2016年11月30日

【水泳部】水泳部インタビュー特集 

インタビュー日:10月21日
インタビューアー:進藤麻斗


水泳部インタビュー特集
〜“主将”から“主将”へ〜
DSC_0014_original (800x602).jpg 
▲左:醍醐さん 右:進藤さん 

 今回は、8月の関東大会で3部優勝を果たし、見事2部昇格を決めた水泳部の新旧主将のインタビュー特集をお送りします。11月号の3面では2部昇格についてのMVPや要因をお伝えしましたが、そこではお伝えしきれなかった旧主将・醍醐黎主将(国際文化4)と新主将・進藤大地主将(外中3)の絆や、新主将の悩みなど、2人のインタビューを軸にお伝えしていきます。


今年の夏の3部優勝について


 醍醐主将が入学し入った部活は水泳部。しかし、そこにあったのは決して強い水泳部ではなかったという。これではだめだ。醍醐主将は4年間を使って強い水泳部にしていくことを誓った。昨年は3部で2位に入るも、大会規定が変わり2部昇格とはならなかった。迎えた変革4年目、そして醍醐主将最後の関東インカレ。本学は800bリレーなどで優勝を飾り、総合得点125点を獲得。2位を51点突き放す圧倒優勝となった。



3D6A7570_original (710x800).jpg 
 ▲大会中の醍醐主将

醍醐元主将:今年は練習長と呼ばれる人が内容を細部まで考えてくれたので、きつかったがみんなで決めた目標があったので、きつくても最後まで頑張っていこうという姿勢でやっていけた。応援がここ4年間で一番すごく、泳いでいても応援が聞こえたのもあったし、そういうので緊張が和らいだ。

進藤新主将:緊張はあった。プレッシャーはかなりあった。部活に行く機会が減って、その分下の後輩たちが力をつけてきたことで、後輩に負けたくないというプレッシャーが今回から強かった。

醍醐:ここ数年は(進藤)大地が一人で点数を稼いでという戦略だったが、今年は各種目で複数人決勝に残った。何より各々がタイムを更新していたし、練習以外のところでも後輩たちがいろんな面で動いてくれて、成長していた。


水泳トリミング済み (800x548).jpg 
 ▲大会中の進藤選手

進藤:ただ、自分の泳ぎができていたらもっと満足のいく結果だった。初日の100b平泳ぎで佐久間(博一(国際関係2))に0.3秒差くらいで負けて、2日目の4種目リレーでオーダーが自分から佐久間になった状況で精神的に参った。自分が泳ぐはずだったメドレーリレーを後輩が泳いでいるのを見てすごく悔しい思いがこみ上げてきた。

最終日の200b平泳ぎが自分の得意とする分野だが、悔しい思いが強すぎて泳げないと思っていた。飛躍的に伸びた佐久間が200bも飛躍的に伸びてきて負けるんじゃないかと思った。初めて自分の大学の人におびえるというか負けそうという気持ちを持ったまま予選・決勝を泳いで、タイムは2位と3秒差くらいあったが(結果は優勝)、それを感じさせないくらい余裕のないレース、周りを見る余裕もないくらい精神的に参っていた。

練習になかなか行けないのもあるが、自分の出来ることをやる。水泳ができないのを言い訳にして、ただただ差が開いていくのは無いようにしたい。

新主将の手ごたえ、そして“主将”から“主将”へ


 新主将には進藤選手が就任した。元は、醍醐選手と進藤選手は埼玉県立伊奈学園総合高校・水泳部で先輩後輩の関係。強い水泳部を志し、醍醐主将が進藤選手を勧誘したという。まさに「師弟関係」と呼んでもおかしくはないこの二人に、今後の水泳部のビジョンを語ってもらった。

進藤:主将としての手ごたえは全くない。代替わりしてから2・3週間たったが、4回くらいしか部活に行けていない。今一番の問題は、圧倒的な優勝をした後で、2部で戦って強い部活にする派の人と、和やかに、楽しいムードで気楽なスポーツとして水泳を続けていきたいという人できっぱり分かれている。今年の夏のような、チームで戦う部活にしていくには時間がかかりそう。みんなが本当に頑張らないと戦えないのが2部という舞台なので、このままいったら3部に落ちるのではとの不安はある。

醍醐:今は見守るしかない。選手主体で進めていくのは結構難しい。それぞれ目標があって、その目標がわりかし高い子もいれば、いろんな目標の人がいる。今はみんなで戦っていかなければいけない時に、方向性が違ってしまっている。

来年2部に残るのが最高の結果だと思うが、結果に左右されず、最終的に2部残留がついて来ればいいだけであって、とりあえず2部でたたかうために一丸となって頑張ろうとなればいい。あくまで目標は2部残留。残留できてもできなくてもみんなで納得できる、それまでの過程が大事だと思う。

4年生は大変で、大地は教職も取っている。ただ、大地が大変な状況になっていってもみんなと気持ちは変わらないだろうし、みんなも広い心で了承してもらって、大地がいないときもみんなでそれぞれの役割を担っていこうと言えばわかってくれると思う。そこまで気負わずに、ラストイヤーなので自分が悔いなく最後まで水泳をやり切れればいいと思う。結果がすべてではなく、どれだけみんながいちずになって頑張れたかが大事だと思う。


進藤:自分も選手として最後まで水泳を続けて、みんなが自己ベストを更新して勢いのある状態で2部に残留し、現役を終えたい。ただ、教職など、将来のことも考えなければならない1年になると思う。ただ、それを言い訳にして部活を見捨てるというか、おろそかにすることは醍醐さんもしてこなかったし、言い訳も聞いてこなかった。それだけはしないですべてを成功させたい。そのために何をすべきか今後考えていきたい。


醍醐:大東文化大学の水泳部には入ったんだから、そこでいかに頑張れるか。問題があってもいかにみんなで取り組むかという意思をしっかり持ってやってほしい。学生主体だから問題が起きるのは仕方なくて、今までは問題が原因でどんどんいろんな人がいろんな方向にという現象を見てきたので。ただそういうことが起きたときにないがしろにするのではなくて、後輩先輩関係なく解決して、逆にいい方向に持っていけるようなチームを作るべきだと思う。


進藤: 醍醐さんが作ってきた部活を受け継ぐというか、崩したくはない。現状維持、なおかつまた新しい何かを取り入れて、もっともっと周りから注目されるような部活にしていけるように頑張っていきたい。醍醐さん以上を目指したい。関東インカレの時、最後醍醐さんが泣いていた。そういう感じで、最後泣きたい。最後熱くなって終わりたい。


醍醐:泣くつもりはなった。最後自然と。3ケタの点数なんて取ったことなかったらしくて、それも嬉しかったですし、後輩たちが自分が立てた目標についてきてくれたんで泣いちゃったんじゃないか。


【進藤 麻斗】




posted by スポダイ at 20:20| 水泳部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

【陸上競技部女子長距離部門】第3回日光いろは坂女子駅伝大会

大会名:第3回日光いろは坂女子駅伝大会
開催日時:11月27日(日) 11:00スタート
会場:日光市内 

新戦力躍動!!2連覇達成

 今回で3回目の開催となった、日光いろは坂女子駅伝大会。本学は1、2年生のみで構成された新戦力チームでレースに挑み、見事2連覇を達成した。

1位:大東文化大学 1:32:41
2位:大阪芸術大学 1:33:06
3位:東京農業大学A 1:33:36
4位:関西外国語大学 1:33:37
5位:中央大学 1:34:47

 圧縮1.png 圧縮2.png 圧縮3.png


 今大会に挑むにあたって外園隆監督は、「今大会の位置づけは、若い選手を見極める大会」と語った。その言葉通り今大会は主力の3,4年生を欠いてのレースとなった。

 日光だいや川公園から始まった今回のレース。1区は松村悠香(1)が走った。走りだしの4.7kmを力走した松村だったが、順位は振るわず8位で2区の山口可純(1)にタスキを繋いだ。昨日の全日本女子駅伝でも快走を見せた山口は、区間新記録の好タイムを叩きだし、順位を4位に上げて3区白石紗彩(1)にタスキを繋いだ。今大会が大学初レースの白石は、落ち着いた走りで4位をキープし4区伊藤望(2)にタスキリレー。区間賞を狙っていたという伊藤は、前を走る関西外国語大学を抜き去り、見事区間1位の好タイムで3位で5区北脇涼子(1)にタスキを繋いだ。傾斜の最もきつくなる5区だったが、北脇はさらに順位を1つ上げ6区齋藤暁(2)にタスキを繋ぐ。6区を任された斎藤は、ケガの影響で今までレースに出れていなかったこともあり、今大会が復帰レースとなった。6区時点で、本学の前には大阪芸術大学がトップを走っていたが、けがの影響を感じさせない堂々とした走りで見事トップに躍り出て、そのままゴール。本学は見事2連覇を達成した。

〈コメント〉
外園隆監督
「今回は、各人の課題が良くも悪くも見えた。斎藤の復活を良い形で盛り上げられたと思う。(富士山に向けて)1,2年生が日々力を付けているので楽しみ」

松村悠香(1) 1区:18:15(8)
「できるだけ良い順位でタスキを渡したかったが、力不足で8番になってしまい悔しいが、後の人が頑張ってくれたので感謝でいっぱいです」

山口可純(1) 2区:18:11(1→区間新)
「初めて走ったメンバーが多い中で優勝できたのは嬉しい。18:11を目標にして、その通りの走りをすることが出来た」

白石紗彩(1) 3区:15:35(6)
「今日は初めて大東のユニフォームを着てレースに出た。前の選手を追うつもりでラストは力を出し切った」

伊藤望(2) 4区:13:30(1)
「優勝できたことはとりあえず嬉しかったが、目標タイムに及ばなかったところが悔しいところ。区間賞は狙っていたのでよかったが、自分のしたいレースが出来なかったので悔しい」

北脇涼子(1) 5区:14:58(3)
「このチームで優勝できたのは嬉しい。富士山駅伝のラストの登りを意識して今回走ったが、思うような走りが出来なかった。力のなさをこの大会で感じたので、今の自分に満足することなく努力したい」

齋藤暁(2) 6区:12:12(2)
「みんなが舞台を準備してくれたので感謝している。復活とまではいかなくても、楽しんでできたと思う。富士山に向けてチームとして目標を持っているので頑張っていきたい」

【押鐘彗 進藤麻斗】


posted by スポダイ at 03:33| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

【アイスホッケー部】関東大学アイスホッケーリーグ戦 対専修大学戦

関東大学アイスホッケーリーグ戦 対専修大学
11月27日(日)12:30〜
ダイドードリンコアイスアリーナ


逆転勝ち!リーグ戦優勝! 
大東文化大学5−2専修大学



      
11月27日、関東大学アイスホッケーリーグ戦 対専修大学戦が行われた。今回はリーグ戦最終戦であり、
勝てば優勝が決まる大事な一戦だ。本学は見事5-2で勝利し、優勝。そして入れ替え戦に進出することが決まった。

〈第1ピリオド〉
序盤から相手にペースを持っていかれ、必死に守る本学。相手の攻撃を死守するあまり、3分29秒に狩谷充洋(1)、6分43秒に川口輝(1)がペナルティーで2分間の退場となる。しかし今回もGK酒井良大(現経2)の体を張った守りでシュートを止める。その後川口が相手ゴールまで迫るもキーパーに弾かれ、得点に結びつかない。本学は動きが硬くパスミスも多くなってしまい、相手のパック保持率が高まる。18分9秒、再開とともに相手がシュートを打ち、先制。追う展開で第1ピリオドを終える。

シュート数:大東文化大学9−16専修大学


〈第2ピリオド〉
1点ビハインドで迎えた第2ピリオド。本学は得点を奪おうと積極的に相手ゴールへ攻めるも、ゴール前で相手キーパーに阻まれ、決めきれない。しかし3分47秒、相手のミスからパックを奪った川口がそのままゴールへ流し込み、同点に追いつくと本学は流れを掴む。5分20秒、松渕雄太(企シス2)がシュートを決め逆転。その後相手の攻撃にうつるもGK酒井がしっかり止める。また、相手の反則が多いこともあり、本学はチャンスを多くつかみ13分40秒に矢島龍(スポ科2)が追加点を挙げる。
シュート数:大東文化大学18-9専修大学


〈第3ピリオド〉
この回も本学の勢いは続く。開始早々、矢島がゴールを決めて4−1に。しかし相手も諦めることなく猛攻を繰り広げる。それを本学の体を張った守りで食い止め、失点を許さない。5分20秒、佐藤海斗(3)が遠方から放ったシュートを一度相手キーパーが止めるも、ゴールに吸い込まれ5点目を奪う。その後得点を重ねて緩みが出たのか、あいてに隙を突かれて失点。5−2となる。終盤、お互いに激しくパックを奪い合うも得点には結びつかず、試合終了。この試合に勝利したことにより本学はDiv 1-Bリーグ優勝が決まった。
シュート数:大東文化大学9-15専修大学
トータル数:大東文化大学42-45専修大学

試合後コメント

酒井優好監督
「やはり第一ピリオドの失点が良くなかった。選手の様子を見ると、優勝がかかっていて硬くなっていた部分もあると思う。1ピリ後、言ったことはいつもと同じで「簡単にディフェンスゾーンからパックを出そう。それでなるべくブルーラインの奥でプレーをしよう。単純にやろう」それだけ。それでたまたま大東が2ピリで先制したので流れが変わった。3ピリも同じ。あとは、2週間後の慶應義塾大戦に向けてきっちり準備をするだけ。」

金子竜太朗主将
「立ち上がり悪くて正直不安だったが、2ピリになって少し点が入り始めたところから調子を持ち直したので、そこからは良い流れに持って行けたと思う。今回もGKに助けられたが、いつも以上に点数をとれたので少しはGKに余裕ができたかなと思う。反省点はいつものようにゴール前の弱さなど。入れ替え戦は去年と同じく慶應義塾大学だが、二の舞にならないように最初からチャレンジャーの精神で電力で勝ちに行きたい」

目黒爽太副主将
「優勝できてよかった。試合前はいつも通り気負わないでやろうという事を話した。1ピリの失点から始まったが2ピリから修正して点を取ることができたのが良かった。自分は4年生だが、1セット目の下級生には点を取ってもらって活躍していたので嬉しかったし、感謝している。入れ替え戦は勝って追われるように頑張りたい。」

酒井良大選手
「1ピリに先制されてしまったが、2ピリになってから味方が点数を取ってくれたのでだいぶ楽になった。最初の失点はちょっとした気の緩みがあったかもしれない。3ピリは結構点差が離れて自分もDFも気の緩みがあってそこをつかれてしまった。そこは入れ替え戦までに修正できるよう頑張りたい。入れ替え戦では最後まで気を抜かず、しっかり勝ってAに昇格できるよう頑張る。」


Div.1-Bリーグ総合順位
1位 大東文化大学
2位 東海大学
3位 専修大学
4位 青山学院大学
5位 神奈川大学
6位 立教大学

Div.1-B 最優秀選手賞
金子竜太朗 DF

ベスト6
松渕雄太 FW  大東文化大学
矢島龍  FW  大東文化大学
茂木慎之介 FW 大東文化大学
馬場風諒 DF  大東文化大学
酒井良大 GK  大東文化大学
長谷川満義 DF 東海大学

最多ポイント賞
松渕雄太 FW  大東文化大学
矢島龍  FW  大東文化大学
茂木慎之介 FW 大東文化大学
(同ポイントのため3人選出)


次回試合予告
12月11日 (日) 17:30〜
場所:ダイドードリンコアイスアリーナ
対 慶應義塾大学
Div.1-A 1-B 入れ替え戦  
皆様の熱い応援、よろしくお願いします!!

【山口未華】
posted by スポダイ at 22:02| アイスホッケー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ラグビー部】関東大学リーグ戦1部 対中央大学

関東大学リーグ戦1部 対中央大学
日時:11月27日(日) 11:30
場所:秩父宮ラグビー場

4年目の初勝利! 中央大にリベンジ果たす

大東文化 
前半後半 前半後半
55トライ21
34ゴール21
3133147
64合計21

 ついに迎えたリーグ最終戦。5勝1敗の本学に立ちはだかるのは3勝3敗で4位の中央大学だ。中央大には青柳勝彦監督就任以降リーグ戦では負け続けており、リベンジに期待のかかる一戦となる。またメンバーにはこれまで負傷離脱していた川向瑛主将(4)、アマト・ファカタヴァ(2)、タラウ・ファカタヴァ(2)の3選手が復帰し、盤石な布陣で試合に臨んだ。
川向.jpgタラウ.jpgアマト.jpg
▲復帰を果たした3選手(左から川向主将、タラウ、アマト)
  先制に成功したのは本学。前半7分、11ホセア・サウマキ(4)がタッチライン際を走り、サポートに走った7河野良太(3)へパスをつなぐ。河野はトライライン直前で相手のタックルに捕まるが、再び立ち上がりトライゾーンに飛び込んだ。さらに14分には6湯川純平(2)もトライを挙げ、12-0と前半開始早々本学がリードを得た。

 しかし大人数の応援団をスタンドに構える中央大も反撃する。17分、25分にどちらもモールを押し切ってトライすると、コンバージョンキックも2回とも成功し、12-14と逆転を許してしまう。このままズルズルとやられてしまうのか、嫌な流れが会場に漂った。

スタンド.jpg
▲トライに沸く本学応援席
 だが28分にこの嫌な流れを打開するトライが生まれる。自陣からサウマキまで大きく展開すると、サウマキは相手を全く寄せ付けずそのまま独走トライ。30分には中央大にシンビンが出て数的有利となると、直後の32分に川向が裏の空いたスペースにキックパス。これをまたもサウマキがキャッチしてトライ。39分にもサウマキがハットトリックとなるトライを挙げ、結果的に31-14と突き放した状態で前半が終了した。

 後半が始まってからも本学の攻勢は続く。3分には9小山大輝(4)の裏へのキックパスに反応した14クルーガーラトゥ(3)が、7分には13戸室達貴(4)がブレイクし、サポートに走った15大道勇喜(4)がトライし、45-14と大幅にリードした。が、ここから中央大のアタックする時間が増える。中央大の突進を押し返せず少しずつ本学のDFラインが下がっていくと、最後は25分にFWの連続アタックでトライを与えてしまった。

大道.jpg
▲この試合2トライを挙げた大道
 それでも本学のリズムは崩れなかった。30分に湯川が中央大のパスをインターセプトしそのまま独走トライ。36分には大道がタックルして相手からボールをもぎ取ると、こちらも自陣から走りきってトライゾーンに飛び込む。最後はロスタイムに小山の裏へのゴロキックを途中出場の23中川和真(3)が押さえ、試合終了。後半にはリザーブメンバーを全員投入するなど、終始安定した戦いぶりを見せ、大勝で中央大学にリベンジを果たした。


《試合後コメント》
青柳勝彦監督
「前回の流通経済大学に続いて、今回の中央大学も川向達が1年の時からずっと負けてたチームなので、試合内容は別として勝つことが出来て良かった。内容に関しては川向やアマト、タラウが久しぶりの試合となったので、これから試合経験をもっと積めればいいなと思う。後はプレーの精度の部分を次に向けて高めていきたい」

川向瑛主将
「今日の試合はノーペナルティでDFをし続けることを意識して臨んだ。アタックには自信を持っていたので、DFでどれだけ前に出れるかというのを一人一人が意識してやった結果が勝利につながったと思う」


リーグ戦最終結果
1位 東海大学
2位 流通経済大学
3位 大東文化大学
4位 中央大学
5位 拓殖大学
6位 関東学院大学
7位 法政大学
8位 日本大学


また表彰式では関東大学リーグ戦1部のベスト15が発表され、本学からは

9番 小山大輝(4)
10番 川向瑛(4)
11番 ホセア・サウマキ(4)
15番 大道勇喜(4)

以上の4名が選出されました!


◆大学選手権の日程◆
3回戦
日時:12月11日(日) 11:30キックオフ
対戦相手:福岡工業大学 対 朝日大学 の勝者
場所:秩父宮ラグビー場

準々決勝
日時:12月17日(土) 14:20キックオフ
対戦相手:帝京大学
場所:秩父宮ラグビー場

 今年から選手権の形式が変わり、負ければ終わりのトーナメント形式となりました。今年は正月前に昨年完敗を喫した帝京大学が立ちはだかっております!絶対に勝って正月を迎えましょう!皆様の応援よろしくお願いします!

【姜亨起 小池裕太】
posted by スポダイ at 06:00| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

【弓道部】第62回東西学生弓道選抜対抗試合/第40回女子東西学生弓道選抜対抗試合

第62回東西学生弓道選抜対抗試合/第40回女子東西学生弓道選抜対抗試合
11月20日(日)〜21日(月)
伊勢神宮弓道場


東西対抗戦出場!!


【男子】 東軍代表・佐々木耀(スポ科2)
20射18中
東軍171中西軍180中

 DSC_0029 (800x787).jpg
 ▲初の東西を経験した佐々木
「最低基準は満たしたが、本当にほしい結果ではなかった」。試合後、曇った表情で佐々木はこう答えた。20射18中。東軍10人の中では2番目の結果だが、当の本人は納得のいかない様子だ。

 最初の8射は皆中(8射8中)で3立目へ。「練習では出なかったミスが出て、まだまだ弱いと思った」と振り返ったように、3立目の2射目を下に外した。4射目も上に外し、3立目を珍しく4射2中で終える。しかし、ここからが佐々木の強さだ。残りの8射をすべて中て、20射18中で東西を終えた。

 「東西も王座も悔しかったので、また来年も出たい」。2年生ながらに2つの大舞台を経験した佐々木は、来年のリベンジを誓う。収穫も多くあった。同じ東軍の日本大学、新岡啄哉選手(4)に声をかけられたという。「来年の東西、王座でも頑張ってくれと言われたのがうれしかった」。新岡選手といえば、全国でも精鋭20人しか選抜されない東西において4年間で3回も選抜された名の知れた存在だ。「新岡選手や王座で優勝した立命館の選手には、独特の風格がある。自分も名前が少し知られてきて、今回だけでなく毎年東西に出ることで、大東の顔になれるようにしたい」。佐々木はインタビュー中、「まだまだ」という言葉をよく使う。大東のエースとなりつつある今、その「まだまだ」の精神で、全国への道を駆け上がってほしい。

【進藤麻斗】

【女子】 東軍代表・岩田聖加(政治3)
20射17中
東軍176中西軍158中


 DSC_0057 (790x800).jpg
 ▲2回目の東西となった岩田
3日目に第40回女子東西学生弓道選抜対抗試合が伊勢神宮弓道場にて行われ、本学からは東軍代表として岩田聖加(政治3)が出場した。東西それぞれ10人が出場し、1人20射で10人の総的中数により東西の勝敗が決まり、優勝したチームの的中数の多い上位3人が優秀賞を受賞する。

 岩田は、試合前に「皆中して優勝に貢献したい」と話したように1立目から安定した射で皆中し、東軍も西軍に6中差をつける順調な立ち上がりをみせる。
 しかし、二立目は最初の射を外してしまい嫌な立ち上がりになるも、ここで崩れないのが岩田の強さ。岩田は、残りの3中を全て中てると三立目も皆中。四立目を終えて16射14中と優秀賞圏内で、最終五立目へ。

 五立目は、「最後の1本を詰められなかったのが悔しかった」と試合後に話したように、残りの一本を外してしまい17中で試合を終えた。これにより、18中までが優秀賞受賞圏内だったが惜しくも1中及ばなかったものの目標としていた『東軍優勝』は見事、176中ー158中で果たした。

◇コメント◇
岩田選手
「最後の一本を詰められなかったのは悔しいが東軍が優勝出来たので嬉しい。最初は不安もあったがそこを乗り越えられたと思う」

坂田好次監督
「今日の射は、リーグ戦中盤から修正してきた型がうまく自分の体で感じられていて、以前よりも崩れかけた時にしっかり修正出来るようになった。落としてしまったのは、バランスの問題なのでそこを詰めて行ければもっと上へあがっていけるとおもう。東西出場は2回目で誰よりも『一本の重み』を知っているわけだから来年からはそれを生かして欲しい。また、東西に来年出場すれば3回となり初めてのこととなるので、来年も出場出来るように頑張って欲しい。来年からは、チームも新しくなり入ってくる1年生を使わざるを得ない。それにより、チーム内で競争が生まれていい方向へと動いて欲しい」

【西川泰義】
posted by スポダイ at 17:53| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする