止が発表されており、まだ取材には行けていないという状況です。早期の終息を願うばかりです。

《部員からのコメント》

高橋芹奈(法律3)【5面面責】【1面紙面構成】担当記事:4面 男子バスケットボール部、5面 男子バスケットボール部

今回は主に男子バスケットボール部を担当させていただきました!4面のインカレは惜しくも3位という結果ではありましたが、選手の一生懸命に試合に挑む姿は本当に感動的でした。2020は編集長として迎えるラストイヤー。今年度もスポーツ大東編集部をよろしくお願いします。


丸山カノン(日文3)

4月はたくさんの出会いの季節であり、部活に入部する時期ですが、今年はあいにくの状況となってしまい私個人としても悲しい気持ちでいっぱいです。このスポーツ大東4月号を読んで、より多くの部活を見ていただけたら幸いです。



西澤蒼馬(社会3)【6面面責】担当記事:4面 スケート部スピードスケート、5面 陸上競技部女子長距離(鈴木優花)、6面 陸上競技部女子長距離

本学は女子アスリートの活躍が目まぐるしいです。スピードスケートのウイリアムソンレミ選手はワールドカップ(W杯)日本代表に選出され、また女子長距離は富士山女子駅伝で準優勝と輝かしい実績を残しました。この記事を読んでいただき、現地で観戦してテレビなどでは決して伝わり切らない雰囲気を肌で感じとっていただきたいです。スポダイの活動としてのラストイヤーは、多く取材して興味を持っていただける記事を執筆していこうと思います!今年1年間よろしくお願いいたします。


小山智也(政治3)担当記事:4面 女子サッカー部 /自転車同好会、5面 ラグビー部

今回は記事の量は少ないものの、最近好成績を収めている自転車同好会、そして毎日取材を重ねてきた女子サッカー部、さらには初めてラグビー部の記事も書かせていただきました。また記事以外でも広告の仕事もあり、今回も見所満載の新聞が出来たと感じております。近頃では新型ウイルスの流行に伴い、多くの人が苦しい局面を迎えておりますが、私たちの記事で、少しでも元気になってもらえれば、光栄の極みでございます。そして、私はこれから3年生となります。自覚と誇り、そして責任を胸に、これからの1年間も選手と共に最後まで戦い、皆さまに今まで以上に成長した姿を見せられるように頑張ります。これからも、スポーツ大東編集部をよろしくお願いいたします。


長橋健太郎(経営3)【4面面責】担当記事:4面 アイスホッケー部

2年生最後にアイスホッケー部念願の上位リーグ昇格についての記事を書くことができ、記事や写真共に自信のあるものを作ることができました。

3年生になり、スポーツ大東の生活もあと一年です。残り1年後悔の無いように、過ごせればと思います。


大島拓也(歴文3)担当部活:1面 テコンドー部、5面 テコンドー部

4月号では1面の記事を担当致しました。鈴木兄弟の強さや思いなどを感じていただければ嬉しく思います。今年度もよろしくお願いいたします。


長橋旺延(日文2)担当記事:4面 陸上競技部男子長距離

1年生最後の記事で箱根駅伝の事を取り上げられたことはとても嬉しく思います。今年度は更に色々な部活を取材して、スポダイに貢献していきたいと思います。


新井美咲 (経営2)【2面面責】【3面面責】担当部活:6面 女子長距離

私事ですが、今回は初めて面責を担当させて頂いたり、カラー面の記事を書かせて頂いたり、初めて尽くしの4月号でした。特に初めての面責は嬉しい反面、苦戦する事が多々ありました。文章にしても、割付にしても未熟な部分が多く読みづらい所もあると思いますが、読んで頂ければ幸いです。多くの混乱の中スポーツにも様々な影響が出ていますが、そんな中で光を差してくれる選手達の活躍にこれからも注目していきたいと思います。


【高橋芹奈】

posted by スポダイ at 12:41| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

【自転車同好会】全日本RCS最終戦 第14回明治神宮外苑クリテリウム大会

日時:2月23日()11時
会場:明治神宮外苑


最終戦 神宮外苑大会

鋭いカーブでいつも以上に激しいせめぎ合いに…

DSC_0119.JPG


(最終戦ということで
   盛り上がりも最高潮に達していた)




  結果   タイム  トップとの差

6位 深瀬僚斗 0:09'33  3秒  37.7q/h (クラス3A)

12位 小松雅佳 0:09'37  5秒  37.4q/h (クラス3C)


DSC_0094.JPGDSC_0143.JPG







 前回の埼玉県川島町役場前クリテリウム大会から1週間、今季の全日本RCSの最終戦が、東京の神宮外苑で開催。
神宮のコースは1周の距離が前回のレースの半分の長さと短いうえ、鋭角のカーブの多いコースで、いつも以上に激しいデッドヒートが繰り広げられるレース展開となった。

クラス3Aに出走した深瀬僚斗は先週と同じようにスタート直後から先頭集団の上位4番手につける。そのまま優勝が狙える位置でラスト1周を迎えるも、最後のカーブでトップを差すことは出来ず、トップと3秒差の6位に終わった。

クラス3Cに出走した小松雅佳は、前回大会でスタートの部分を課題として上げていたが、今回はその課題を克服しトップ集団に食らいつく。しかし、最後の一周でトップには離されてしまい、12位でフィニッシュ。

両選手とも目標としていたクラス2への昇格はなしえなかった。
しかし、二選手ともまだ一年生。来季に向けて期待の膨らむ1年間となったことは間違いない。
来季も全日本RCSの序盤戦は地方開催となるが、注目が高まる。

DSC_0165.JPG


(左から小松と深瀬)




選手コメント

深瀬僚斗選手(法律1)
「必ず1位を獲るという気持ちで挑んだ。落車が多いと聞いていたのでそこは気を付けていたが、少し慎重になりすぎてしまった。やはり短いコースなので、スプリント勝負はとても激しかった。慎重になって力を出し切れなかった部分があるのでとても悔しい。(来季に向けては)地方開催の大会とかもあって、起伏のあるようなコースもあると思うので、どんな所でも対応できるように練習していきたい。」

小松雅佳選手(経営1)
「今季最後の大会ということもあっていつも以上にお客さんや歓声も多くて、ホームストレートのところは特に応援団とかもいて自然と力も沸いたし、走っていてとても気持ちの良いレースだった。だからこそ勝ちたいという思いも強かったが、やはり力が足りなかったなと思う。序盤はいい位置に付けることが出来たが、中盤で中弛みしてしまって、結局最後は埋もれてしまった。落車なく終われたのは良かったが、スプリントはまだまだ課題が見つかったので、来季に向けて間を空けることなく克服していきたい。」



【小山智也】
posted by スポダイ at 20:00| 自転車同好会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

【自転車同好会】全日本RCS第11戦 埼玉県川島町役場前クリテリウム

日時:2020年2月16日(日)
会場:埼玉県川島町役場前


クラス2昇格ならずも

  インカレ目指しカイソウ中!

DSC_0024_original.JPG






先月に続き、埼玉県川島町で全日本RCS第11戦が開催された。 本学からは、小松雅佳と深瀬僚斗がエントリー。

 深瀬僚斗は、見事入賞を果たした行田クリテリウム以来の出場。今回はクラス3Aに出走した。3か月ぶりの大会となったが、そのブランクを感じさせない走りでトップ集団に入り周回を続ける。残り1周のところで2位まで浮上するも最後は惜しくもスプリント勝負で競り負け、7位。入賞は果たすもクラス2への昇格にはまたも一歩届かなかった。レース後のコメントで深瀬は「自分の走りは出来たが、スプリント勝負は肺がやられるくらいキツかった。来週の神宮は距離が短く激しいレースになるので、ラストスパートを意識してペダル全開で頑張りたい」と改善点を確認。

またクラス3Bに出走した小松雅佳は行田クリテリウム以降も出場を続け、今大会が4回目の出走となった。完走は果たしたものの入賞には届かず「序盤で出遅れてしまい、何とか集団に追いついたものの、終盤のスプリント勝負を戦える体力が残っていなかった。最初と最後が課題」と振り返った。

DSC_0018_original.JPGDSC_0056_original.JPG







また二人は口をそろえて「インカレに出たいので、そのために少しでも早くクラス2に昇格したい」と意気込む。
次は今季の最終戦。1年間の集大成をこの神宮で見せられるか。注目が集まる。



次の大会
 2月23日(日)

2019RCS最終戦 第14回明治神宮外苑大学クリテリウム


【小山智也】
posted by スポダイ at 14:30| 自転車同好会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする