2016年08月14日

【弓道部】第64回全日本学生弓道選手権大会

第64回全日本学生弓道選手権大会
8月9日〜11日
日本武道館


男子 王者の高い壁に屈す
女子 主将がチームを引っ張る


≪ピックアップゲーム≫
〈男子団体〉
決勝トーナメント2回戦 対立命館大学
            〈同中競射〉  〈同中一本競射〉
関根(2)〇〇×〇     〇〇        ×
佐藤(1)〇〇〇〇     〇〇        ×
佐々木(2)〇〇×〇    〇〇        〇
初野(2)〇〇×〇     〇×        〇
篠塚(3)〇〇〇〇     〇〇        ×
→20射17中       →10射9中     →5射2中

 男子団体は予選を16中で通過。決勝トーナメント1回戦で松山大学と対戦し、12中と本来の的中とはならないものの、相手が11中となり2回戦へ駒を進める。迎えた2回戦。相手は予選を20射20中、1位で通過した、西の雄、立命館大学。2回戦で本学は最初の一手を全て中て、高い集中力を見せる。17中を記録するも相手も17中となり同中競射となる。同中競射では、お互い的中し続け、どちらも10射9中で勝負は一本競射へ。大前の関根が外すと、わずかにリズムの崩れた本学は2−5で敗れ、2回戦で姿を消した。この勝負に勝った立命館大学は順当に立ち上がり、決勝戦で日本大学を破り優勝。本学は「王者」に善戦した形になった。

〈女子団体〉
決勝トーナメント3回戦 対甲南大学
鈴木(4)××〇〇
繻エ(4)〇〇〇〇
岩田(3)××〇〇
→12者8中
甲南大学:10中のため予選敗退。

 女子団体は、予選8中で決勝へ。1回戦の青山学院大学では10中を記録し順当に2回戦へ。2回戦では主将の鈴木が皆中をたたき出し8中。全関東の団体戦と比べ、安定した射で3回戦に駒を進める。3回戦、相手は甲南大学。本学は好調であった鈴木、全関東では個人3位に入った岩田が最初の一手を外し、流れに乗れない。後半の一手はすべて中て8中とするも、相手が一枚上手であり、3回戦で姿を消した。



女子個人:鈴木主将5連中で見せ場作る

鈴木華帆(4)〇〇〇〇〇×

 個人戦は、女子主将、鈴木華帆が見せ場を作った。最初の一手を中て、その後3連中。6本目はからは8寸的に的替えがなされて挑戦。しかし、わずかに外した鈴木。しかし、5連中を見せ、本学個人戦で唯一見せ場を作った。

【進藤麻斗】
続きを読む
posted by スポダイ at 11:39| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

【水泳部】第89回関東学生選手権水泳競技大会

【水泳部】第89回関東学生選手権水泳競技大会
8月6日〜8日
横浜国際プール


3部ぶっちぎりV
悲願の2部昇格!


IMG_0979 (1024x1024).jpgIMG_0978 (600x800).jpgIMG_0981 (1024x768).jpg












≪男子3部結果≫
第1位 大東文化大学 125点
第2位 立正大学   74点
第3位 上智大学   72点
第4位 帝京大学   68点
第5位 東京学芸大学 62点
↓ 以下省略


≪主将コメント≫
醍醐黎(国際文化4)主将
「本当にチームが設定した通りの目標を全員が一丸となり達成する事が出来ました。三日間の関東学生選手権、毎日ドラマがあって最高の結果を叩き出す事が出来ました。何度も言っていますが同期、後輩、マネージャーには感謝しきれません。そしてスポーツ振興センターの酒井さん、内野さん始め本当にお世話になりました。やっと少しは周囲からも見て頂けるチームになれたかなと感じています。ここで慢心する事なく、まず来年は2部残留に向けて頼もしい優秀な後輩に託したいと考えています。」

≪記者から≫
水泳部を強い部活にしたい。その一心で学生生活を水泳にささげた醍醐主将。以前、キャプテンスピリッツ(バスに掲載)の取材の際に「3部をぶっちぎりで優勝して、2部に昇格したい」。そう熱く語っていただきました。見事、今回の大会で目標を実現させた水泳部。今後もその活躍に注目が集まります。水泳部のみなさん、改めてお疲れ様でした。また、情報を提供いただきました醍醐主将に厚く御礼申し上げます。

(情報提供:醍醐黎主将)

【進藤麻斗】



posted by スポダイ at 17:45| 水泳部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

【スポーツ大東編集部】7月号完成のお知らせ





スポーツ大東」7月号が無事発行となりました!

IMG_0909 (600x800).jpg
 ▲1面は男子サッカー部
IMG_0910 (600x800).jpg
 ▲6面はマネージャー特集

 7月11日(月)、「スポーツ大東」7月号(247号)が完成しました!
そこでこのブログでは、7月号の見どころ、記者のコメントなどを発信します。
これを読んで是非私たちの作った「スポーツ大東」をご覧ください!

《見どころ》
 1面はアミノバイタルカップで強豪、法政大学を破った男子サッカー部が飾りました。法政大学と言えば関東1部に所属する、いわば格上の相手。その法政大学に対してPK戦まで持ち込み勝利を収めた本学男子サッカー部の雄姿が書かれています。迫力のある写真と手に汗握る試合展開を是非1面でお楽しみください。

 6面は普段、結果を残した部活動などを掲載していましたが、今回はいつも5面で掲載している特集面を持ってきました。目玉は何といってもマネージャーへの1日密着。「マネージャーって普段こういうことをしているんだ!」と思っていただき、見た人全員がマネージャーにあこがれを持っていただけるような紙面となりました。また、体育連合会に所属する部活動にアンケートを取って、マネージャーに関する統計をまとめました。意外な事実も発覚!?こちらも必見です。

 その他、2面では陸上競技部、5月に行われた関東インカレの結果を網羅。特に女子200bで優勝を果たした細谷選手の飛び切りの笑顔は必見です。3面から5面は各部活動の結果を掲載。3面では弓道部女子個人3位に入った岩田選手を中心に、4面は1部昇格を果たした柔道部、5面では春季リーグ全勝優勝を果たしたラグビー部を大きく取り上げました。5面の「スポダイ+」では、惜しくも記事にできなかった部活動の結果をまとめました。こちらも是非ご覧ください。

 3年生6人、2年生3人、1年生3人の計12人で作り上げた「スポーツ大東247号」。より多くの人たちに見ていただけることが私たちの最大のやりがいです。いつもご覧いただいている方、まだ見たことがなかった方も一度手にとってご覧ください。そこで少しでも大東文化のスポーツを知っていただけたら幸いです。長くなりましたが「スポーツ大東」をご愛読のほどよろしくお願いいたします。

《各面責任者のコメント》
1面担当 押鐘彗
「今回の1面は男子サッカー部です!アミノ杯での関東1部の強豪法政大学との1戦にピックアップしました!PK戦までもつれ込んだ大接戦の模様を新聞を読みながらでも伝わるように心がけました!是非ご覧ください!」

2面担当 小池裕太
「私が担当した2面は、陸上競技部メインの関東インカレ面です。様々な選手の活躍を載せました。特におすすめは女子1部200mで優勝、4×100mRで準優勝という輝かしい結果を残した細谷優美選手の記事です。レース展開もしっかりと載せているので、ぜひご覧ください

3面担当 児玉涼香
「あまりこれと言って工夫が出来ませんでしたが、各記事の担当者の方が写真の位置や表の位置を工夫していただけたのが良かったと思っています」

5面担当 山口未華
「掲載する記事が少ない分、ファーストのインパクトを出せるようにしてみました。また各記事には、なるべく中見出しを入れるようにしました。反省点は、写真がもう少し大きくても良かったと思います。見所は、記事として載せることができなかった他部活の結果もスポダイ+で取り上げているので、細かいところまで是非読んでみてください!」
6面担当 榎本未希
「6面は何よりも多くの団体の方が協力してくださったから出来たものだと思います。6面+特集+カラーは割付や色の組み合わせ、全てが難しく正直辛かったですが、選手だけでなく一緒に戦っているマネージャーさんのことも少しでも知ってほしいという気持ちで頑張りました!」

4面担当者の声は随時更新いたします。

《7月号を手に入れるには》
定期購読者の方には、現在発送準備中です。到着まで今しばらくお待ちください。
校内では、東松山、板橋両校舎で新聞配布、設置を行いました。校舎内数か所に本日7月号を配置したほか、明日から15日(金)まで新聞配布を行います。東松山は5号館入口。板橋はバスを降りてすぐの場所です。是非7月号を手に入れてください。

【進藤 麻斗】


続きを読む
posted by スポダイ at 21:27| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

【男子サッカー部】アミノバイタルカップ2016 第5回関東大学サッカートーナメント大会

 大東魂見せた! 強豪相手に粘り勝ち! 

アミノバイタルカップ2016 第5回関東大学サッカートーナメント大会 1回戦 対法政大学

日時:6月25日(土) 12:30キックオフ
場所:時之栖スポーツセンター 裾野Dグラウンド

大東文化 1−1 法政  前半1−0 後半0−1 延長戦(10分ハーフ前後半)0−0
    (PK:6−5 本学:1木下 2田島 3高澤 4東條 5井黒 6佐藤)

 東京都トーナメント、アミノ杯プレーオフを勝ち抜き、アミノ杯本戦出場を決めた本学。強豪揃いのトーナメント1回戦、本学は関東リーグ1部所属、昨年度同大会ベスト4の強豪法政大学と対戦し見事勝利。優勝候補の一角を破る快挙を成し遂げた。


  圧縮 塙さん.pngPK 圧縮.png祝福 圧縮.png 
  ↑先制点を決めた塙。   ↑白熱したPK戦。            ↑勝利に歓喜するチーム一同。 


 試合は前半、本学は積極的なボール運びで得点のチャンスを伺うも、相手の的確なパス回しから繰り出される攻撃に苦しむ。しかし、ここは守備陣を中心に集中した守備を見せ相手に得点を許さない。試合が動いたのは前半34分、右から入った絶好球に塙怜大(外英3)が合わせてゴール。本学サイドからは大歓声が巻き起こった。そして前半はそのまま得点が動かずに後半へ進んだ。
 エンド替わって後半、なんとか追いつこうと猛攻を仕掛ける相手に対して本学も、GK佐藤友哉(スポ科4)らを中心に1点差をキープした。しかし後半28分、本学のセットプレー直後に相手のカウンターをくらい失点。1−1と同点にされる。次の得点を取った方が勝つ、そんな緊迫した空気が流れるなか、お互い譲らず後半終了。試合は延長戦へと託される。

 迎えた延長戦は10分ハーフの前後半で行われた。延長前半4分には、相手の立て続けのセットプレーに苦しませられるもなんとか守り切った。延長終了間際には、本学もフリーキックからチャンスを伺うも得点にはならず、両チーム無得点で延長戦は終了。試合はついにPK戦へと突入した。

 迎えたPK戦。緊張感漂うなかお互いにシュートを放った。5人目まではお互いに決め続ける展開が続きさらに緊張感は高まった。均衡が崩れたのは6人目、相手のシュートがゴールのやや上に外れてここで初めてミスがでる。決めれば勝利の場面、本学からは佐藤耀(スポ科3)がシュート。的確に枠を捉え見事ゴールし本学が勝利。緊張の糸が途切れたように大歓声が上がりチーム全員が勝利を喜び合った。今回の結果から、本学は2回戦へと進出し、月曜日に全国出場をかけて関東学院大学と対戦する。

(コメント)
加藤嗣夫監督:「とにかく勝ちたいという気持ちでできた。良い時間に得点を取ることができた。(明後日の試合は)欲を出さずに大事にがんばりたい。」

宮城修部長:「関東1部相手によくやれた。入りから良い形でできた。次も集中力を切らさずにいきたい。

塙怜大(外英3):「強豪相手だったが、負ける気はしなかった。(自身の得点は)良いボールがきたので何も考えずに合わせた。」

佐藤友哉(スポ科4):「相手が格上だったのでチャレンジャー精神で体を張った。PKまで持っていけば勝てる自信があった。次勝てば全国なので今日のような試合ができるようにしたい。」

【押鐘 彗】

NXET GAME
6月27日(月) アミノ杯2回戦:対関東学院大学 時之栖スポーツセンター裾野E1グラウンドにて11:30キックオフ。








posted by スポダイ at 03:10| サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

【男子サッカー部】第49回東京都大学サッカーリーグ戦【1部】第8節 対帝京大学戦

連敗脱出ならず・・・
場所:成蹊大学グラウンド
日時:6月19日(日) 13:10キックオフ

大東文化 0−1 帝京 前半:0−0 後半:0−1

 春季も残り2戦となった東京都大学サッカーリーグ戦。本学は連敗脱出をかけて帝京大学と対戦し、1点差を争う接戦をものにできず、0−1で敗れた。
縮小.jpg 
 試合は前半、本学は開始早々セットプレーのチャンスを得るも、得点には繋がらなかった。さらに相手からボールが奪えない時間が続き、相手ペースのまま前半を終えた。
 エンド替わって後半、14分に相手の低めに放ったシュートを防ぐも、相手に詰められてしまい失点。前半から続いたこう着状態は、相手の先制点という形で破られた。その後も、相手のカウンター等に押される展開が続き1点差を詰められず、そのまま試合終了。連敗脱出を果たすことは叶わなかった。

第8節終了時点:2勝6敗→第9位

〈コメント〉
加藤嗣夫監督:「決定的なチャンスが少なかった。苦しい状態だが、苦しみ抜こうと思う。次のアミノ杯の相手(法政大学:関東1部)はとても強い相手なので逆に割り切って全力でいきたい。」

宮城修部長:「連敗中だったので勝ち点3をと臨んだ。苦しいなかでどれだけできるかが大切。アミノ杯に向けては、格上の相手なので思い切っていきたい。」

【押鐘 彗】

NEXT GAME
アミノ杯:6月25日(土)12:30キックオフ 1回戦 対法政大学戦 場所:時之栖スポーツセンター裾野グラウンド

東京都リーグ:7月3日(日)11:00キックオフ 春季最終節 対亜細亜大学戦 場所:亜細亜大学


  





続きを読む
posted by スポダイ at 18:12| サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする