2020年01月17日

【女子サッカー部】第26回関東女子サッカーリーグ入替トーナメント大会・2部入替戦初戦 帝京平成大学戦

日時:1月13日(月祝)11時00分キックオフ
会場:流通経済大学竜ヶ崎キャンパスグラウンド


3度目の正直

粘りの戦いでPK戦までもつれるも

       意地見せた!


大東文化大学 0−0 帝京平成大学
     (PK6−5)

PK
帝平大 〇×〇×〇〇×〇×
大東大 ××〇〇〇〇×〇〇


スタメン
   宇津木 山室

豊原 合田 渡辺 藤本

高玉 齋藤 鏡  浅田

    斎藤


 インカレで日体大に0-1で惜しくも敗戦を喫してから約3週間。4年生にとって最後の戦いが始まった。
この大会は関東女子サッカーリーグに昇格するための大会で関東の各都県リーグの優勝チームに参加資格が与えられる。
埼玉県リーグを優勝した本学は埼玉県代表として出場。千葉県の帝京平成大学との初戦を迎えた。

 成人式などで互いに一部選手を欠く中で試合が始まった。帝平大は立ち上がりに強く関カレでは前半2分に失点を喫したが、この試合では序盤はお互いにスロースタートとなった両チーム。それでも前半36分には相手にPA内に侵入され決定機を作られるが、ここは齋藤久瑠美が体を張った守備でゴールを割らせず。0-0で前半が終了した。

DSC_9507.JPG


(好守を見せた
   齋藤久瑠美)


 代わった後半も中々決定的なチャンスを作ることが出来ず、40分ハーフということもあり時間が刻一刻と減っていく。加藤梨子や宇田川凛花といったフレッシュな選手を投入し攻撃の活性化を図るもゴールを奪えず。相手に押し込まれる展開となる。相手に何本もクロスを入れられる展開が続き、日体大戦での失点のシーンが頭の中にはよぎったが、そんな不安とクロスをDFの鏡玲菜が全て跳ね返し失点を許さず。このまま0−0で前後半が終了した。

川本監督はこの前後半を振り返り「相手が思ったよりも来なかったので前半しのぐことが出来たのは良かったが、ゲームプランとして勝負しようと思っていた後半に足が止まってしまっていた」と、スコアレスに終わった80分を分析した。

DSC_9582.JPG


(PK戦で相手のシュートを
    4本止めた斎藤紗絵)


そしてPK戦へ突入。本学選手が2回連続でPKを外すも、GKの斎藤紗絵が奮闘し、何とかお互い3本ずつを決めてサドンデスとなる6本目に突入した。そして9人目、帝京平成大学キックが枠の外に外れると、その後の本学のキッカー、加藤が決め、死闘に終止符を打った。
ゴールを決めると加藤は齋藤のもとに駆け寄り、喜びを爆発させた。

DSC_9595.JPGDSC_9598.JPG







それもそのはず、本学は今年度皇后杯予選と関東Ligaの決勝でPK戦で敗退しており、今年度の主な大会ではPK戦での勝利はなかった。
しかし、選手たちは最後の最後となるこの大会で意地を見せ、死闘を制し次のラウンドへ進出した。
目指すは今までも近いようで遠かった関東女子サッカーリーグへの昇格。今年の目標である「達成」を、最後の最後に実現する事は出来るか。


次の試合… 準決勝 十文字学園女子大学戦

1月25日() 11時00分キックオフ
流通経済大学竜ヶ崎キャンパスグラウンド


【小山智也】



posted by スポダイ at 20:00| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

【スケート部】第92回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)


第92回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)が1月5日〜7日にかけて北海道釧路市で行われた。


学校対抗競技結果

女子総合成績 第2位

男子総合成績 第5位


主な競技結果(8位入賞)

男子10000m

第2位 高橋孝汰 14分37秒24(経営3)

 第8位 原 泰  15分01秒86(経営1)

男子チームパシュート

優勝 4分12秒78 高橋孝汰(経営3)、中村開哉(社経3)、原泰(経営1)

男子2000mリレー

 第5位 2分31秒25 @宇賀神怜眞(現経2)、A浅木優吾(教育2)、B久保祐斗(外英1)C松井菫也(スポ科1)

女子1000m

 第7位 稲川くるみ 1分23秒95 (スポ科2)

女子1500m

第2位 ウィリアムソン レミ 2分08秒81 (外英2年)

 第5位 富田裕香  2分09秒59 (スポ科4)

 第7位 賀来真穂  2分10秒24 (中国2)

女子3000m

優勝 ウィリアムソン レミ 4分29秒32 (外英2)

 第2位 富田裕香  4分32秒00 (スポ科4)

女子チームパシュート

優勝 3分21秒10 富田裕香(スポ科4)、ウィリアムソン レミ(外英2)、賀来真穂(中国2)

女子2000mリレー

第3位 2分45秒25 @能戸若菜(教育4)、A藤原美来(経営2)、B桑原僚己(スポ科2)C稲川くるみ(スポ科2)


 ※表彰台7、 入賞5


4年主将 富田裕香選手のコメント(3000m第2位、1500m第5位、女子チームパシュート優勝)

第92回日本学生氷上競技選手権大会において、女子1500mで第5位、3000mで第2位、チームパシュートで第1位という成績を収めることができました。たくさんの応援ありがとうございました。この1年間、インカレをチームの最大目標として掲げてきました。結果としては女子総合2位という結果で目標にしていた総合優勝には届きませんでしたが、やれるだけのことをやってきたつもりなので後悔はありません。総合優勝という目標は来年の後輩たちに託したいと思います。

この4年間、熱心にご指導いただいた監督をはじめ先生方や先輩方、一緒に練習してきたチームメイトなど本当にたくさんの方にお世話になり支えて頂きました。感謝の気持ちを忘れずにこれからの競技生活に活かしていきたいと思います。4年間ありがとうございました。

引き続き、大東文化大学スケート部の応援をよろしくお願いいたします。


3年副主将 高橋孝汰選手のコメント(10000m第2位、男子チームパシュート優勝)

この度、第92回日本学生氷上競技選手権大会の10000mで第2位、団体競技のパシュートで優勝という結果を収めることが出来ました。この大会に重点を置き、春から練習を積み重ねてきました。4年生と戦う最後のインカレでこの結果を残すことが出来て本当に嬉しく思います。特にパシュートでは女子も優勝し、男女で優勝を果たすことが出来ました。最後に優勝で終われたことは良かったです。しかし、チーム目標であった総合表彰台は叶わず、また、個人の5000mでも納得のいく結果で終わることが出来ませんでした。反省点をしっかりと受け止め、来年のインカレでは更に上を目指して頑張りたいと思います。

3日間、遠くから駆けつけていただいた保護者の皆さんや、OB.OGの皆さんのご声援やご支援のおかげで滑り抜くことが出来たと思います。本当にありがとうございました。シーズンはまだまだ続いていきますので、今後ともご声援のほどよろしくお願いいたします。


2年 ウィリアムソン レミ選手のコメント(3000m優勝、1500m第2位、女子チームパシュート優勝)

この度、第92回日本学生氷上選手権大会におきまして1500m 2位 3000m 1位 団体追い抜き 1位 という結果を収めることができました。

1500mでは去年より順位を上げることができ、3000mでは去年に続き2連覇する事ができました。

チームの目標であった総合優勝には届きませんでしたが、自分の成長も感じられ今シーズン最後の大東文化大学全員での戦いにはふさわしい内容だったと思います。

また来年総合優勝を目標に頑張りたいと思います。

応援ありがとうございました。


2年 賀来真穂選手のコメント(1500m第7位、女子チームパシュート優勝)

二年目のインカレ、女子は団体優勝が目標でしたが、達成できず悔しかったです。自分の目標にも程遠く、自分の実力の低さを痛感しました。チームパシュートではチーム大東の力を発揮でき、応援を力に変え、男女アベック優勝することができて嬉しかったです。来年は今回の悔しさをバネに絶対に総合優勝します。個人でも優勝します。強くなってまたこの舞台に帰ってきたいと思います。インカレ期間中たくさんの方の応援とサポートありがとうございました。


3年 中村開哉選手のコメント(男子チームパシュート優勝)

高橋、原と共に男子チームパシュートで優勝出来たことはとても嬉しいです。監督、スタッフ、サポートメンバーに感謝しています。

ご声援ありがとうございました。


1年 原泰選手のコメント(10000m第8位、男子チームパシュート優勝)

インカレチームパシュートで1位をとることができました。個人種目では10000m8位、5000m15位で悔しい結果ではあったのですが最終日の団体競技で優勝できてよかったです。来年は個人種目でも表彰台にのぼれるように頑張っていきたいと思います。


4年 能戸若菜選手のコメント(女子2000mリレー1走 第3位)

第92回日本学生氷上競技選手権大会に出場し、女子2000mリレーで3位に入賞することができました。昨年のリレーの失敗から作戦を変え、今回のリレーに挑みました。1走から4走まで上手くバトンを繋ぐことができました。私以外のメンバーは来年以降もあるので、更に上を目指して頑張ってほしいです。大学最後のインカレで表彰台に乗れたことはとても嬉しく思っています。応援ありがとうございました。


2年 藤原美来選手のコメント(女子2000mリレー2走 第3位)

第92回日本学生氷上競技選手権大会にて、女子2000mリレーで3位に入賞することができました。

インカレという大きな舞台で滑るという緊張感と、個人種目ではないバトンを繋がなくてはいけないという責任感がとても大きかったです。

今回レギュラーとして選ばれなかったチームメイトの分まで自分は頑張らないといけないと思っていたので、3位になれたことはすごく嬉しかったです。

来年は3位以上になれるように、また1から頑張って行きたいと思います。

ありがとうございました。


2年 桑原僚己選手のコメント(女子2000mリレー3走 第3位)

昨年のリレーではバトンを繋ぐことができず、悔しい思いをしました。今回も出場させてもらえるからにはその当時のリレーメンバーの為にも絶対に繋ぐんだという勝ちたい気持ちで滑り切りました。目標にしていた表彰台だったので嬉しさの半面、まだまだいけると確信出来たリレーだったので来年は優勝目指して頑張ります。応援ありがとうございました。


2年 稲川くるみ選手のコメント(1000m第7位、女子2000mリレー4走 第3位)

大東文化大学の代表として、4走目を走らせていただきました。

1.2.3走と先輩や同期がつないでくれたバトンをしっかり受け取り、最後まで全力で滑った結果が三位で、表彰台に登れたという嬉しさ半分、1番高いところへ行きたいという悔しさ半分という気持ちでした。

来年こそは1番高い台に登れるようにチームで頑張ります!


情報提供 スケート部


【西澤蒼馬】
posted by スポダイ at 17:30| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スケート部】稲川くるみ 2020 ISU 四大陸スピードスケート選手権大会出場決定


 稲川くるみ(スポ科2)が、2020 ISU 四大陸スピードスケート選手権大会への出場が1月6日、(公財)日本スケート連盟より発表されました。
期日:令和2年 1月31日〜2月2日
場所:アメリカ ミルウォーキー

稲川.JPG
▲インカレで、力走する 稲川くるみ

 この、四大陸スピードスケート選手権大会は、国際スケート連盟(ISU)が、スピードスケート、フイギュアスケート、ショートトラックスピードスケートの3部門に新たに新設した国際競技会である。稲川くるみ、年末に行われた第87回全日本スピードスケート選手権大会の500mの結果、日本代表選手に選出されました。また、2020 世界大学スピードスケート選手権大会(令和2年3月10日〜3月13日オランダアムステルダム)にも出場が決定しています。

稲川くるみ(スポ科2)
『 第87回全日本スピードスケート選手権大会に出場し、500mで自己ベストの記録を出すことができました。その結果で、ISU四大陸スピードスケート選手権大会と世界大学スピードスケート選手権大会に派遣されることが決まりました。今シーズンは腰のけがにより、思い描いたシーズンとは大きく違ってしまいましたが、残り少ない大会を大事に全力で取り組みたいとおみます。応援よろしくお願いいたします。』

写真・情報提供:スケート部本間俊行

【西澤蒼馬】
posted by スポダイ at 17:15| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スケート部】第87回全日本スピードスケート選手権大会


『 富田、2種目で表彰台に上る』

富田表彰.JPG
▲表彰台に上る富田(一番左)

 第87回全日本スピードスケート選手権大会が2019年12月26日(木)〜29日(日)に長野市エムウェーブで行われた。本学からは、厳しい参加条件をクリアした男子2名、女子8名が出場した。(スプリント部門:女子3名、オールラウンド部門:男子2名、女子3名、シニア派遣選手選考部門:女子2名)

結果
▼女子オールラウンド部門
富田裕香(スポ科4) 女子3000m第3位 女子1500m第2位
▼女子シニア派遣選手選考部門
稲川くるみ(スポ科2) シニア派遣選考部門の結果により2020年世界大学スピードスケート選手権大会 日本代表選手に決定
▼オールランド選手権部門
女子1500m
富田裕香(スポ科4)2分03秒94(2位)
女子3000m
富田裕香(スポ科4)4分21秒88(3位)
▼シニア派遣選手選考部門
女子3000m
ウイリアムソンレミ(外英2)4分13秒97(6位)
女子5000m
ウイリアムソンレミ(外英2)7分16秒16(1位)
女子500m1本目
稲川くるみ(スポ科2)38秒38(2位)
女子500m2本目
稲川くるみ(スポ科2)39秒00(1位)

▼選手コメント

富田裕香(スポ科4)
「第87回全日本スピードスケート選手権大会女子オールラウンド部門の1500mで第2位、3000mで第3位に入ることができました。年始にインカレを控えて練習をこなしている中での大会で2種目表彰台に乗れたことは嬉しく思います。いよいよ次はインカレです。個人としてもチームとしても優勝を目指してこれまでやってきました。やれることはやってきたつもりです。自分とチームを信じてインカレに挑みます。最後に監督と先生方とチームの仲間とみんなで笑い合えるように戦ってきます。引き続き応援よろしくお願いします。」

※写真・情報提供 スケート部

【西澤蒼馬】
posted by スポダイ at 16:55| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

【陸上競技部男子長距離】第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)


『 𠮷井、初の箱根走る
区間9位相当の力走! 』

20200103_111001~3.jpg
▲沿道の声援に応える 𠮷井選手

 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が1月3日、神奈川・芦ノ湖から東京・大手町までの5区間109.6`で復路のレースが行われた。本学は東京箱根間往復大学駅伝予選会(箱根予選会)を突破できず、本戦連続出場が8年で途切れたが、チームトップの走りを見せた𠮷井龍太郎(国際関係3)が関東学生連合に選出された。チームエントリーの16人に入り、12月29日の区間エントリーの発表で、8区にエントリーされた。当日変更はなく、自身初の箱根路の出走となった。

 前日の往路では、オープン参加の関東学生連合は5時間34分54秒で、21チーム中19位相当で厳しい結果となった。総合成績の目標は10位相当を掲げているだけに、復路での巻き返しに期待がかかった。
 迎えた復路、8区の後半は残り6キロ地点に待つ「遊行寺」の坂の上りがあるタフなコースとなっている。𠮷井は、20番目でタスキを受け取ると、難所である「遊行寺」の坂を攻略し、区間9位相当のタイムで走り終えた。
 オープン参加のため記録には残らないが、本学はチームとして出場できなかったために、経験を積んだことはチームにとってプラスになる。𠮷井の気迫の走りから、チーム全員得たものは大きいはずだ。この悔しさを糧に成長し、来年の箱根路でライトグリーンのタスキが見れることに期待したい。

▼結果
8区(21.4km)
𠮷井龍太郎(国際関係3)66分36秒(区間9位相当)
▼総合結果
関東学生連合 11時間12分34秒(19位相当=オープン参加校)

▼選手コメント

ーー走り終えての率直な感想は。
 最初はすごく緊張していたのですが、楽しんで走れたかなと思います。
ーーレースプランや目標はありましたか。
 最初はなるべく余裕を持って入って、遊行寺の坂で力が使えるように思っていました。タイムは大東大記録の65分50秒を狙っていたのですが、そこまでいけなかったので悔しさがあります。
ーーレースを振り返っていかがですか。
 区間9位相当ということで、単純に嬉しかったです。来年チームの力として活かしていきたいです。
ーー遊行寺の坂までに体力を温存する戦略は上手くいきましたか。
 自分で思っていたよりは体力を使ってしまったので、坂で足は止まったのですが、そこからもう1回うごかせたので、それなりに上手くいったかなと思います。
ーー初の箱根はいかがですか。
 声援がすごくて、知らない人からも名前を呼んでもらえてとても嬉しかったです。
ーー給水は馬場コーチにもらっていたとお聞きしましたが。
 コーチも選手だった時に5区を走っていたので、そこで上りのアドバイスをしてもらってすごく力になりました。
ーーレースの総括をお願いします。
 目指していたタイムは達成できなかったのですが、区間1桁という目標は達成できたので、及第点はあげられるかなと思います。
ーー関東学生連合は後ろの方でタスキを渡していましたがそこについては。
 順位も順位だったので、上げるというよりも楽しむ。学生連合のためにも上げるのですが、まずは楽しむ。と切り替えていました。
ーー奈良監督が辞められることに対しては。
 今までお世話になったので、しっかり恩返しできるように走りにいきました。アップにいく前も話してそこでもアドバイス貰えて力になったかなと思います。
ーー来年の抱負をお願いします。
 しっかりチームをまとめられる4年生になり、引っ張っていける選手になりたいです。1万メートルは29分1桁、ハーフは63分台を目指してやりたいなと思います。

(写真・記事 西澤蒼馬)

【西澤蒼馬 新井美咲 長橋旺延】
posted by スポダイ at 16:40| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする